一眼レフカメラ/ミラーレスカメラEOS 5D Mark III高画質

地球の光をすべて受けとめるために。EOS 5D Mark III

35mmフルサイズ約2230万画素CMOSセンサー。

高解像感と高ISO感度を両立させた、新開発35mmフルサイズCMOSセンサー。

写真:35mmフルサイズ約2230万画素CMOSセンサー

解像感というひとつの条件を追求するだけではなく、1画素1画素にどれだけ多くの情報を取り込むか。真の高画質をどう実現するか。その課題に応えるため、EOS 5D Mark IIIは、新開発した35mmフルサイズ約2230万画素CMOSセンサーを搭載(画面サイズは、約36.0×24.0mm)。低ノイズ読み出し回路の採用により、高ISO感度においても低ノイズ化を達成。優れた解像感、滑らかな階調を実現しています。また、8チャンネルでの高速信号読み出しにより、約2230万画素もの膨大なデータを高速処理。35mmフルサイズでありながら、最高約6コマ/秒の高速連続撮影を可能にしています。

高画素化と高感度を求め、ギャップレスマイクロレンズを採用。

眼の前に広がる情景を、より鮮鋭に高画質に描写するために。新開発CMOSセンサーは、新フォトダイオード構造と、画素部のノイズを低減させる改良型の画素内トランジスタを採用。S/N比を向上し、高ISO感度を実現しました。また、35mmフルサイズでは困難だったマイクロレンズのギャップレス化も達成。全画素で集光効率を高めることで、常用ISO感度100〜25600の広ISO感度を実現しています。その結果、低感度側でも、高感度側でも、広いダイナミックレンジを活かした階調豊かな画像を生み出しています。

図:ギャップレスマイクロレンズ概念図

高画質で描写できる、35mmフルサイズ。

35mmフルサイズ APS-C 画角の違い

風景、ポートレート、ネイチャーと撮影領域を拡大しているEOS 5D Mark III。その大きな特長は、35mmフィルムと同等の画面サイズのCMOSセンサー。フィルムカメラと同じ感覚で使えるのでレンズワークに違和感がありません。APS-Cサイズの約2.5倍の面積となるそのフォーマットの違いは、同じ焦点距離、同じ位置から撮影すると一目瞭然。広角レンズが持つ、ダイナミックなパースペクティブを強調した迫力ある描写や、フルサイズならではの大きなボケ味を活かした作品づくりも行えます。

高ISO感度

常用ISO感度は100〜25600。広い感度設定と低ノイズを実現。

写真:ISO感度設定画面

光量の少ないシーンでも、撮影者のイメージ通りに撮影するために。EOS 5D Mark IIIは、低ノイズのCMOSセンサーと高度なノイズ処理を行う映像エンジンDIGIC 5+の連携により、常用ISO感度100〜25600の広ISO感度を実現しました。たとえば、薄暗い室内や、夕暮れの野生動物の撮影、ストロボが使用できない場所など、多彩なシーンに対応します。さらに感度拡張の場合は、L:ISO50、H1:ISO51200、H2:ISO102400が設定可能。シャッター速度や絞りをより自由に設定し、撮影することができます。

多彩な機能を充実させる高速処理能力。新開発・映像エンジンDIGIC 5+(プラス)。

写真:DIGIC 5+

DIGIC 4の約17倍の処理能力を備え、CMOSセンサーが捉えた約2230万画素もの大容量データを高速処理。最高約6コマ/秒の高速連続撮影を可能にする新開発の映像エンジンDIGIC 5+を搭載しました。高度なノイズ処理アルゴリズムの採用により、常用ISO感度の拡大にも大きく貢献。多重露出撮影機能やハイダイナミックレンジモード、レンズ色収差補正、さらには動画の新圧縮形式まで、多彩な新機能の搭載を実現しています。

階調をより美しく描き出す、14bit信号処理。

センサーから出力されたアナログ信号をデジタル変換する際に、14bit信号処理(16384階調)を採用。RAW画像はDigital Photo Professionalで現像後、TIFF16bitで保存することで、14bit処理ならではの階調性を得ることが可能。JPEG画像(各色8bit)は、14bitの信号から生成されるため、階調性に優れた画像を得られます。

高感度撮影や長秒時露光撮影に、2つのノイズ低減機能。

DIGIC 5+の搭載により、ノイズ低減機能がさらに進化。長秒時露光撮影時と高感度撮影時の2種のノイズ低減機能を設定しました。長秒時露光撮影時は「自動」「する(常時)」から選択可能。高感度撮影時は「標準」「弱め」「強め」「しない」の4段階から選ぶことができ、「強め」に設定時の連続撮影可能枚数の減少を抑えています。

白トビを抑え、滑らかな階調表現を。高輝度側・階調優先機能。

写真:高輝度側 階調優先:する 階調優先:しない

雪や白い服など白トビしやすい被写体の撮影に効果を発揮する高輝度側・階調優先機能。グレーからハイライトまで豊かな階調で描写。設定時はファインダーと表示パネルに、設定の有無を確認できる「D+」マークが表示されます。

  • 高輝度側・階調優先機能を「する」にすると、オートライティングオプティマイザは自動的に「しない」に設定されます。また、ISO感度の設定範囲は200〜25600となります。

3種のRAWと8種のJPEG。記録画質は用途に合わせて選べる全35種。

全35種もの記録画質を設定。高速連続撮影時の連続撮影可能枚数は、記録画質ラージ/ファイン約65枚(UDMA CF:カードフルまで撮影可能)、RAW:約13枚(UDMA CF:約18枚)です。

[主な記録画質]

記録画質 記録画素数
(画素)
ファイルサイズ
(約・MB)
撮影可能枚数
(約・枚)
5760×3840(約2210万) 7.01010
5760×3840(約2210万) 3.7 1930
3840×2560(約980万) 3.8 1860
3840×2560(約980万) 2.0 3430
2880×1920(約550万) 2.5 2810
2880×1920(約550万) 1.3 5240
1920×1280(約250万) 1.4 5030
720×480(約35万) 0.3 19520
5760×3840(約2210万) 27.1 260
- 27.1+7.0 210
3960×2640(約1050万) 19.1 370
- 19.1+7.0 270
2880×1920(約550万) 15.1 480
- 15.1+7.0 320

デジタルレンズオプティマイザ

撮影した画像をより鮮鋭にする光学特性補正機能、デジタルレンズオプティマイザ。

図:デジタルレンズオプティマイザーの原理

レンズ内でおきる収差や、光がカメラ内のフィルターなどを通過する際に発生する光学的影響や回折現象、それらは画像のにじみなどの要因となっていました。Digital Photo Professionalの新機能、デジタルレンズオプティマイザは、この光学的影響に対し、光の伝達係数を関数化・フィルター化。受光画像に適用することで光学的な影響を補正。それにより、画像中心部だけではなく、特に画像周辺部での解像感や描写力が向上。作品を隅々まで高画質に仕上げます。CMOSセンサー/EFレンズ/ソフトウエアと一貫して自社設計、製造するメリットを活かし、高精度な補正と優れた効果を可能としています。

写真:画像周辺部の描写力向上例 デジタルレンズオプティマイザ、撮影条件で現像
最新のデジタルレンズオプティマイザ対応レンズはこちら
このページのトップへ