一眼レフカメラ/ミラーレスカメラEOS 5Ds高精細・高画質

5060万画素の「5D s」。EOS 5Ds

35mmフルサイズ約5060万画素CMOSセンサー。

キヤノン半導体テクノロジーが可能にした、約5060万画素の解像力。

写真:35mmフルサイズ約5060万画素CMOSセンサー

デジタル一眼レフカメラに望みうる最高峰の解像性能を目指すEOS 5Ds。そのため、新開発の35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載しました。自社開発・自社生産によって蓄積した半導体技術を駆使。高画素化と高S/N比、広ダイナミックレンジをバランスさせ、有効約5060万画素の高解像力、ISO 100~6400(拡張時L:50、H:12800相当)の感度域、豊かな階調を実現しています。さらに、偽色・モアレを軽減するローパスフィルターにも解像性能を重視したチューニングを施し、あらゆる被写体への対応力と鮮鋭な画像を両立させました。

  • ISO感度はすべて推奨露光指数です。

[高ISO感度・低ノイズ、広ダイナミックレンジを実現させる技術]

●新微細化プロセス

光電変換効率アップを図るため、CMOS半導体工程に最新の微細化プロセスを導入。フォトダイオードの開口率を高めた結果、多画素化による画素サイズ縮小にもかかわらず低ノイズ、広ダイナミックレンジを実現。

●高効率フォトダイオード構造

光電変換効率に優れるフォトダイオード構造の採用により感度が向上。同時に画素内トランジスタも改良することで高S/N比を達成。

●ギャップレスマイクロレンズ

集光効率に優れるギャップレスマイクロレンズを採用。さらにマイクロレンズからフォトダイオードまでの距離を短く設計することでも集光効率を向上させ、高ISO感度・低ノイズを実現。

●高画質・CMOS回路

広ダイナミックレンジと高S/N比を両立する低ノイズ読み出し回路の採用により、高ISO感度においても低ノイズを実現。

●高速読み出し

有効約5060万画素の画像信号を16チャンネルで読み出すことにより、連続撮影速度の向上と良好なレスポンスを獲得。

EOS 5Ds・ 5Ds R SAMPLE IMAGES サンプル画像ページはこちら

画作り・画像処理システム

約5060万画素と高レスポンスを両立する、デュアルDIGIC 6。

写真:映像エンジン デュアル DIGIC 6

EOS 5Dsは2基の映像エンジンを搭載しています。採用したのは、繊細かつ徹底したノイズ除去、高度な画像処理とカメラ制御を可能にしたDIGIC 6です。有効約5060万画素CMOSセンサーから16チャンネルで読み出した信号を、4チャンネルでA/D変換。14bit の広階調デジタル信号をデュアルDIGIC 6で高速並列処理することにより、超高画素機でありながら一眼レフカメラに求められる機動的な撮影を可能としています。

図:デュアル DIGIC 6による画像処理概念図

高速画像処理とシーン解析がもたらす、総合的な高画質化。

図:新EOS シーン解析システム

デュアルDIGIC 6の高速処理能力を背景に、有効約5060万画素の14bit の広階調デジタル信号に対して初期設定で「高感度撮影時のノイズ低減」「オートライティングオプティマイザ」「レンズ周辺光量補正」「レンズ色収差補正」を施し、高画質を実現しました。また、15万画素RGB+IR測光センサーの採用とシーン解析能力の向上により、「AE」「オートホワイトバランス」「オートライティングオプティマイザ」「ピクチャースタイルオート」などの制御精度がアップ。より多様な被写体に対し、より表現意図に近い画作りを可能としています。

画作り・画像処理機能

ディテールの表現力を高める新シャープネス項目、「細かさ」「しきい値」。

写真:シャープネス設定画面

EOSとして初めて、ピクチャースタイルのシャープネス項目に「細かさ」と「しきい値」を用意。これまで調整できなかった細部に対しても、解像感や質感をどのように描写するか、柔軟な設定を可能にしました。

[シャープネス:細かさ]

設定値を小さくするほど、より細かな輪郭線にまで強調処理が施されます。

[シャープネス:しきい値]

設定値を小さくするほど、よりコントラスト差の少ない輪郭線にまで強調処理が施されます。

細部の描写力に優れる新ピクチャースタイル、ディテール重視。

写真:ピクチャースタイル設定画面

ピクチャースタイルに「ディテール重視」を新搭載しました。シャープネスの「細かさ」「しきい値」は[1]。繊細な質感を描写するため、階調性を重視し「コントラスト」は低めに設定(「スタンダード」比)。後処理なしで作品を完成できるよう、彩度は「スタンダード」同等です。解像性能を活かした、繊細な描写が得られます。

写真:ピクチャースタイル ディテール重視 作例レンズ:EF70-200mm F2.8L IS II USM, 絞り:F8, シャッター速度:1/125秒, ISO感度:100, ピクチャースタイル:ディテール重視

[その他のピクチャースタイル]

スタンダード、ポートレート、風景、ニュートラル、忠実設定、モノクロを搭載。ディテール重視と合わせ、多様な被写体と表現意図、好みに対応します。

雰囲気か忠実な色再現か。意図に応えるオートホワイトバランス。

写真:ホワイトバランス設定画面

白熱電球などの光源下で撮影する際、オートホワイトバランスの特性を選択可能としました。「オート(雰囲気優先)」※1に設定すると、光源の赤みを残した、暖かみのある表現に。新設の「オート(ホワイト優先)」に設定すると赤みを抑え、白は白く描写※2。ホワイトバランスモードを切り換えなくても、忠実な色再現性が得られます。

  • ※1従来のEOSのオートホワイトバランスと同特性です。
  • ※2光源の種類によっては意図した効果が得られない場合があります。
写真:オート(雰囲気優先)/オート(ホワイト優先) 作例

暗いシーンでもクリアな画像が得られる、ノイズ低減処理機能。

長秒時露光撮影時は、1秒以上の露光時に[自動][する(常時)]で設定。高感度撮影時は[しない][弱め][標準][強め]に加え、新たに[マルチショットノイズ低減機能]も選択可能としました。

[マルチショットノイズ低減機能]

一度シャッターボタンを押すと4枚の画像を連続撮影。それぞれの画像を比較してノイズを検出・除去しつつ合成し、1枚のJPEG画像を生成します。従来の手法と異なり、強力なノイズ低減効果が得られる一方、輪郭はくずれず、精細感が損なわれません。また、合成にあたっては、カメラが自動的に位置合わせを行います。

  • 三脚の使用をお勧めします。

レンズ光学補正

以下のレンズ装着時、撮影時に周辺光量と色収差を補正できます。さらにカメラ内RAW現像時は、歪曲収差補正も可能。補正データは、付属ソフトウェアEOS Utilityを使用して40本分を登録できます。

【周辺光量補正/色収差補正・初期登録レンズ】
EF14mm F2.8L II USM EF200mm F2L IS USM EF24-105mm F4L IS USM
EF24mm F1.4L II USM EF300mm F2.8L II IS USM EF28-300mm F3.5-5.6L IS USM
EF24mm F2.8 IS USM EF400mm F2.8L II IS USM EF70-200mm F2.8L II USM
EF28mm F2.8 IS USM EF500mm F4L II IS USM EF70-200mm F4L USM
EF35mm F1.4L USM EF600mm F4L II IS USM EF70-200mm F4L IS USM
EF35mm F2 IS USM EF800mm F5.6L IS USM EF70-300mm F4-5.6L IS USM
EF50mm F1.2L USM EF16-35mm F2.8L II USM EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
EF85mm F1.2L II USM EF17-40mm F4L USM EF200-400mm F4L IS USM Ext 1.4x
EF100mm F2.8L マクロ IS USM EF24-70mm F2.8L II USM
EF180mm F3.5L マクロ USM EF24-70mm F4L IS USM

「理想の光」を復元する光学特性補正機能、デジタルレンズオプティマイザ。

レンズ内で発生する各種収差や小絞り時の回折現象、カメラ内のフィルターがもたらす光学的影響。それらをレンズやフィルターの光学特性データに基づいて精密に補正し、理想的な画像=入射前に近い光の状態を再現します。画像中心部のみならず、周辺部における色のにじみや像の流れまで補正し、細部の解像感や描写力がさらに向上。CMOSセンサー/EFレンズ/ソフトウェアを一貫して設計・製造するキヤノンならではの機能です。

図:デジタルレンズオプティマイザの原理

画像記録

M2記録を加えJPEGが6サイズに。RAWも3サイズから選べる記録画質。

JPEGの記録画質にM2(記録画素数:約2210万画素、画像サイズ:約7.1MB)を用意。L、M1、S1、S2、S3と併せ選択の幅が拡大し、撮影の目的や画像の用途に適した画質を設定できます。また、RAWはM-RAW、S-RAWを含め3つの記録画質を用意。RAWとJPEGの同時記録も可能です。

[主な記録画質]

記録画質 記録画素数(画素)/フルサイズ時 ファイルサイズ(約・MB)/フルサイズ時
L ラージ ファイン/L ラージ ノーマル 約5030万(8688×5792) L ラージ ファイン 14.1 L ラージ ノーマル 7.0
M ミドル1 ファイン/M ミドル1 ノーマル 約3930万(7680×5120) M ミドル1 ファイン 10.9 M ミドル1 ノーマル 5.5
M ミドル2 ファイン/M ミドル2 ノーマル 約2210万(5760×3840) M ミドル2 ファイン 7.1 M ミドル2 ノーマル 3.5
S1 スモール1 ファイン/S1 スモール1 ノーマル 約1240万(4320×2880) S1 スモール1 ファイン 4.5 S1 スモール1 ノーマル 2.3
S2 スモール2(ファイン) 約250万(1920×1280) 1.2
S3 スモール3(ファイン) 約35万(720×480) 0.3
RAW ロウ 約5030万(8688×5792) 60.5
M RAW 約2800万(6480×4320) 44.0
S RAW 約1240万(4320×2880) 29.8

解像性能を活かした高画質な擬似望遠撮影、クロップ撮影。

約1.3倍、1.6倍のクロップ撮影機能を搭載。1.3倍で約3050万画素、1.6倍でも約1960万画素の精細な描写が得られます(いずれもJPEGラージ/ファイン)。レンズ交換やエクステンダー装着ができないシーンで有効。また、トリミングを前提とせず、意図した構図での撮影にこだわる写真家の本能に応えます。

写真:フルサイズ/1.3倍クロップ/1.6倍クロップ 作例
このページのトップへ