一眼レフカメラ/ミラーレスカメラEOS 6D作画機能/オート機能

軽やかにフルサイズ。EOS 6D

多重露出撮影機能

画像を重ね合わせる、独特の作品づくり。多重露出撮影機能。

写真:多重露出 設定画面
多重露出メニュー 設定画面

表現意欲を駆り立てる、多重露出機能を搭載。重ね合わせる枚数は、2〜9枚から選択できます。1枚撮影するごとに重ね合わせた画像が液晶モニターに表示され、再生操作でも画像の重なり具合を確認することが可能。また画像表示中に多重露出直後の画像をクリアして、撮影をやり直すことも。ライブビュー撮影時は、重なり具合を確かめながら撮影できます。保存される画像は、多重露出の完成画像のみで、撮影時の記録画質で行われます。

加算

写真:加算 作例
多重露出制御:加算
枚数:2枚

フィルムカメラと同様、設定した露出値がそのまま加算。意図に合わせて、1枚ごとに露出値を変えることができます。

  • 「絞り優先AE/シャッター優先AE/プログラムAE」での撮影時は、標準露出の画像が重なり、露出オーバーになる可能性があるため、多重露出枚数に応じてあらかじめ露出をマイナス補正する必要があります。

加算平均

写真:加算平均 作例
多重露出制御:加算平均
枚数:2枚

多重露出の回数に応じて、カメラが自動でマイナス補正。最終的に標準露出になるよう自動調整します。露出を変えて撮影しても、各画像の明るさは重ね合わせる際に平均化されます。

HDR(ハイダイナミックレンジ)モード

露出の異なる3枚の画像を撮影して、白トビ・黒つぶれが緩和できるHDRモード。

写真:HDRモード設定画面
HDRモード 設定画面

明暗差の激しい状況や逆光シーンなど、白トビや黒つぶれが心配な場面で威力を発揮する、HDR(ハイダイナミックレンジ)モードを搭載。露出アンダー/標準/オーバーの3画像を撮影・合成し、白トビや黒つぶれを抑えた、ダイナミックレンジの広い画像を生成することができます。また、ダイナミックレンジの調整は[自動]か、手動(±1/2/3)の選択が可能。[自動]の場合は、撮影画像全体の明暗差に合わせて、自動露出調整が行われます。また画像の保存は、JPEGの完成画像のみ。記録画質がRAW/S–RAW/M–RAW、RAW+JPEGの場合は、JPEGのラージ/ファインで保存されます。

撮影モード

スペシャルシーン(SCN)モードなど、多彩な"オート撮影"モードを搭載。

写真:多彩な撮影モード

シャッター速度優先、絞り優先などの応用撮影はもちろん、写真の腕を磨く過程において、サポート機能は欠かせません。EOS 6Dは、フルサイズモデルでありながら、さまざまな"オート撮影"モードを搭載しています。シャッターを押すだけで、カメラ任せで美しい写真に仕上げてくれるシーンインテリジェントオート。ボケ味や明るさを簡単な設定で調整できるクリエイティブオート。そして、ポートレート、風景、クローズアップ、スポーツ、手持ち夜景、HDR逆光補正などシーンに合わせてカメラが自動設定してくれるスペシャルシーン(SCN)モードを搭載しています。

アイコン:スペシャルシーンスペシャルシーン

ポートレート/風景/クローズアップ/スポーツ/夜景ポートレート/手持ち夜景/HDR逆光補正の7種のモードを搭載しています。

アイコン:HDR逆光補正景手持ち夜景

写真:手持ち夜景 作例

三脚を使わずに、手持ちでブレずに夜景が撮れるモード。一度シャッターを押せば、手ブレしにくいシャッター速度で4枚を自動で連続撮影して合成します。

  • 記録画質はJPEGです。RAW/JPEG(ラージ/ファイン)またはRAWが設定されている場合は、JPEG(ラージ/ファイン)で記録されます。

アイコン:HDR逆光補正HDR逆光補正

逆光シーンなど、明暗差の大きなシーンでも、写真全体が好ましい明るさの写真が撮れるモード。一度シャッターを押せば、露出アンダー、標準、露出オーバーの3枚を自動で連続撮影して合成。白トビ・黒つぶれの少ない写真に仕上げます。

アイコン:シーンインテリジェントオートシーンインテリジェントオート

"全自動"が進化した、シーンインテリジェントオート。EOSシーン解析システムを駆使し、キレイな写真に仕上げるモードです。「露出」「ピント」をはじめ「ピクチャースタイルオート」「オートホワイトバランス」「オートライティングオプティマイザ」をより適切に制御し、シーンに合わせた画づくりを実行します。

EOSシーン解析システムとは
人の顔や被写体の色、明るさ、動き、コントラスト、距離などの情報をもとに、カメラが自動的に撮影シーンの状態を解析するEOS独自のシステム。「オートライティングオプティマイザ」、「オートホワイトバランス」、「ピクチャースタイルオート」などの高精度化に貢献しています。
図:EOSシーン解析システムの概念図

EOSシーン解析システムで解析される主な撮影シーンとその効果

シーン 効果
人物 顔の明るさや色あいを適切に仕上げる
動く被写体 動いている被写体にピントを合わせる(ファインダー撮影時)
自然や屋外 青空や緑を鮮やかに仕上げる
夕景 色鮮やかで雰囲気のある夕景に仕上げる
明るい/暗い 明るさに応じて露出を適切に制御する
高彩度 高彩度部の色飽和を軽減する
低コントラスト メリハリのある画像に仕上げる
ハイライト 白トビしやすいハイライト部があるシーンでは、白トビを制御する
逆光 逆光で影になった被写体を明るく仕上げる
図:シーン判別一覧表(ライブビュー撮影時)

アイコン:クリエイティブオートクリエイティブオート

写真:クリエイティブオート 作例

直感操作で簡単に、被写界深度や露出を調整できるモード。ドライブモードの設定やストロボ発光の有無の設定もできます。

応用撮影ゾーン

撮影者の意図に合わせた作品づくりができる応用撮影ゾーン。絞りとシャッター速度をカメラが設定してくれる「プログラムAE」、絞りを任意に設定できる「絞り優先AE」、シャッター速度を任意に設定できる「シャッター速度優先AE」、すべての設定を自分で行う「マニュアル露出」、シャッターボタンを押している間露光できる「バルブ」を搭載しています。

表現セレクト機能

イメージに合わせた高度な写真表現が、すぐに楽しめる表現セレクト機能。

クリエイティブオートやスペシャルシーンで使用できる、カメラにあらかじめ搭載された、表現したい雰囲気※1や明かりや状況※2を選ぶだけで、高度な一枚に仕上げられる表現セレクト機能。かんたん撮影ゾーンで撮影する際に選べる、便利な機能です。

雰囲気を選んで撮影する

9種類の雰囲気から、好みの仕上がりが選べます。色彩や色の濃さなどをベースに、露出補正、ホワイトバランス補正をカメラが実行。それぞれの雰囲気は、効果の強弱などレベルを調整できます。

雰囲気 アイコン:シーンインテリジェントオート アイコン:クリエイティブオート アイコン:ポートレート アイコン:風景 アイコン:クローズアップ アイコン:スポーツ アイコン:夜景ポートレート アイコン:手持ち夜景 アイコン:HDR逆光補正 雰囲気の効果
標準設定 設定なし
くっきり鮮やかに 弱め/標準/強め
ふんわりやわらかく
暖かくやさしく
しっとり深みのある
ほの暗くひっそりと
明るく 少し/もう少し/さらに
暗く
モノクロ 青/白黒/セピア

標準設定

写真:標準設定 作例

かんたん撮影ゾーンで[標準設定]されている仕上がりに。

しっとりと深みのある

写真:しっとり深みのある 作例

全体的に明るさを少し抑えながら被写体を強調。しっとり深みのある雰囲気の写真に仕上げます。人物や植物などを存在感ある雰囲気で撮影するときに。

ほの暗くひっそりと

写真:ほの暗くひっそりと 作例

全体的な明るさを少し抑えた寒色系の仕上がりに。ほの暗くひっそりとした雰囲気を表現します。画面の影にある被写体を、静かで印象的な雰囲気で撮影したいときに。

暖かくやさしく

写真:暖かくやさしく 作例

暖色系で暖かみのある、やさしい印象に仕上げます。人物やペットなどを暖かみのある雰囲気で撮影するときに。

くっきり鮮やかに

写真:くっきり鮮やかに 作例

被写体をくっきり鮮やかに仕上げます。[標準設定]よりも印象的な写真にしたいときに。

ふんわりやわらかく

写真:ふんわりやわらかく 作例

被写体を強調させず、ふんわりやわらかな印象に仕上げます。人物やペット、花などを撮影するときに。

明るく

写真:明るく 作例

写真を明るく仕上げます。

暗く

写真:暗く 作例

写真を暗く仕上げます。

モノクロ

写真:モノクロ 作例

モノクロ写真に仕上げます。モノクロの色は、白黒、セピア、青の3色から選択できます。

【明かりや状況にあわせて撮影する

明かりや状況にあわせて設定することで、より見たままの色を再現することができます。【雰囲気を選んで撮影】と組み合せるときは、先にこの設定を行うとより精度の高い結果が得られます。

明かりや状況 アイコン:シーンインテリジェントオート アイコン:クリエイティブオート アイコン:ポートレート アイコン:風景 アイコン:クローズアップ アイコン:スポーツ アイコン:夜景ポートレート アイコン:手持ち夜景 アイコン:HDR逆光補正 ホワイトバランス設定
標準設定 アイコン:ホワイトバランスオート
日なた アイコン:ホワイトバランス太陽光
日かげ アイコン:ホワイトバランス日陰
くもり アイコン:ホワイトバランスくもり
電球 アイコン:ホワイトバランス白熱電球
蛍光灯 アイコン:ホワイトバランスオート
夕焼け アイコン:ホワイトバランスくもり

標準設定

ほとんどのシーンに対応できる設定です。

日なた

日なたにある被写体を撮影するときに。青空や緑をより自然に写したい、淡い花の色などを再現したい場合に。

日かげ

日かげにある被写体を撮影するときに。肌が青白く写るときや、淡い花の色などを再現したい場合に。

くもり

くもり空の下で撮影するときに。肌や風景の色が実際よりもくすんで写るときや、淡い花の色などを再現したい場合に。

電球

白熱電球下で撮影するときに。白熱電球の赤色を抑えたい場合に。

蛍光灯

蛍光灯下で撮影するときに。蛍光灯の種類を問わず使えます。

夕焼け

夕焼けの印象的な色を残して撮影したい場合に。

ライブビュー撮影機能

厳密なピント合わせ、構図決定を強力にサポートする快適なライブビュー撮影機能。

写真:ライブビュー撮影 動画撮影スイッチ

デジタル一眼レフカメラは、光学ファインダーでの撮影を基本とする一方で、背面液晶モニターを使ったライブビュー撮影も便利な撮影スタイルです。EOS 6Dでは、より快適なライブビュー撮影が行える優れた操作性を実現。ファインダー接眼部の右横に、すばやくライブビューがスタートできる[ライブビュー撮影/動画撮影]切り替えスイッチを設置。また、黄金分割比の構図決めに便利な[9分割+対角]をはじめ3種のグリッド表示が可能です。

撮影前に、仕上がりイメージを表示。ファイナルイメージシミュレーション。

ライブビュー映像の状態で、撮影後のイメージを表示できるファイナルイメージシミュレーションを搭載。露出や被写界深度、ピクチャースタイル、ホワイトバランスなどの効果が確認できます。また、フォーカスフレーム位置を5倍、10倍に拡大できるので厳密なピント合わせ時に便利です。

作画意図に合わせて縦横比を選べる、マルチアスペクト機能。

画像の縦横比を変えられるマルチアスペクト機能が、ライブビュー撮影で使えます。選べる比率は4種。通常のファインダー撮影の[3:2]のほか、コンパクトデジタルカメラに多い[4:3]、ハイビジョン比率の[16:9]、正方形比率の[1:1]から選択できます。また記録画質がRAWの場合は、付属ソフトウエア[Digital Photo Professional]でJPEGに現像する際に、設定したアスペクト比で現像します。

写真:マルチアスペクト機能 作例

ライブビュー撮影時のAF方式は3種類

[ライブ1点AF]
画面上の任意のエリアを選んでピント合わせできるモード。
[顔優先ライブAF]
優先的に人物の顔にピントを合わせるフォーカスフレームを表示させます。人物の顔を認識するフェイスキャッチテクノロジーを活かしたモード。
[クイックAF]
ライブビュー撮影を一時中断して通常撮影と同様にAFセンサーを用いてピント合わせをするモード。合焦後、ライブビュー画面に戻ります。

オート制御機能

上限と下限が設定できるISOオート。シャッター速度の低速限界も設定可能。

写真:ISO感度メニュー設定画面
ISO感度メニュー設定画面

撮影シーンの明るさに合わせて、カメラが自動的にISO感度を設定してくれるISOオート。自動制御範囲は、上限と下限の設定が可能です。また、あらかじめシャッター速度(1/250〜1秒)を設定することで、設定値よりもシャッター速度が遅くならないようにISO感度を自動制御する「ISOオート低速限界」の設定も可能。シャッター速度を速めに設定しておけば、手ブレや被写体ブレを防ぐことができます。

ISO感度自動設定

撮影モード ISO感度自動設定
アイコン:シーンインテリジェントオートアイコン:クリエイティブオートアイコン:ポートレートアイコン:クローズアップアイコン:スポーツアイコン:夜景ポートレートアイコン:HDR逆光補正 ISO100〜12800
アイコン:手持ち夜景 ISO〜25600
アイコン:風景 ISO100〜1600
アイコン:プログラムAEアイコン:シャッター優先AEアイコン:絞り優先AEアイコン:マニュアル露出 ISO100〜25600※1
アイコン:バルブ ISO400※1
ストロボ撮影時 ISO400※1,2,3,4

明るさ、コントラストを自動補正。オートライティングオプティマイザ機能。

撮った画像が暗く写った場合、またはコントラストが低い場合など、画像を適切に補正するオートライティングオプティマイザ。EOS 6Dでは、EOSシーン解析システムにより、夕景シーンと高彩度シーンでも適切な補正が実行されます。効果は、「標準/弱め/強め/しない」の4段階からセレクトが可能。JPEG画像はカメラ本体で、RAW画像は付属ソフトウエア[Digital Photo Professional]で、自然な階調を残しながら補正することができます。

補正が実行される6つのシーン

逆光人物撮影(顔検知)
写真:逆光人物撮影(顔検知) 作例

露出が背景に影響されやすく顔が暗くなりがちな逆光時。

AE露出アンダー
写真:AE露出アンダー 作例

白い壁や雪景色など測光の特性上、全体的に暗めに仕上がりがちな場合。

夕景シーン

夕陽のオレンジ色を強調し、雰囲気のある色彩で表現したいとき。

高彩度シーン

高彩度の被写体を撮影した場合で、色飽和による彩度不足を軽減し、鮮やかな色調に仕上げたいとき。

低コントラスト

曇天や霞のかかった低コントラストのシーンで写真が暗く写る場合。

ストロボ光量不足

被写体から距離があり、ストロボの光量が十分に届かず暗く写った場合。

見たままの「白」を再現する、ホワイトバランス(WB)。

人間の眼には、光源の違いによって「白」が、さまざまな「白」として映ります。より見たままの自然な「白」を再現するのがホワイトバランスです。一般的な撮影にはオートホワイトバランスに設定しておくだけで、自動的にさまざまな光源に対応。人物シーンは顔の色を自然に、白熱電球や赤みのある水銀灯など低色温度光源下での撮影時には、光源の赤みを程よく残します。

シーンに合わせてきめ細かい制御を可能にした、ピクチャースタイル「オート」。

ピクチャースタイル

ピクチャースタイルは全7種をプリインストール。EOS 6Dに搭載された「オート」は、EOSシーン解析システムからの情報をもとに、シーンに合わせてきめ細かく色彩を制御するピクチャースタイルです。通常の撮影シーンでは「スタンダード」に相当する、適度にメリハリのある仕上がりに。自然や屋外などのシーンでは、青空や緑を色鮮やかに。また、夕景シーンでは夕陽のオレンジを強調して仕上げることができます。

このページのトップへ