一眼レフカメラ/ミラーレスカメラEOS 6D Mark II作画機能&快適操作

Live! バリアングル・フルサイズ NEW EOS 6D Mark II

多彩な撮影モード

独創的な作品づくりが楽しめる多重露出撮影。

複数の画像をカメラ内で重ね合わせられる多重露出撮影に対応。重ね合わせる枚数は、2~9枚から選択できます。1枚撮影するごとに重ね合わせた画像が液晶モニターに表示され、再生操作でも画像の重なり具合を確認することが可能です。画像表示中に多重露出直後の画像をクリアして、撮影をやり直すことも。ライブビュー撮影時は、重なり具合を確かめながら撮影できます。すでに撮影済みの画像からでも重ね合わせを開始することができます。

画面:多重露出撮影

加算

作例:加算

フィルムカメラと同様、設定した露出値がそのまま加算。意図に合わせて、1枚ごとに露出値を変えることができます。

  • 「絞り優先AE/シャッター優先AE/プログラムAE」での撮影時は、標準露出の画像が重なり、露出オーバーになる可能性があるため、多重露出枚数に応じてあらかじめ露出をマイナス補正する必要があります。

加算平均

作例:加算平均

多重露出の回数に応じて、カメラが自動でマイナス補正。最終的に標準露出になるよう自動調整します。露出を変えて撮影しても、各画像の明るさは重ね合わせる際に平均化されます。

白トビ・黒つぶれを緩和、特殊な効果の付加も。HDRモード。

白トビや黒つぶれが気になるシーンで有効な作画機能。露出アンダー/標準/オーバーの3画像を連続で撮影。標準露出に近い部分を合成し、階調が豊かな1枚の画像を生成します。露出の振り幅は「自動」のほか、「±1/±2/±3」から選択可能。効果は[ナチュラル]に加えて、[絵画調標準][グラフィック調][油彩調][ビンテージ調]で特殊な写真に仕上げることもできます。

作例:ナチュラルナチュラル

作例:グラフィック調グラフィック調

作例:油彩調油彩調

作例:ビンテージ調ビンテージ調

作例:絵画調標準絵画調標準

[高精度なHDRを実現する画像位置自動調整]

カメラブレなどによる微妙な画像のズレをカメラが検知し、自動的に補正。鮮鋭感の高い画像が得られます。

カメラ任せで、いろいろなシーンを簡単に美しく。モードダイヤル。

写真:モードダイヤル

誰でもすぐにフルサイズの世界を思いのままに楽しめるように。EOS 6D Mark IIは、多彩な“オート撮影”モードを搭載しています。シーンインテリジェントオートは、シャッターを押すだけで美しい写真に仕上げられるモード。クリエイティブオートでは、雰囲気を選んで撮影できます。ポートレートや風景など、シーンに合わせてカメラが自動設定を行うスペシャルシーン(SCN)モードには、新たに流し撮りモードを採用しています。

アイコン:シーンインテリジェントオート シーンインテリジェントオート

作例:シーンインテリジェントオート

シーンに合わせて適切な設定をカメラが行う先進の“全自動”モードです。高精度な新EOSシーン解析システムにより、「露出」「ピント」をはじめ「ピクチャースタイルオート」「オートホワイトバランス」「オートライティングオプティマイザ」をより適切に制御。シーンに合わせた画づくりを実行します。たとえば人物なら、人の顔に露出を合わせ適切な明るさで自然な肌色に。風景なら、青空や緑をより鮮やかに仕上げます。

アイコン:クリエイティブオート クリエイティブオート

作例:クリエイティブオート

あらかじめカメラに搭載されている効果の中から、仕上がりの雰囲気を選んで撮影可能。背景のぼかし効果を設定することもできます。直感的な操作で、イメージ通りの写真表現が楽しめます。

アイコン:クリエイティブオートで選択できる雰囲気]

雰囲気 標準

標準的な特性の設定で撮影。多くのシーンに活用できます。

くっきり鮮やかに

被写体をくっきり鮮やかに仕上げます。「雰囲気 標準」よりも印象的な写真にしたいときに。

ふんわりやわらかく

被写体を強調させず、ふんわりやわらかな印象に仕上げます。人物やペット、花などを撮影するときに。

暖かくやさしく

暖色系で暖かみのある、やさしい印象に仕上げます。人物やペットなどを暖かい雰囲気で撮影するときに。

しっとり深みのある

全体的に明るさを少し抑えながら被写体を強調。しっとり深みのある雰囲気の写真に仕上げます。人物や植物などを存在感ある雰囲気で撮影するときに。

ほの暗くひっそりと

明るさを少し抑えた寒色系の仕上がりに。ほの暗くひっそりとした雰囲気を表現します。画面の影にある被写体を、静かで印象的な雰囲気で撮影したいときに。

明るく

写真を明るく仕上げます。

暗く

写真を暗く仕上げます。

モノクロ

白黒、セピア、青の3つのモノクロから選択できます。

さらに撮影モードが充実したアイコン:スペシャルシーン スペシャルシーン

シーンをさらに細かく分類して、より適切な設定で撮影できます。新たに流し撮りモードを搭載し、計12種に拡大しました。

アイコン:スペシャルシーン 流し撮り 流し撮り

作例:流し撮り

EOSのフルサイズで初めて搭載。背景が美しく流れ、被写体の躍動感を表現した写真が誰でも簡単に楽しめます。カメラの動きや被写体の進行方向・速度を瞬時に解析。適切なシャッタースピードに自動設定して撮影。選べる効果の強さは3段階から選択可能。対応レンズを装着してライブビュー撮影をすると、画像ブレが抑制されます。ファインダー撮影時や非対応レンズ装着時は、流し撮りに適したシャッタースピードに自動で設定されます。

  • ライブビュー撮影時のみ対応しています。対応レンズはEF24-105mm F4L IS II USMのみとなります(ファームウエアVersion 2.0.0以降から対応)。

アイコン:スペシャルシーン HDR逆光補正 HDR逆光補正

作例:HDR逆光補正

逆光シーンでの撮影に。明暗差の大きなシーンでも、写真全体を好ましい明るさに写せます。一度シャッターボタンを押すだけで、露出アンダー、標準、露出オーバーの3枚を自動で連続撮影して合成。白トビ・黒つぶれを抑えた写真に仕上げます。

  • 記録画質はJPEGとなります。RAW/JPEG(ラージ/ファイン)またはRAWが設定されている場合は、JPEG(ラージ/ファイン)で記録されます。

アイコン:スポーツ スポーツ

作例:スポーツ

最高約6.5コマ/秒の連続撮影が可能。動く被写体にピントを合わせ続けるAIサーボAF IIに自動で切り換わります。

アイコン:スペシャルシーン キッズ キッズ

作例:キッズ

被写体が動いてもピントを合わせ続け、速いシャッター速度で撮影できます。肌の色が健康的に仕上がります。

アイコン:ポートレート ポートレート

作例:ポートレート

人物の撮影に。背景をぼかして、撮りたい被写体をさらに際立たせることができます。

アイコン:風景 風景

作例:風景

青空や緑を鮮やかに写します。近くから遠くまで、写真全体にピントを合わせることができます。

アイコン:クローズアップ クローズアップ

作例:クローズアップ

植物や昆虫、小物など、小さな被写体に近づいて、大きく写したいときに。美しいボケ味が楽しめます。

アイコン:スペシャルシーン 料理 料理※1

作例:料理

明るく、色鮮やかに、料理をおいしそうに撮影することができます。赤みを強めたいときは[暖色]側に、弱めたいときは[寒色]側に調整できます※2

  • ※1人物が写り込むと、肌色が適切な色あいにならない場合があります。
  • ※2ストロボ発光時は、設定が無効となります。

アイコン:スペシャルシーン キャンドルライト キャンドルライト

作例:キャンドルライト

誕生日パーティーやハロウィン、クリスマスなどのイベントで大活躍。キャンドルが灯るシーンで起こりやすい明るさのばらつきを抑え、暖かみのある一枚が残せます。

  • ライブビュー撮影時は、設定できません。

アイコン:スペシャルシーン 夜景ポートレート 夜景ポートレート

作例:夜景ポートレート

夜景を背にした人物撮影に便利。夜の街並みやイルミネーションなどの夜景を写しつつ、手前の人物も美しく写せます。

アイコン:スペシャルシーン 手持ち夜景 手持ち夜景

作例:手持ち夜景

三脚を使わず、手持ちで夜景をブレずに撮れます。一度シャッターボタンを押せば、手ブレしにくいシャッター速度で4枚を連続撮影して自動で合成。三脚なしで夜景を明るく美しく仕上げます。

  • 記録画質はJPEGとなります。RAW/JPEG(ラージ/ファイン)またはRAWが設定されている場合は、JPEG(ラージ/ファイン)で記録されます。

アイコン:スペシャルシーン 集合写真 集合写真

みんなにピントを合わせたい、と思っているのに誰かがぼけてしまう。集合写真にありがちな失敗を解決する撮影モードを新設しました。主に被写界深度が深くなる絞りF8.0~F11で撮影できるよう、シャッター速度とISO感度を自動調整。また、すべての測距点を使用するAF方式に切り換わります。

アイコン:ストロボ発光禁止 ストロボ発光禁止

ペットの寝顔を撮りたいシーンや、水族館や美術館などのストロボ発光できないシーンで活躍します。

表現意図に合わせた写真を追求できる。応用撮影ゾーン。

シャッター速度や絞り数値、ISO感度、ホワイトバランス、ピクチャースタイルなど、さまざまな設定を自由に組み合せて表現意図に合わせた写真撮影が楽しめます。

アイコン:絞り優先AE 絞り優先AE

絞り数値を自分で設定し、ピントの合う範囲をコントロール。背景をぼかしたり、全体にピントを合わせた一枚を撮影できます。

アイコン:シャッター優先AE シャッター優先AE

シャッター速度を自分で設定。動きを止めたり、流動感を出したり、被写体の動きの写り方をコントロールすることができます。

アイコン:プログラムAE シャッター優先AE

適切な明るさで写るように、カメラが自動でシャッター速度と絞り数値を設定します。

アイコン:マニュアル露出 マニュアル露出

シャッター速度、絞り数値など、すべて自分で設定可能。自分好みの画づくりが楽しめます。

撮影モードや機能の効果がわかる。ビジュアルガイド

フルサイズでありながら、誰にでも使いやすいカメラであることを追求。液晶モニターに表示される画面デザインが直感的にわかりやすいビジュアルガイドを採用しました。各撮影モードの効果を、写真を使って表示します。効果や仕上がりをイメージしながら撮影可能です。従来のインターフェースに加え、新しいインターフェースに切り換えることができます。

図:ビジュアルガイド

再生・編集機能

探したい画像を絞り込める。再生時の画像検索。

画面:再生時の画像検索

画像の再生時にレーティング、日付、フォルダー名、プロテクトの有無、ファイル種類などの条件を指定して再生する「絞り込み再生」機能を搭載。探したい画像に、スピーディーにアクセスすることができます。条件指定画面は、再生クイック設定とメニューのどちらからも遷移できます。

複数の画像に一括してレーティング。複数選択一括処理。

画面:複数選択一括処理

画像再生時、条件で絞り込んだ画像を対象に、一括してプロテクトやレーティングなどの処理が行えます。再生クイック設定、メニュー画面から実行可能。始点と終点を定めてひとまとめに処理を行うことができます。

ピントチェックもダブルタップで行える拡大表示。

画面:拡大表示

再生画像は15段階、最大10倍までの拡大表示が可能。撮った写真のピントチェックなどに便利です。ダブルタップによる操作に対応しているため、より快適に行えます。

多彩な調整も、レンズ光学補正も対応。カメラ内RAW現像。

画面:カメラ内RAW現像

RAWで撮影した画像をカメラ内で現像し、JPEGに変換して新規保存。変換時には、細かい画像調整が可能です。[明るさ補正][ホワイトバランス][ピクチャースタイル][高感度撮影時のノイズ低減][JPEG記録画質]などに加え、周辺光量補正や歪曲収差補正といった[レンズ光学補正]も。ピクチャースタイルは、新たに搭載した[ディテール重視]も選ぶことができ、シャープネスの細かさやしきい値もチューニング可能です。もちろん、デジタルレンズオプティマイザや回折補正も行えます。

  • M-RAW、S-RAWでは現像できません。

イメージ通りの構図づくりをサポート。トリミング機能。

画面:トリミング機能

JPEGで撮影した画像※1をカメラ内でトリミング可能。構図の完成度をより高め作品に仕上げることができます。トリミング枠のアスペクト比は[3:2][16:9][4:3][1:1]から選択。それぞれ移動と縦横の切り換えも、傾きの補正も可能。トリミング範囲は43段階でから設定できます※2。好みの画角とアスペクト比でトリミングが楽しめるので、不要な部分の切り取りにも便利。トリミング処理後の画像は、別画像として保存できます。

  • ※1RAW画像はトリミングできません。
  • ※2対角比12~95%の範囲をトリミングすることができます。

JPEG画像サイズを小さく変更。カメラ内リサイズ。

画面:カメラ内リサイズ

大きな記録画質で撮影したJPEG画像を、カメラ内で小さい記録画質に変更することができます。処理した画像は、別画像として保存されます

  • S2(JPEG)画像とRAW画像はリサイズできません。
  • アスペクト比の変更はできません。

写真を簡単にマーキング。レーティング機能。

画面:レーティング機能

記録した写真に[OFF/★1個/★2個/★3個/★4個/★5個]のいずれかのマークを付加できます。絞り込み再生時にも便利です。画像は、画像送り(ジャンプ表示)とスライドショーで、レーティングごとに再生することも。ソフトウエア[Digital Photo Professional]で画像を選ぶときにも、レーティングマークを付加した画像だけを表示することができます。

一画面で、大量の写真を確認可能。インデックス表示。

画像再生時にインデックスボタンを押すことで、[4枚/9枚/36枚/100枚]のインデックス表示が可能。見たい画像を快適に検索できます。

写真:インデックス表示画面 4枚4枚

写真:インデックス表示画面 9枚9枚

写真:インデックス表示画面 36枚36枚

写真:インデックス表示画面 100枚100枚

画像確認をしながら、多彩な設定変更が可能。再生時クイック設定。

画面:再生時クイック設定

再生時にアイコン:クイック設定ボタンを押すと、クイック設定状態へ。画面に表示されるアイコンをタッチして、各種機能を設定・変更することが可能です。

BGMとともに、撮った写真を鑑賞できるBGM再生。

画面:BGM選択/再生

スライドショーや動画※1の再生を、BGM※2とともに楽しむことが可能。BGMはソフトウエア[EOS Utility]を使用して、SDカードに保存してから設定することができます。

  • ※1動画再生時にBGMを設定すると、動画に録音されている音声は再生されません。
  • ※2WAV形式の音楽ファイル。

フォトブックの作成も、写真プリントも楽々。フォトブック指定。

画面:フォトブック指定

画像を任意に選んで、フォトブック用に指定(最大998枚)できるフォトブック指定。インターネットでのフォトブック注文やPIXUSなどでプリントするときに活躍します。画像検索で指定した条件による範囲指定や、検索結果の全画像が選択可能。もちろん、1枚ずつ指定することやフォルダー指定、カード内の全画像指定といった幅広い指定方法を選べます。対応ソフトウエア[EOS Utility]を使ってパソコンに取り込むことで、指定した画像を専用のフォルダーにコピーできます。

  • RAW画像と動画はフォトブック指定ができません。
このページのトップへ