一眼レフカメラ/ミラーレスカメラEOS 6D Mark II通信性能&GPS

Live! バリアングル・フルサイズ NEW EOS 6D Mark II

充実のネットワーク機能

写真や動画の共有が快適、スマホによる操作も。Wi-Fi機能。

フルサイズによる高画質な写真や動画を、すぐにスマホに転送して写真仲間と共有することが可能。EOS 6D Mark IIは、撮影の楽しみをさらに広げるWi-Fi機能が充実。スマホはもちろん、プリンターやパソコンなどにワイヤレスで写真を送信可能です。また、一度ペアリングしたスマホとの常時接続が可能なBluetoothに対応。便利な機能が快適に楽しめます。

図:Wi-Fi機能

専用のアプリケーション[Camera Connect]

写真:スマートフォンでカメラを操作

スマホにインストールすることで、BluetoothやWi-Fiの活用が可能に。写真や動画をスマホへ転送していつでもすぐにSNSなどでシェアすることができます。さらに、スマホの画面に表示される映像を確認しながら撮影が楽しめる、リモートライブビュー撮影にも対応。絞りなどの設定変更から写真と動画の撮影までスマホを操作して行うことができます。

  • App Store(iOS用)、Google Play(Android用)から無料でダウンロードできます。

FacebookやTwitterと連携、CANON iMAGE GATEWAY。

キヤノンユーザー専用サイト[CANON iMAGE GATEWAY]のオンラインアルバムへ画像をアップロードすることが可能。アップロード方法は[一枚転送/選択転送/リサイズして転送]から選べます。アップロード後、[CANON iMAGE GATEWAY]経由で、FacebookやTwitter、E-mailへアルバムのリンク先を送ることが可能。Facebookへは、直接画像を投稿することもできます。また、YouTubeに動画をアップロードすることもできます。

無線LAN機能搭載プリンターで印刷。

PictBridge(USB and Wireless LAN)に対応した無線LAN機能搭載(Wi-Fi)プリンターと、ワイヤレスでプリントが楽しめます。

EOS Utilityで、パソコンからリモート撮影。

パソコン専用のソフトウエア「EOS Utility」でも、カメラをリモート制御することができます。

撮りためた写真や動画を一括管理。コネクトステーション CS100対応。

写真:Connect Station CS100Connect Station CS100

コネクトステーション(Connect Station CS100)はNFC対応。カメラをかざすことで写真や動画をサッと保存できます。SDカードやCFカードを直接つないで取り込むこともできるので、いろいろなカメラに撮りためたデータをまとめるのに便利です。テレビにつなげば、大画面で観賞可能。写真も動画もみんなで楽しむことができます。

Bluetooth対応

ペアリング済みのスマホと、いつでもすぐに共有。

消費する電力が少ないBluetooth low energy technology(準拠規格ver4.1)に対応。一度ペアリングを行えば、次からは面倒な設定をすることなく、カメラの電源をONにするだけで常にスマホとの接続を実現。また、スマホ側の操作だけで自動的にWi-Fi接続に切り換わります。専用アプリケーション「Camera Connect」を使った画像の閲覧・保存、スマホを活用したリモートライブビュー撮影など、便利な機能が快適に楽しめます。

カメラの電源をONにするだけでBluetooth接続
Bluetoothを通じてWi-Fi接続。面倒な接続フローは不要!リモートライブビュー撮影

ワイヤレスリモートコントローラー BR-E1 4,300円(税別)

写真:BR-E1

静止画/動画撮影、オートフォーカスによるピント合わせなど、カメラから5m以内の距離であれば、どの方向からでもワイヤレスでカメラを操作できます。約14gと軽量なので持ち運びも快適です。

  • 作動距離は全周約5mです。人や遮蔽物がある場合、通信可能距離が短くなる場合があります。
    また、電波環境が悪い場所では、通信の遅延が生じる場合があります。
  • カメラが他の機器とWi-FiまたはBluetooth接続中は、BR-E1による操作はできません。

NFC搭載のAndroid™端末とかざすことで接続できる、NFC対応。

アイコン:NFC

ボディー側面のNFCマークと、「Camera Connect」が使用できるNFC搭載のAndroid™端末を近づけることで、Wi-Fi接続が完了。アプリケーションが自動で起動するため、接続の操作をすることなくスムーズにWi-Fi機能を使用できます。写真や動画の転送やリモートライブビュー撮影も快適に楽しめます。

GPS機能

高精度に位置情報を付加。内蔵のGPSユニット。

画面:GPS

撮影した場所も、詳細に記録できるGPSユニット。緯度、経度、標高、協定世界時といった位置情報を取得し、撮影時にExif情報とともに画像に付加します。アメリカのGPS衛星、ロシアのGLONASS衛星、日本の準天頂衛星みちびきのGPS信号に対応。3種類の衛星で、位置情報の消失を低減するとともに、優れた測位精度を実現しました。測位モード「モード1」はカメラの電源オフ時でも、一定間隔でGPS信号を受信。衛星捕捉状態を維持することにより、電源を入れて即撮影を行っても位置情報を記録できます※1。「モード2」設定時はカメラの電源と合わせてGPS機能もオン/オフになります※2。電池の消耗を抑えたいときに有効です。

  • ※1使用する環境によっては衛星捕捉状態を維持できないことがあります。
  • ※2オートパワーオフ中は一定間隔でGPS信号を受信し続けます。
  • GPSレシーバー GP-E1/GP-E2は使用できません。また、市販のBluetooth対応GPSは接続できません。

軌跡を、地図上で辿ることができるロガー機能。

一定間隔でカメラ位置情報を取得し、記録できるロガー機能を搭載。たとえば、EOS 6D Mark IIなら旅先での軌跡を写真とともに振り返るといった楽しみ方が可能になります。「ログ記録」を[する]に設定すると、測位モードに関わらずオートパワーオフ時/電源オフ時も測位を継続。設定した更新間隔(1秒~5分まで8段階)で位置情報を取得し、内蔵メモリーに記録します。蓄積したログデータは、パソコンの地図上にマッピングし、撮影場所や移動ルートの表示と確認に利用できます。

正確に撮影時刻を記録、自動時刻設定機能

画面:自動時刻設定

GPS信号に含まれる時刻データをカメラに自動設定可能。常に正確な時刻が画像に記録できます。協定世界時に対する誤差は、わずか約±1秒と高精度です。

  • 衛星を5つ以上捕捉している必要があります。
このページのトップへ