一眼レフカメラ/ミラーレスカメラEOS 8000D約2420万画素の高画質

NEW FACE.8000D NEW EOS 8000D

高画質を新次元へ。[新開発・約2420万画素APS-CサイズCMOSセンサー]

自社開発・自社生産の描写力。ディテールまで高精細。

写真:約2420万画素APS-CサイズCMOSセンサー

EOSの高画質は、いよいよ新次元へ。約2420万画素 CMOSセンサーを新開発。センサーサイズは、APS-Cサイズという大型センサー。写真に写る情報量が、コンパクトデジタルカメラよりも多いので画質の良さを実感することができます。被写体のディテール、微妙な色彩はもちろん、空気感や光の雰囲気まで描写。A3などの大判プリントやTVの大画面で観賞すると、その美しさをいっそう実感することができます。

  • 有効撮影画角はレンズの表記焦点距離の約1.6倍相当。

背景をぼかした写真も思うままに。

作例:背景ぼかし

大型センサーのメリットは、画質の良さだけではありません。小さなセンサーでは表現できなかった大きく、美しいボケ味を楽しむことができます。望遠レンズと組み合せて撮ると、ボケの効果はさらに高まります。

目的に合わせて使い分けられる記録画質。

撮影後にじっくり画像編集するにはRAW/JPEG[ラージ/ファイン](2400万画素)、L判サイズのプリントやデジタルフォトフレームでの再生にはS2(約250万画素)、ウェブサイトへのアップやメール添付用にはS3(約35万画素)がおすすめです。

9種類から選べる記録画質

記録画質 記録画素数
(画素)
ファイルサイズ
(約・MB)
撮影可能枚数
(約・枚)
L ラージ ファイン 6000x4000(2400万) 7.6 940
L ラージ ノーマル 6000x4000(2400万) 3.9 1810
M ミドル ファイン 3984x2656(約1060万) 4.0 1770
M ミドル ノーマル 3984x2656(約1060万) 2.0 3500
S1 スモール1 ファイン 2976x1984(約590万) 2.5 2830
S1 スモール1 ノーマル 2976x1984(約590万) 1.3 5320
S2 スモール2(ファイン) 1920x1280(約250万) 1.3 5320
S3 スモール3(ファイン) 720x480(約35万) 0.3 20180
RAW ロウ 6000x4000(2400万) 28.1 240
RAW+L ロウ+ラージ ファイン 6000x4000(2400万) 28.1+7.6 190

カメラ内で、撮った写真を小さくサイズ変更。

写真:リサイズ設定画面

大きなサイズの記録画質で撮影したJPEG画像※1を、カメラ内で縮小(リサイズ※2)可能。リサイズ処理後の画像は、別画像として保存できます。

  • ※1 RAWとJPEG/S3で撮影した画像はリサイズできません。
  • ※2 アスペクト比の変更はできません。

リサイズ処理によるアスペクト比と画素数※1

記録画質 アスペクト比と画素数
3:2 4:3 16:9 1:1
ミドル 3984x2656
(約1060万)
3552x2664
(約950万)
3984x2240※2
(約890万)
2656x2656
(約710万)
スモール1 2976x1984
(約590万)
2656x1992
(約530万)
2976x1680※2
(約500万)
1984x1984
(約390万)
スモール2 1920x1280
(約250万)
1696x1280※2
(約220万)
1920x1080
(約210万)
1280x1280
(約160万)
スモール3※3 720x480
(約35万)
640x480
(約31万)
720x408※2
(約29万)
480x480
(約23万)

撮ったその場で、好みの構図にトリミング。

パソコンに画像を取り込まなくても、撮影したJPEG画像※1のトリミングがカメラ内で可能。トリミング範囲のサイズは42段階から選べます※2。トリミング枠の縦位置・横位置の切り替えや移動も。好みの画角とアスペクト比でトリミングが楽しめるので、不要な部分の切り取りにも便利。トリミング処理後の画像※3は、別画像として保存できます。

カメラの頭脳も先進的[映像エンジンDIGIC 6]

高画質、高感度、多彩な機能を実現する原動力。

写真:DIGIC 6

映像エンジンがなければ、デジタルカメラの画像は作られません。大型CMOSセンサーから送られてくる約2420万画素の膨大な光の情報を、高速で画像データに変換するのがDIGIC 6。この変換精度が低ければ、せっかくの高画素も台なしです。DIGIC 6は、高精度かつ高速に高画質な画像を生成します。また、デジタルカメラ特有のノイズの除去も実行。よりクリアな写真に仕上げます。暗いシーンでも、よりぶれずに撮影できるISO感度の高感度化にも貢献しています。DIGIC 6は、カメラの多彩な機能を実現する、いわば頭脳ともいえます。フルハイビジョン動画EOSムービーや撮影時の歪曲収差補正など、数々の機能の原動力になっています。

グラデーションを自然で滑らかに。14bit信号処理。

作例:14bit・階調

上位機種と同じ信号処理能力を持つ、14bit A/D変換(16384階調)を採用。再現のむずかしい夕空のグラデーションなどを、滑らかに表現します。

暗いシーンもシャッターチャンスに。[常用ISO感度100~12800]

手ブレの不安を抑制。常用ISO感度100~12800(拡張ISO25600)

作例:ISO12800ISO12800で撮影

夜景や室内などの暗いところで撮影したとき、 写真がブレてしまったことはありませんか。EOS 8000Dなら大丈夫。手ブレやノイズを抑えて、美しい写真を撮ることができます。理由は、常用ISO感度100~12800という数字にあります。ISO感度とは、光をキャッチする感度のこと。つまり、この数字が高く設定できるカメラほど、暗いシーンでも手ブレを抑えて明るく撮れるというわけです。ISO感度を高く設定すると、速いシャッター速度で撮れるので、暗いシーンでも手持ち撮影を安心して行えます。

  • 推奨露光指数。動画撮影時はISO100~6400(拡張ISO12800)

ISO100でも撮れるから、より高精細に記録。

作例:ISO100ISO100で撮影

ISO感度を低感度にすることで、高精細に写すことができます。EOS 8000Dは、ISO100の低感度撮影に対応。美しい風景など、絞りを絞って高精細に撮影するときは、ISO100に設定してください。シャープな写真が撮れます。

カメラがISO感度を自動設定。ISOオート。

写真:ISOオートの上限設定画面

一眼レフカメラ初心者でも、迷わずISO感度を設定できる便利な機能です。シーンに合わせて、カメラがISO感度を自動で設定。[応用撮影ゾーン]では、ISOオートの上限が設定(ISO100~6400の間)できます。たとえば、風景や人肌の質感を描写したいときは、上限を低めに設定。シャッター速度を速めて、暗いシーンを美しく撮りたいときは、上限を高めに設定するなど、撮影シーンに合わせて使い分けることができます。

いつでもクリアな写真。[ノイズ低減機能]

高感度&長秒時露光撮影でもクリアな一枚に。

作例:高感度撮影時のノイズ低減 標準高感度撮影時のノイズ低減:標準

夜空などを撮影したときに、粒状の点がちりばめられ、ざらついた写真になったことはありませんか。これがノイズ。高感度や長秒時露光撮影時に発生しやすいデジタルカメラ特有の現象です。EOS 8000Dには、ノイズが発生しやすい高感度撮影時と長秒時露光撮影時に実行するノイズ低減機能を搭載。長秒時露光撮影時は、1秒以上の露光時に[自動][する(常時)]から選択可能。高感度撮影時は[しない][弱め][標準][強め][マルチショットノイズ低減機能]の5種類から選ぶことができます。

ノイズ低減と解像感の確保を両立。マルチショットノイズ低減機能。

写真:マルチショットノイズ低減機能設定画面

高感度撮影時には、マルチショットノイズ低減機能を搭載。一度シャッターボタンを押すだけで、4枚の画像を自動で連続撮影し合成。ノイズを抑えた解像感のある一枚に仕上げます。自動で位置合わせを行うため、手持ち撮影※1も安心して楽しめます。高感度撮影時のノイズ低減設定は、「しない/弱め/標準/強め※2/マルチショットノイズ低減※2」から選択できます。

  • ※1 画面全体をズレなく合わせるためには三脚の使用をおすすめします。
  • ※2 「強め」「マルチショットノイズ低減」設定時は、連続撮影可能枚数が大幅に減少します。

レンズ本来の光学性能を存分に発揮。[レンズ光学補正]

3つのレンズ光学補正をカメラ内で実行。

レンズの収差で起こりやすい、周辺光量落ち、色のにじみ、そして画像周辺部の歪み。これらの現象をカメラ内で補正するレンズ光学補正を搭載。EFレンズ本来の描写力を引き出します。使用頻度が高い約30本分のEFレンズ(キットレンズを含む)の補正用データが登録済み。また、[EOS Utility]で補正用データを追加・削除することもできます。

歪曲収差補正

写真:レンズ光学補正補正設定画面

画像周辺部の歪みを補正。ソフトウエアでRAW現像時に行っていた歪曲収差補正も、カメラ単体で可能です。

  • 歪曲収差補正に伴い、画像周辺部がわずかにトリミングされます。
  • アイコン:手持ち夜景 アイコン:HDR逆光補正モード時、動画撮影時、マルチショットノイズ低減機能設定時は、歪曲収差補正は設定できません。
  • レンズ光学補正データが登録されているレンズのみ補正が行われます。
  • ライブビュー撮影時のファイナルイメージシミュレーションでは歪曲収差補正の効果は確認できません。
  • 初期状態では、歪曲収差補正は行わない設定になっています。
  • 歪曲収差補正を「する」に設定した時は、連続撮影速度が低下します。

色収差補正

被写体の輪郭部分に現れることのある「色のにじみ」などを補正。EFレンズの持つ、シャープな解像感が得られます。

周辺光量補正

主に広角レンズを使用して、絞り開放時に撮影すると、画像の四隅が暗くなることも。この周辺光量の落ち込みを補正します。

歪曲収差/色収差/周辺光量補正・初期登録レンズ

EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS EF-S17-55mm F2.8 IS USM
EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS Ⅱ EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM
EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS
EF-S55-250mm F4-5.6 IS Ⅱ EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM EF20mm F2.8 USM
EF24mm F2.8 IS USM EF28mm F1.8 USM EF28mm F2.8 IS USM
EF35mm F2 IS USM EF40mm F2.8 STM EF50mm F1.4 USM
EF50mm F1.8 II EF17-40mm F4L USM EF24-70mm F4L IS USM
EF24-105mm F4L IS USM EF28-135mm F3.5-5.6 IS USM EF70-200mm F4L USM
EF70-200mm F4L IS USM EF70-300mm F4-5.6 IS USM EF70-300mm F4-5.6L IS USM

レンズ光学補正データを内蔵したレンズに対応。

2014年6月発売のEF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STMを含む以降のレンズでは、レンズ光学補正データを内蔵。EOS 8000Dは、付属ソフトウエア[EOS Utility]による登録を行わなくても、レンズ光学補正が実行されます。

RAWで記録した画像は、付属ソフトウエアで補正可能。

付属ソフトウエア[Digital Photo Professional]なら、RAW画像のレンズ収差補正が可能。より高精度に補正を行うことができます。EOS 8000Dではより高度なRAW画像の編集が行える[Digital Photo Professional 4]をご使用いただけます。

総合的な画質向上に貢献。[新EOSシーン解析システム]

シーンの解析がより高精度に。

図:新EOSシーン解析システム

人の顔や被写体の色、明るさ、動きなどの情報から、カメラがシーンを自動で解析するEOSシーン解析システムが進化。ライブビュー撮影時の顔検知能力の向上により、人の顔に対してより適切なAE制御、オートライティングオプティマイザ制御、オートホワイトバランス設定が可能になりました。また、ファインダー撮影時の近赤外光検知により、夕景や屋外の緑を認識する精度がアップしています。

人物に優先的にピントを合わせる、色検知AF。

作例:色検知AF

カメラのオートフォーカスは、一般に手前の被写体にピントを合わせるという特性があります。EOS 8000Dは手前に被写体があっても、奥に人物がいると検知した場合は、できるだけその人物にピントを合わせます。また、肌の色をより好ましい明るさに仕上げます。

  • 19点自動選択AFとゾーンAFのワンショット時に有効。

新EOSシーン解析システムで解析される主な撮影シーンとその効果

シーン 効果 機能向上
人物 顔の明るさや色あいを適切に仕上げる 肌色を検知し、AEの精度が向上
動く被写体 動いている被写体にピントを合わせる(ファインダー撮影時) ※ 静止画撮影時のみ 肌色を検知し、AFの自動選択機能が向上
自然や屋外 青空や緑を鮮やかに仕上げる  
夕景 色鮮やかで雰囲気のある夕景に仕上げる 近赤外光検知で、夕景であると判断する精度が向上
明るい/暗い 明るさに応じて露出を適切に制御する  
高彩度 高彩度部の色飽和を軽減する  
低コントラスト メリハリのある画像に仕上げる  
ハイライト 白トビしやすいハイライト部があるシーンでは、白トビを制御する  
逆光 逆光で影になった被写体を明るく仕上げる  
屋外の緑 緑を鮮やかに仕上げる
※ エクステンダー装着時は従来と同じ制御
近赤外光検知で屋外の緑であると判断する精度が向上
フリッカー光源 フリッカーによる露出のばらつきを軽減  

【シーン判別:ライブビュー撮影時】

図:シーン判別[ライブビュー撮影時]

白トビを高精度に抑制。[高輝度側・階調優先機能]※1※2

グレーからハイライトまで、階調を豊かにディテールまで表現。

白い壁や白い雪、日差しが強いシーンでは、明るい部分が白トビしてしまうことがあります。白トビすると、白い部分のデータが残りません。高輝度側・階調優先機能は、階調を表現できる範囲を拡大し、白トビを抑制。グレーからハイライトまで、階調が豊かな写真に仕上げます。高輝度側・階調優先機能を設定しているときは、カメラ上部にある表示パネルとファインダー内(ライブビュー撮影時は液晶モニター上)に、設定中であることを示す[D+]が表示されます。

暗く写った写真の明るさを自動補正。[オートライティングプティマイザ機能]

逆光シーンなどで活躍。明るさとコントラストを自動補正。

被写体が暗く写ってしまいやすい、逆光シーンでの撮影。オートライティングオプティマイザ機能は、暗く写った写真を自動的に好ましい明るさに調整します。コントラストが低い写真はメリハリのある写真に。この機能の精度を高めているのが、新EOSシーン解析システムです。日中シーンでは、青空が白トビしないように、適切に露出補正を実行。補正の強弱は、カメラのカスタム機能から[しない/弱め/標準/強め]の4段階から選べます。

逆光で人物を撮影した場合(顔検知)

太陽などの光源が被写体の後ろにあると逆光になり、被写体が暗く写ることがあります。顔が暗く写ったときは顔を検知して、自然な明るさに補正します。

ストロボ光量不足(顔検知)の場合

内蔵ストロボを発光しても、カメラと被写体との距離が離れ過ぎていると、光量が十分に届かず暗い写真に。暗く写ってしまった顔を検知して、明るく補正します。

AE露出アンダーの場合

構図の中に白い面積(雪景色や白い壁など)が多く、写真全体が暗く仕上がってしまったときは、好ましい明るさに補正します。

低コントラストの場合

曇天や霧の多い風景の撮影時は、メリハリの弱い写真に仕上がることがあります。その場合は、明るい部分は少し明るく、暗い部分は少し暗く補正し、コントラストを調整します。

このページのトップへ