一眼レフカメラ/ミラーレスカメラEOS 8000D楽々データ転送

NEW FACE.8000D NEW 2015年4月17日発売予定 EOS 8000D

撮ったその場で、写真や動画をシェア。[Wi-Fi機能]

撮影中も、撮影後も、楽しみ方がいろいろ。

高画質の写真や動画を、撮ったその場で共有。Wi-Fi機能を搭載しているので、スマートフォンやプリンター、テレビ、カメラなどへ、ワイヤレスで写真を送信できます。キヤノンのWebサービス「CANON iMAGE GATEWAY」を経由して、FacebookやTwitterなどSNSへのアップロードも。スマートフォン用アプリ「Camera Connect」を使うことで、リモート撮影が楽しめます。また、写真や動画をサッと保存、TVの大画面で観賞できるConnect Station CS100にも対応しています。

図:Wi-Fi機能

“EOSのWi-Fi”解説コンテンツ
Camera Connectでの接続方法も紹介しています。

「Camera Connect」でリモート操作、スマートフォンやタブレットへ画像送信。

スマートフォン用アプリ[Camera Connect]をインストール(無料)しておけば、EOS 8000Dで撮った美しい写真を、撮ったその場でスマートフォンに転送できます。スマートフォンやタブレットでカメラの遠隔操作も可能。スマートフォンに写し出されたライブビュー画面を確認しながら、絞りやシャッター速度、ISO感度の設定変更や、オートフォーカス、レリーズもできます。

図:Camera Connect使用例
カメラコネクトの詳しい紹介はこちらCammera Connectページへ

CANON iMAGE GATEWAYから、FacebookやTwitterへ。

キヤノンユーザー専用サイト[CANON iMAGE GATEWAY]のオンラインアルバムへ画像をアップロードすることができます。アップロードは[一枚転送/選択転送/リサイズして転送]から選べます。アップロード後、[CANON iMAGE GATEWAY]経由で、FacebookやTwitter、E-mailへアルバムのリンク先を送ることが可能。Facebookへは、直接画像を投稿することもできます。また、EOS 8000Dで撮った動画は、YouTubeにアップロードが可能です。

カメラ間での画像の送受信

キヤノン製のWi-Fi機能内蔵カメラ(コンパクトデジタルカメラを含む)へ画像を転送※1することができます。転送方法は[一枚転送/選択転送/リサイズして転送]からセレクト可能。動画の転送も行えます※2

無線LAN機能搭載プリンターで印刷

PictBridge(USB and Wireless LAN)に対応した無線LAN機能搭載(Wi-Fi)プリンターと、ワイヤレスでプリントが楽しめます。インターフェースケーブルで接続してプリントすることも可能です。

メディアプレーヤーでの画像閲覧

テレビやデジタルフォトフレームなど、DLNA対応のメディアプレーヤーにWi-Fi経由で画像転送が可能。メディアプレーヤー側でカメラ内の画像を閲覧することができます。

スマホに近づけるだけでWi-Fi接続が完了。[NFC対応]

NFC搭載のAndroid™端末とスムーズに接続

アイコン:NFC

EOS 8000Dの底面と、スマートフォン用アプリ「Camera Connect」がインストールされているAndroid™端末を近づけるだけで、Wi-Fi接続が完了。アプリが自動で起動するため、スムーズに接続できます。「Camera Connect」がインストールされていない場合は、端末にアプリダウンロードサイトが自動で表示。そのまま、アプリをインストールすることができます。

撮りためた写真や動画は、コネクトステーションにまとめよう

Connect Station CS100

コネクトステーション(Connect Station CS100)はNFC対応。カメラをかざすことで写真や動画をサッと保存できます。SDカードやCFカードを直接つないで取り込むこともできるので、いろいろなカメラに撮りためたデータをまとめるのに便利です。テレビにつなげば、大画面で観賞可能。写真も動画もみんなで楽しむことができます。

このページのトップへ