一眼レフカメラ/ミラーレスカメラEOS 80D多彩な機能

EOS 80D

Wi-Fi

撮ったその場で写真や動画をシェアできる、Wi-Fi機能。

高画質の写真や動画を、撮ったその場で共有。Wi-Fi機能を搭載しているので、スマートフォンやプリンター、テレビ、パソコン、カメラなどへ、ワイヤレスで写真を送信できます。キヤノンのWebサービス「CANON iMAGE GATEWAY」を経由して、FacebookやTwitterなどSNSへのアップロードも。スマートフォン用アプリ「Camera Connect」を使うことで、リモート撮影が楽しめます。また、写真や動画をサッと保存、TVの大画面で観賞できるConnect Station CS100にも対応しています。

図:Wi-Fi機能

Wi-Fi機能でできること、スマートフォンとの接続方法などを
わかりやすく解説しています

リモート操作や、スマートフォン・タブレットへ画像送信できる、Camera Connect。

スマートフォン用アプリ[Camera Connect]をインストール(無料)しておけば、EOS 80Dで撮影した写真や動画を、撮ったその場でスマートフォンに転送できます。スマートフォンやタブレットでカメラの遠隔操作も可能。スマートフォンに写し出されたライブビュー画面を確認しながら、絞りやシャッター速度、ISO感度の設定変更や、オートフォーカス、レリーズもできます。

Camera Connect

FacebookやTwitterにつながる、CANON iMAGE GATEWAY。

キヤノンユーザー専用サイト[CANON iMAGE GATEWAY]のオンラインアルバムへ画像をアップロードすることができます。アップロードは[一枚転送/選択転送/リサイズして転送]から選べます。アップロード後、[CANON iMAGE GATEWAY]経由で、FacebookやTwitter、E-mailへアルバムのリンク先を送ることが可能。Facebookへは、直接画像を投稿することもできます。また、EOS 80Dで撮った動画は、YouTubeにアップロードが可能です。

カメラ間での画像の送受信

キヤノン製のWi-Fi機能内蔵カメラ(コンパクトデジタルカメラを含む)へ画像を転送※1することができます。転送方法は[一枚転送/選択転送/リサイズして転送]からセレクト可能。動画の転送も行えます※2

無線LAN機能搭載プリンターで印刷

PictBridge(USB and Wireless LAN)に対応した無線LAN機能搭載(Wi-Fi)プリンターと、ワイヤレスでプリントが楽しめます。

メディアプレーヤーでの画像閲覧

テレビやデジタルフォトフレームなど、DLNA対応のメディアプレーヤーにWi-Fi経由で画像転送が可能。メディアプレーヤー側でカメラ内の画像※を閲覧することができます。

NFC

スマホに近づけるだけでWi-Fi接続する、NFC対応。

NFCで接続

EOS 80Dの側面のNFCマークと、スマートフォン用アプリ「Camera Connect」がインストールされているAndroid™端末を近づけるだけで、Wi-Fi接続が完了。アプリが自動で起動するため、スムーズに接続できます。「Camera Connect」がインストールされていない場合は、端末にアプリダウンロードサイトが自動で表示。そのまま、アプリをインストールすることができます。

  • NFC機能を利用するには、スマートフォンやタブレット専用アプリケーション「Camera Connect」(無料)のインストールが必要です。インストールされていない状態でカメラにタッチすると、ダウンロード画面に遷移するので、そこからインストールが可能です。

コネクトステーション

撮りためた写真や動画をまとめる、コネクトステーション。

NFCで接続

コネクトステーション(Connect Station CS100)はNFC対応。カメラをかざすことで写真や動画をサッと保存できます。SDカードやCFカードを直接つないで取り込むこともできるので、いろいろなカメラに撮りためたデータをまとめるのに便利です。テレビにつなげば、大画面で観賞可能。写真も動画もみんなで楽しむことができます。

多重露出撮影

画像を重ねて独創的な作品に仕上げる、多重露出撮影。

撮影画像をカメラ内で合成し、ひと味違う作品に仕上げられる多重露出撮影。重ね合わせる枚数は、2~9枚から選択できます。1枚撮影するごとに重ね合わせた画像が液晶モニターに表示され、再生操作でも画像の重なり具合を確認することが可能です。画像表示中に多重露出直後の画像をクリアして、撮影をやり直すことも。ライブビュー撮影時は、重なり具合を確かめながら撮影できます。保存される画像は、多重露出の完成画像のみで、撮影時の記録画質で行われます。

加算

フィルムカメラと同様、設定した露出値がそのまま加算されます。意図に合わせて、1枚ごとに露出値の変更が可能です。

図:加算

加算平均

多重露出の回数に応じて、カメラが自動でマイナス補正。最終的に標準露出になるよう自動調整します。露出を変えて撮影しても、各画像の明るさは重ね合わせる際に平均化されます。

図:加算平均

HDR機能

3枚の画像を合成して、白トビ・黒つぶれを抑えた作品に。

激しい明暗差や逆光など、白トビや黒つぶれを抑えたいシーンで効果的です。露出アンダー/標準/露出オーバーの3枚の画像を撮影して合成し、よりダイナミックレンジ(表現できる明暗の幅)の広い画像が生成できます。

(適切な代替テキスト)

クリエイティブフィルター

撮る前でも撮った後でも。全7種類のクリエイティブフィルター。

フィルター効果を選んで、印象的な写真に仕上げることができるクリエイティブフィルター。撮影前なら、ライブビュー映像上で実際の効果を確認しながら設定、そのまま撮影することができます。撮影後でも、画面に表示されるフィルター効果を見ながら処理が可能。フィルター処理後は、別画像として保存できます。選べるフィルター効果は、[油彩風/水彩風/ジオラマ風/魚眼風/ラフモノクロ/ソフトフォーカス/トイカメラ風]の全7種類です。

油彩風

写真:油彩風 作例

被写体の立体感を強調し、油絵のような仕上がりに。効果の調整で、コントラストや彩度を変えることができます。※1

水彩風

写真:水彩風 作例

水彩画のような写真で、やわらかい感じの色彩に。色の濃度を変えることができます。※2

ラフモノクロ

写真:ラフモノクロ 作例

ざらついた印象の白黒写真に。コントラストの調整で、その印象も変えられます。

ソフトフォーカス

写真:ソフトフォーカス 作例

やわらかい感じの写真に。ぼかし具合の調整で、やわらかさの感じを変えられます。

トイカメラ風

写真:トイカメラ風 作例

トイカメラのような独特の色調の写真に。色調整で、色の感じを変えられます。

ジオラマ風

写真:ジオラマ風 作例

ジオラマ(ミニチュア)風の写真に。くっきり見せたい部分を変えることができます。

魚眼風

写真:魚眼風 作例

魚眼レンズで撮影したような、タル形にゆがんだ写真に。ゆがむ強さを調整できます。※3

再生機能

再生画像は15段階、最大10倍までの拡大表示。

撮影した画像を液晶モニターに表示する時、約1.5~10倍(15段階)に拡大して確認できます。約104万ドットの高精細な液晶モニターで、ディテールまでしっかり表示できます。

BGMを付けたり、ハイビジョンテレビでも楽しめるスライドショー。

カード内の画像を自動的に連続再生するスライドショー。BGMを流しながらの再生も可能です。HDMIケーブル(別売)でハイビジョンテレビに接続すると、大画面でスライドショーが楽しめます。

再生画像に重ねられるグリッド表示。

1枚表示の時には再生画像に格子線を重ねて表示できます。表示は(1)[9分割](2)[24分割](3)黄金分割比での構図決めに便利な[9分割+対角分割]の3種類から選べます。

撮ったその場ですぐセレクト、レーティング機能。

撮影したその場で、[OFF/★ 1個/★2個/★3個/★4個/★5 個]のレーティング(お気に入り)マークを画像に付けられます。マークの付いた画像は、画像送り(ジャンプ表示)とスライドショーで、★ごとに再生が行えます。

バルブタイマー撮影

バルブモード時に1秒~99時間59分59秒の範囲で露光時間の設定が可能。星空の軌跡撮影、車のライトの流れを撮影するときに便利です。バルブ撮影中にシャッターボタンを指で押している必要がないため、カメラブレを低減できます。

インターバルタイマー撮影

指定した間隔(1秒~99時間59分59秒)と回数(1回~99回、無制限)で撮影を実行。長い時間をかけてゆっくり変化する被写体の様子を、定点観測したいときに便利です。撮った画像をつなげればタイムラプス動画のようなムービーづくりも楽しめます。

このページのトップへ