一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ共通特長

EOSに秘められた高画質・高機能・快適性についてご紹介します。

快速・快適・高画質をあなたに。EOS基本コンセプト

撮りたいと感じた瞬間。イメージ通りに表現したいと思った瞬間。より快適に、より美しく、そして何よりもいい写真を撮ってほしい。理想のカメラを求め絶えず進化するElectro Optical System、それがEOSです。1937年のキヤノン創業時より「自分たちの手で最高のカメラを作りたい」という変わらぬポリシーは、手ブレ補正機構や大型CMOSセンサー、映像エンジンDIGICなど、高度な機能を次々と生み出しています。さらなる「快速・快適・高画質」のために、EOSの進化はこれからも続きます。

高画質の最前線へ。キヤノンの大型CMOSセンサー

CMOSセンサーの実力

CMOSセンサーの画像

ひとつは「映像のきめ細かさを表現する高解像度」。キヤノンCMOSセンサーは、35mmフルサイズの場合、これまで中大判フィルムに依存してきたポスターなどにおいても、十分に耐えうる高画質を実現しています。ひとつは「広いダイナミックレンジによる豊かな階調性」。複雑で微妙な色と明暗のグラデーションも、不自然なギャップを感じさせることなく、滑らかな再現性を実現。白とび・黒つぶれも併せて低減します。さらに豊富な色情報やノイズや偽色の低減、大型CMOSセンサーならではの美しいボケ味など、映像表現にかかわるさまざまな条件を高いレベルでクリアしています。

画像処理の最先端を歩み続ける映像エンジンDIGIC

映像エンジン「DIGIC」の画像

CMOSセンサーが読み込んだデータを美しく映像にするのが自社開発の映像エンジン「DIGIC」です。大容量の撮影データの高速画像処理と高精細で自然な色再現を行います。また、背面液晶モニター上にもDIGICで処理した画像を美しくスピーディーにプレビュー表示します。キヤノンはCMOSセンサーと映像エンジンの両方を自社開発し、その連携によりさらなる高画質と高速画像処理への進化を続けます。

EOSの写真表現の可能性を広げるEFレンズ

累計1.3億本の実績、EFレンズシリーズ

1.3億本、達成※。※2017年10月12日現在 130 million EF

広角、マクロ、望遠…。レンズを換えるたびに新しい写真表現と出会えるのも一眼レフカメラの醍醐味です。EFレンズはその数60種類以上。卓越した光学性能とともに撮りたいシーンや被写体に合わせて、適切なEFレンズが選べます。EFレンズシリーズは、累計生産本数1.3億本の実績があります。

  • 2017年10月12日現在

キヤノンのレンズ内手ブレ補正機構(IS)

ISユニットの写真

どんなに正しくカメラを構え、力まずシャッターを押しても、ある限界を超えると手ブレが生じます。その手ブレを抑えるためにキヤノンでは、レンズ内手ブレ補正機構(Image Stabilizer)を独自開発しました。その中核となるがISユニットです。高精度な補正効果が得られる光学系の一部を移動させるシフト方式+ブレを検知する振動ジャイロにより、暗いシーンや望遠レンズの手持ち撮影などで、効果を発揮します。また、ボディー内補正よりもファインダー像がブレないので、撮影に専念できます。

手ブレ補正の効果を示した図
このページのトップへ