一眼レフカメラ/ミラーレスカメラEOS Kiss M小型・軽量 快適操作

KISS is my life. 誕生、ミラーレス初のKiss。 EOS Kiss M

EOS Kissシリーズ初のミラーレス。

シリーズ最軽量&小型ボディに、先進技術を凝縮。

EOS Kiss Mは、EOSシリーズならではの本格的な撮影性能をそなえながら、EOS Kissシリーズで初のミラーレス構造を採用し、携帯性にも優れているのが特徴。特別な日だけでなく、普段使いのカメラとして気軽に持ち歩くことができます。

354g

選べる2色のカラーバリエーション。

カジュアルな「ホワイト」と本格感のある「ブラック」の2色をラインアップ。

ホワイト・ブラック

自然にシャッターが切りやすいデザイン。

スプーンカット形状

カメラを持つと自然とシャッターボタンに指がかかる、スプーンカット形状を採用。撮りたい瞬間に自然にシャッターを切ることができます。

高性能電子ビューファインダー(EVF)を内蔵。

ミラーレスで、本格的なファインダー撮影。

xxx

「ファインダーをのぞいて撮りたい」という声に応える高精細・有効画素数236万ドット、0.39型のEVF(電子ビューファインダー)。 両手と顔の3点でカメラを固定できるので手ブレしにくく、視界をすべて覆えることで撮影に集中できます。撮影前に写真の仕上がりをファインダーでチェックできるので、失敗写真を減らせるのもEVFならではのメリットです。

撮影をさらに快適にする、EVFならではのサポート機能。

EVFでは繊細なピント合わせが行えるMF時の拡大表示や、ホワイトバランスの変更などをリアルタイムに反映可能。光学ファインダーとライブビュー撮影の長所を兼ね備えて撮影をサポートします。

MF拡大表示、MFピーキング

図:拡大表示

EVF上でフォーカス位置を拡大可能。
また、ピーキングによって合焦位置を色付け(青赤黄から選択可能)できるので繊細なフォーカスを快適に実現できます。

  • 拡大表示時は、ピーキング機能は使用できません。画像はイメージです。

設定変更をリアルタイムに反映

図:ホワイトバランス調整

露出やホワイトバランスの変更をリアルタイムにEVF上に反映。設定変更の効果を確認しながら効率的に撮影することができます。

撮影情報表示を自由にカスタマイズ。

EVF撮影情報表示※ 画像は解説用イメージです。

EVFは撮影情報表示の切り換えができるのも魅力のひとつです。細かな情報を確認できるフル表示や、撮影情報を省いた縮小表示など、撮影シーンや自分の撮影スタイルに合わせられます。

バリアングル液晶モニターを搭載。

EOS Kiss Mは、回転させてアングルを自在に変えられる液晶モニターを採用。縦位置でのローアングル、ハイアングルの撮影も快適に行えます。ペットの目線で低く撮ることや、真上から撮るなど、さまざまなアングルからの自由自在な撮影が楽しめます。

バリアングル液晶モニター
このページのトップへ