一眼レフカメラ/ミラーレスカメラEOS Kiss X5多彩な機能

EOS Kiss X5 こども大好キッス!

雰囲気を選ぶだけで、こだわり写真。表現セレクト機能。

むずかしいカメラの設定不要!思い描く写真が、カメラまかせで簡単に。

写真:表現セレクト設定画面

プロが撮った写真、雑誌や写真集で見る雰囲気のある写真。どうやって撮っているんだろうと思ったことはありませんか。そして高度なテクニックがいると思って、自分には撮れないとあきらめてしまっている。そんな方も少なくないはずです。EOS Kiss X5なら大丈夫。むずかしい設定をすべてカメラにまかせて、雰囲気のある写真を撮ることができます。それが表現セレクト機能。撮影モードの「かんたん撮影ゾーン※1」で、撮りたい写真のイメージ(雰囲気)と、明かりや状況※2を選ぶだけ。あとは、カメラが露出やホワイトバランス、ピクチャースタイルなどを効果的に組み合せ、設定します。はじめて一眼レフカメラに触れる方でも、すぐにこだわりの写真を撮ることができます。

  • ※1 「シーンインテリジェントオート」モード、「ストロボ発光禁止」モードでは設定できません。
  • ※2 「クリエイティブオート」モード、「夜景ポートレート」モードでは設定できません。

雰囲気を選んで撮影する

9種類の雰囲気から、好みの仕上がりが選べます。色彩や色の濃さなどをベースに、露出補正、ホワイトバランス補正をカメラが自動的に実行。それぞれの雰囲気は、効果の強弱などレベルを調整することができます。

図:表現セレクト設定一覧
写真:標準設定作例

かんたん撮影ゾーンで標準設定されている仕上がりに。多くのシーンに活用できます。

写真:くっきり鮮やかに作例

被写体をくっきり鮮やかに仕上げます。「標準設定」よりも印象的な写真にしたい時に。

写真:ふんわりやわらかく作例

被写体を強調させず、ふんわりやわらかな印象に仕上げます。人物やペット、花などを撮影する時に。

写真:暖かくやさしく作例

暖色系で暖かみのある、やさしい印象に仕上げます。人物やペットなどを暖かみのある雰囲気で撮影する時に。

写真:しっとり深みのある作例

全体的に明るさを少し抑えながら被写体を強調。しっとり深みのある雰囲気の写真に仕上げます。人や植物などを存在感ある雰囲気で撮影する時に。

写真:ほの暗くひっそりと作例

全体的な明るさを少し抑えた寒色系の仕上がり。ほの暗くひっそりとした雰囲気を表現します。画面の影にある被写体を、静かで印象的な雰囲気で撮影したい時に。

写真:明るく作例

写真を明るく仕上げます。

写真:暗く作例

写真を暗く仕上げます。

写真:モノクロ作例

モノクロ写真に仕上げます。モノクロの色は、白黒、セピア、青の3色から選択することができます。

明かりや状況にあわせて撮影する

明かりや状況にあわせて設定することで、より見たままの色を再現することができます。【雰囲気を選んで撮影する】と組み合せる時は、先にこの設定を行うとより精度の高い結果が得られます。

図:明かりや状況設定一覧

標準設定

写真:標準設定作例

ほとんどのシーンに対応できる設定です。

日なた

写真:日なた作例

日なたにある被写体を撮影する時に。青空や緑をより自然に写したい、淡い花の色などを再現したい場合に。

日かげ

写真:日かげ作例

日かげにある被写体を撮影する時に。肌が青白く写る時や、淡い花の色などを再現したい場合に。

くもり

写真:くもり作例

くもり空の下で撮影する時に。肌や風景の色が実際よりもくすんで写る時や、淡い花の色などを再現したい場合に。

電球

写真:電球作例

白熱電球下で撮影する時に。白熱電球の赤色を抑えたい場合に。

蛍光灯

写真:蛍光灯作例

蛍光灯下で撮影する時に。蛍光灯の種類を問わず使えます。

夕焼け

写真:夕焼け作例

夕焼けの印象的な色を残して撮影したい時に。

撮った写真をフィルター処理で、もっと印象的に。クリエイティブフィルター。

「魚眼風」をはじめ、5種のフィルター効果を搭載。

撮影した写真をさらに印象的にし、より自分好みの作品に仕上げるクリエイティブフィルター。EOS Kiss X5に搭載されたフィルター効果は5種類。処理を加えたい画像を選んで[ラフモノクロ/ソフトフォーカス/魚眼風/トイカメラ風/ジオラマ風]から好みのフィルターをセレクト。カメラ内ですぐに処理を実行し、新しいファイルとして保存されます。撮影した写真の記録画質がRAWとJPEG(全種類)に対して処理を行うことができます。

ラフモノクロ(コントラスト:弱め/標準/強め)

写真:ラフモノクロ(コントラスト作例:弱め/標準/強め)

ざらついた感じの白黒写真に。コントラストの調整で、ざらつきの感じを変えられます。

ソフトフォーカス(ぼかし具合:弱め/標準/強め)

写真:ソフトフォーカス作例(ぼかし具合:弱め/標準/強め)

やわらかい感じの写真に。ぼかし具合の調整で、やわらかさの感じを変えられます。

魚眼風(効果:弱め/標準/強め)

写真:魚眼風作例(ぼかし具合:弱め/標準/強め)

魚眼レンズで撮影したような、タル型にゆがんだ写真に。ゆがむ強さを調整できます。

  • 効果の度合いによって画面周辺がカットされる場合があります。また画面中央部を拡大させて魚眼風効果をつくっているため、記録画素数の少ないS3などで処理を加えると、画面中央付近の画素数が少なくなり、ぼやけた印象になる場合があります。

トイカメラ風(色調:寒色/標準/暖色)

写真:トイカメラ風作例(色調:寒色/標準/暖色)

トイカメラのような独特の色調の写真に。色調によって、色の感じを変えられます。

ジオラマ風(くっきり見える部分を選択)

写真:ジオラマ風作例(くっきり見える部分を選択)

ジオラマ(ミニチュア)風の写真に。くっきり見せたい部分を変えることができます。

記録されているJPEG画像※1を、カメラ内でリサイズ※2

大きく撮った画像を、小さい画像の簡単リサイズ。

写真:カメラ内リサイズ設定画面

パソコンを使わずに、カメラ内部で手軽にリサイズ処理が行えます。サイズの大きい記録画質で撮影したJPEG画像を、扱いやすいサイズに縮小する際に便利です。リサイズ処理を行った画像は、別画像として新規保存されます。

  • ※1 S3で撮影した画像はリサイズできません。
  • ※2 アスペクト比の変更はできません。

リサイズ処理によるアスペクト比と画素数

記録画質 アスペクト比と画素数
3:2 4:3 16:9 1:1
M ミドル 3456x2304(800万) 3072x2304(700万) 3456x1944(670万) 2304x2304(530万)
S1 スモール1 2592x1728(450万) 2304x1728(400万) 2592x1456(380万) 1728x1728(300万)
S2 スモール2 1920x1280(250万) 1696x1280(220万) 1920x1080(210万) 1280x1280(160万)
S3 スモール3 720x480(35万) 640x480(31万) 720x400(29万) 480x480(23万)

新たな効果を追加。写真に色彩効果をプラスするピクチャースタイル。

写真の色彩を楽しむ。新しいピクチャースタイル「オート」。

ロゴ:ピクチャースタイル

フィルムを選ぶ感覚で、色彩を選ぶ。ピクチャースタイルは、写真をイメージした色彩に仕上げることができます。EOS Kiss X5には新たに「オート」が追加。合計7種類からセレクトできるようになりました。また、キヤノンのホームページから、「紅葉」「エメラルド」「トワイライト」など、独自性の高いピクチャースタイルのダウンロードも可能。付属ソフトウエアを使えば、ダウンロードしたファイルをカメラに登録して撮影時に使うことができます。

EOSシーン解析システムとの連携で、きめ細かな色調整を。新しいピクチャースタイル「オート」

ピクチャースタイル「オート」は、EOSシーン解析システムで得られた情報をもとに、きめ細かく色調整を行う新しいピクチャースタイル。写真をより鮮やかに仕上げます。とくに青空や緑を多く含む自然や屋外シーンに効果を発揮。かんたん撮影ゾーンでは、すべてピクチャースタイル「オート」に設定されます。

写真:ピクチャースタイル設定画面
写真:スタンダード作例

鮮やかでくっきりとした仕上がりに。さまざまなシーンに対応できます。

写真:ポートレート作例

女性や子供の明るい肌の色を、やわらかく自然な印象で再現します。

写真:風景作例

空の青、木々の緑をより色鮮やかに再現します。

写真:ニュートラル作例

パソコンで画像処理をすることを前提に、自然な色合いを重視し、メリハリを抑えています。

写真:忠実設定作例

標準的なデイライト光源下で撮影した写真が、測色的に被写体の色とほぼ同じに。

写真:モノクロ作例

印象的なモノクロ写真に。セピアなどの色調も選べます。

ユーザー設定

オリジナルのピクチャースタイルを最大3件まで登録できます。

SD/SDHC/SDXCの3種のSDメモリーカードに対応。

コンパクトデジタルカメラに多く採用されている、SDメモリーカード対応。

記録メディアは、SD/SDHC/SDXCの3種のSDメモリーカードに対応。新高速規格に対応したSDHC/SDXCには、SDスピードクラス10相当の書き込み速度で使用することができます。

スライドショーとともにBGMの再生も。多彩な再生機能。

再生時中にさまざまな機能にアクセスできる、再生時クイック設定。

写真:再生時のクイック設定

再生時に〈クイック設定ボタン〉ボタンを押すと、クイック設定状態に。画面の左側に[画像プロテクト][画像回転][レーティング][クリエイティブフィルター][電子ダイヤルアイコンでの画像送り]が表示され、それぞれの設定を行うことができます。動画表示時は[画像プロテクト][レーティング][電子ダイヤルアイコンでの画像送り]のみ設定可能です。

スライドショー再生時、動画再生時※1に音楽の再生が可能に。

写真:BGM選択/再生画面

BGM※2を再生しながら、スライドショーや動画の再生が楽しめる新機能を搭載しました。BGMはカメラに付属の[EOS Digital Solution disk]に収録。付属ソフトウエア[EOS Utility]を使用して、SDカードに保存することで設定が可能になります。

  • ※1 動画再生時にBGMを設定すると、動画に録音されている音声は再生されません。
  • ※2 WAV形式の音楽ファイル。

カメラ内でお気に入り写真にマーキング。レーティング機能。

撮影した写真に、お気に入りのマークを付加できるレーティング機能を搭載。[OFF/★1個/★2個/★3個/★4個/★5個]のいずれかのマークを付加した画像は、画像送り(ジャンプ表示)とスライドショーで、レーティングごとに再生できます。付属のソフトウエア[Digital Photo Professional][ZoomBrowser EX/ ImageBrowser]で画像を選択する際にも、レーティングマークを付加した画像だけを表示できます。

ENJOY! PHOTO & MOVIE

無線で撮影画像を転送。写真の楽しみ方を新しくするEye-Fiカードに対応。

SDカードに無線LAN(IEEE802.11b/g/n)機能とアンテナを内蔵した「Eye-Fiカード」。撮影した写真を自宅に自動転送したり、インターネット上の写真共有サイトなどにアップしたり、今までできなかった新しい写真の楽しみ方が生まれます。Eye-Fiカードの状態は、液晶モニター上で確認できます。

パソコンいらずで、ダイレクトプリント。PictBridgeに対応。

写真:プリンターとカメラ接続

撮った写真を、ダイレクトにプリントできるPictBridgeに対応。USBケーブルで、EOS Kiss X5とPIXUSをつなぎ、〈イージープリントボタン〉を押すだけ。JPEGだけでなくRAW画像もプリントできます。プリント関連機能も充実。撮影した画像が傾いていたら、カメラで角度を補正できます(0.5度単位±10度)。また、逆光で暗く写ってしまった顔を明るく印刷(顔明るく補正)なども行えます。選べる用紙の種類も豊富。カードサイズ、A4、2L判、L判などからが選べます。

動画も、写真も、フルハイビジョン対応テレビで楽しむ。HDMIケーブル対応。

写真:テレビとカメラの接続写真

HDMI端子の付いたテレビと、ハイスピードHDMIケーブル(別売/HTC-100 オープン価格)で接続すれば、高画質な動画や写真をぞんぶんに楽しむことができます。

  • 動画撮影の場合class6以上のSDカードをご使用することをおすすめします。

外部ストロボと高度の連携。ポップアップ式内蔵ストロボ。

ガイドナンバー約13。対応画角※1は約17mm※2の内蔵ストロボ。

かんたん撮影ゾーンでは、低輝度や日中逆光時に自動的にポップアップして発光※3。応用ゾーンでは、ストロボボタンを押しポップアップさせてから使用します。安定した調光を可能にするE–TTL II自動調光のほか、マニュアル発光(発光量1/1〜1/128、1/3段ステップ)を行うこともできます。

簡単ワイヤレス機能を採用。

写真:内蔵ストロボ機能設定

スレーブ機能を持つスピードライト270EX IIや、スピードライト320EXとの親和性を高めるため、メニューに[簡単ワイヤレス]を新設。チャンネルと調光補正のみのシンプルな設定なので、初心者でもワイヤレスストロボが手軽に楽しめます。

ストロボ1つでワイヤレス多灯ライティング。内蔵スピードライトトランスミッター機能。

ワイヤレス多灯ライティングを、より手軽に楽しむことができる、内蔵スピードライトトランスミッター機能を搭載。これまでのように機材を多く用意することなく、スピードライト270EX II、スピードライト320EXがあれば、手軽に多灯ライティングが楽しめます。

写真をもっと楽しく、自由にする、レンズ&アクセサリー。

EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

写真:EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

35mm判換算で16〜35mm相当をカバーする超広角ズームレンズ。ファインダーをのぞくと目で見た風景よりも、ずっとワイドな世界が待っています。後ろに下がれないシーンで被写体全体を写したり、風景をダイナミックに写したり、写真独自の表現が楽しめます。最短撮影距離は0.24m。花のクローズアップ撮影を楽しみながら、背景の広がりを楽しめます。

EF-S60mm F2.8 マクロ USM

写真:EF-S60mm F2.8マクロUSM

小さな世界を大きく写しとるマクロレンズ。子供の手や足に近づいて、背景を思い切りボカした印象的な撮影も可能。また花や昆虫など、被写体に秘められた造形に迫ることができます。軽量・コンパクトなので持ち運びにも便利。また、通常の中望遠レンズとして、ポートレートや風景撮影などにも活躍します。35mm判換算で96mm相当。

スピードライト270EX II 17,000円(ケース付き、税別)

写真:スピードライト270EX II

約155グラムの軽量・コンパクト&高機能なスピードライトの新型。EOS Kiss X5との連携で、リモコン送信機能を使いながらワイヤレスストロボ撮影が楽しめます。EOS Kiss X5をリモコン受信状態に設定しておけば、スピードライト270EX IIの配置を自由に変えながら、カメラから離れた位置でリモコンによる撮影が可能。また、縦方向0°から90°まで4段階のバウンス機能、2段階のガイドナンバー拡張機能(ガイドナンバーは照射角28mmで約22、55mmで約27も搭載)。

スピードライト320EX 25,000円(ケース付き、税別)

写真:スピードライト320EX

ワンランク上の自由なライティングを楽しめる、スピードライト320EXが新登場。ガイドナンバー24/32の2段階で切り換え可能なG.No拡張機能を搭載。上90°に加え、左180°、右90°のバウンス撮影が可能なので、撮影者の意図に合わせた光のコントロールが可能。またEOSKiss X5やマスター機能を備えたスピードライトEXシリーズとの連携でリモコン送信機能を使いながら、ワイヤレスストロボ撮影も楽しめます。さらにEOSムービー撮影用のLEDライトも搭載。動画撮影のAF補助光として活躍します。LEDライトの有効距離は4m

  • F1.8レンズ仕様時・ISO3200

EOSロングストラップ 各色4,000円(税別)

写真:ストラップ

いつでもカメラを持ち歩きたくなる、レースを使ったかわいいストラップです。素材は本革を使って、本格感も演出。ストラップは斜めがけしやすい、長めの設計です。選べる4色バリエーションをラインアップしました。

パソコンで写真の現像、編集、管理、閲覧を快適に。付属ソフトウエア。

現像、編集、管理、閲覧、カメラの設定まで。使えるソフトウエアを1枚に収録。

[収録ソフトウエア]

RAW画像の現像、高度な編集、プリントを。
Digital Photo Professional(Windows®/Mac)

RAW画像を、手軽に編集して現像。明るさ/コントラスト/彩度の調整、ピクチャースタイル、ホワイトバランスなどの効果も変更できます。また、ノイズリダクションやオートライティングオプティマイザ機能などの画像補正、トリミングなど、多彩な編集機能を搭載。またRAW画像のままプリントすることもできます。

写真:Digital Photo Professional 明るさ補正:補正前 補正後

パソコンへの画像転送、カメラの設定をスムーズに。
EOS Utility(Windows®/Mac)

SDカードをカメラ内に挿入したまま、記録されている画像をパソコンにスピード転送。その他に、撮影した写真の作成者や著作権所有者名、ピクチャースタイルやレンズの周辺光量補正データなど、カメラに設定することができます。また、パソコンからのリモート撮影も行えます。

写真:EOS Utility トップ画面

写真の閲覧、管理。プリントスタイルも多彩。
ZoomBrowser EX / ImageBrowser(Windows®/Mac)

写真:ZoomBrowser EX プレビュー画面

[EOS Utility]による画像転送後、自動的にソフトウエアが起動。多彩な閲覧モードを搭載しています。また、動画作品づくりをサポートする、編集機能も搭載。

  • 動画編集機能で編集した動画は、カメラでは再生できません。

(その他の収録ソフト)

このページのトップへ