一眼レフカメラ/ミラーレスカメラEOS Kiss X7楽しい映像表現

EOS Kiss X7 世界最小・最軽量※の一眼レフ、デビュー。 ※APS-Cサイズ相当の撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラにおいて。2015年2月1日現在(キヤノン調べ)。サイズ:約W116.8×H90.7×D69.4mm。質量:ブラック約370g/ホワイト約373g(本体のみ)。

[フルハイビジョン動画撮影機能]大型CMOSセンサーならではの高画質ムービー。

EOS Kiss X7の動画は、オートフォーカスも快適。

写真:電源スイッチ・動画撮影モード

映画やCM撮影で使われるEOSムービーで、こどもの日常をキレイに残しませんか? 大型CMOSセンサーならではのクオリティーの高いフルハイビジョン動画が手軽に楽しめます。また、一眼レフカメラなのでレンズ交換も可能。ボケ味の美しい表現や、特殊レンズによるユニークな表現などを楽しめる、60種類を超えるEFレンズを装着できます。さらに、ハイブリッド CMOS AF IIにより、高速・高精度なオートフォーカスが画面の広範囲で行えます。動画撮影モードは電源スイッチをアイコン:動画撮影モードに合わせ、アイコン:ライブビュー/動画撮影ボタンを押すだけなので、ムービーチャンスにすばやく対応できます。

  • EF-Mレンズは装着できません。

被写体の動きを追いかけピントを合わせ続ける、動画サーボAF※1

動画撮影中※2※3に、動く被写体に自動でピントを合わせ続ける動画サーボAF。リードスクリュータイプのステッピングモーター(STM)搭載レンズを装着すれば、より静かでスムーズな動画サーボAFが可能です。

写真:動く被写体追従のイメージ

画面にタッチするだけ。動画撮影時の3つのAF方式。

ピントを合わせたいところに触れるだけで、快適オートフォーカス。ライブビュー撮影と同じ仕組みの[アイコン:フェイスキャッチ+追尾優先AF/ライブ多点AF/ライブ1点AF]を採用しています。AF方式の切り替えも、タッチ操作でかんたんに行えます。

動画撮影をもっと楽しめる、ジオラマ風動画※1 ※2 ※3

写真:ジオラマ風動画 作例

ミニチュアの世界をつくる[ジオラマ風動画]を楽しめます。撮影時に、再生速度を[しない/5倍/10倍/20倍]から選択可能。ミニチュア模型が早く動いているような表現ができます。また、くっきりと見せたい部分も選べます。

  • ※1音声は録音されません。
  • ※2AF方式はライブ1点AFで、白枠の中央にピントが合います。
  • ※3ジオラマ風動画撮影中は、静止画撮影はできません。
写真:ジオラマ風動画

動画を1分間撮影したときの倍速と再生時間の目安

倍速設定 再生時間
5倍速 約12秒
10倍速 約6秒
20倍速 約3秒

動画撮影中の静止画撮影が可能。

動画撮影中、シャッターボタンを全押しすることで静止画撮影が可能。フルハイビジョン画質、ハイビジョン画質で撮影した場合は16:9の比率で、SD画質で撮影をした場合は4:3の比率で静止画が記録されます。

3種類※1から選べる記録画質。

記録画質は[1920×1080画素]のフルハイビジョン画質、[1280×720画素]のハイビジョン画質、[640×480画素]のSD(標準)画質。フルハイビジョン画質は30/25/24、ハイビジョン画質は60/50、SD画質は30/25fps※2のフレームレートに対応しています。

記録画質とフレームレート表

画像サイズ フレームレート
1920×1080(Full HD 画質) 30p
25P
24P
1280×720(HD 画質) 60P
50P
640×480(SD 画質) 30P
25P

30P:29.97fps、25P:25.00fps、24P:23.98fps、60P:59.94fps、50P:50.00fps

イメージ通りの動画撮影を楽しめる、マニュアル露出撮影。

シャッター速度と絞り数値、ISO感度をイメージに合わせて設定可能。こだわりの動画撮影が楽しめます。シャッター速度は高速側で1/4000秒、低速側で24/25/30fps時に1/30秒、50/60fps時に1/60秒以上で設定可能。ISO感度は[自動/手動]から選択でき、それぞれISO100~6400(手動設定時はISO感度拡張によりISO12800)の範囲で設定できます。

録音時に風の音を低減する、ウィンドカット対応。

写真:録音メニュー
録音メニュー設定画面

撮影時、風の音の影響を低減するウィンドカットに対応。風の音を気にせず撮影できます。また、静かなオートフォーカスを実現するリードスクリュータイプのSTM搭載レンズとの組み合せで、より静かに録音可能。録音レベルは[オート/マニュアル]に切り替えることができます。マニュアル録音レベルは64 段階から、再生音量の設定レベルは11 段階から調整可能。大きな音が入力されたときの音割れを緩和するアッテネーター機能も搭載しています。

スナップ写真を撮る感覚でショートムービーが作れる、ビデオスナップ機能。

写真:ビデオスナップ設定画面
ビデオスナップ設定画面

1シーンを長時間撮影しても、テンポのいい動画作品にはなりません。ビデオスナップ機能を使えば、短い動画(シーン)をつなぎ合わせて、リズム感のあるショートムービーが作れます。1シーンの撮影時間は、[約2/4/8秒]※から選択。アイコン:ライブビュー/動画撮影ボタンを押して撮影をスタートすると、設定した時間で自動的に撮影が停止します。アルバムの設定は、項目を選ぶだけでかんたんに設定可能。[撮影をしない]や秒数を切り替えるなどの動作を行うと、新規のビデオスナップアルバムとして保存されます。パソコンを使えば、好みのBGMを流しながら再生することもでき、家族や友だちと楽しく鑑賞できます。またEOS Kiss X7は、連続して撮影したいとき、撮影確認画面を[表示しない]に設定可能。すぐに次の撮影ができます。

  • 1つのビデオスナップアルバムに、異なる秒数を混在させることはできません。
ビデオスナップアルバムの概念図
ビデオスナップアルバムの概念図

動画の編集作業がカメラ内で可能。

パソコンに取り込まなくても、不要なシーンのカットが可能。保存されたアルバム内のスナップの入れ替えや削除も、カメラだけでかんたんに行えます。たとえば、動画を前後約1秒単位で削除できます。編集した動画は、上書き保存・新規保存が可能です。

より快適な動画撮影のために、おすすめしたいこと。

EOSムービーの詳しい紹介はこちら EOS MOVIE SPECIAL SITE 別ウインドウで開きます。Flashプラグインが必要です。

[クリエイティブフィルター]撮る前も撮った後も、自分好みの表現に。

選べるフィルター効果は、全7種類。

写真:クリエイティブフィルター設定画面
クリエイティブフィルター設定画面

フィルター効果を選んで、自分好みの一枚に仕上げることができるクリエイティブフィルター。EOS Kiss X7では、撮影前でもライブビュー映像上で、実際の効果を確認しながら設定、そのまま撮影することができます。撮影後も、画面に表示されるフィルター効果を見ながら処理が可能。フィルター処理後は、別画像として保存できます。選べるフィルター効果は、[油彩風/水彩風/ジオラマ風/魚眼風/ラフモノクロ/ソフトフォーカス/トイカメラ風]の全7種類です。

  • 記録画質がRAW、RAW+JPEG(ラージ/ファイン)のときや、AEB、ホワイトバランスブラケティング、マルチショットノイズ低減機能を設定しているときは確認できません。

油彩風

写真:油彩風 作例

被写体の立体感を強調し、油絵のような仕上がりに。効果の調整で、コントラストや彩度を変えることができます。※1

水彩風

写真:水彩風 作例

水彩画のような写真で、やわらかい感じの色彩に。色の濃度を変えることができます。※2

ジオラマ風

写真:ジオラマ風 作例

ジオラマ(ミニチュア)風の写真に。くっきり見せたい部分を変えることができます。

魚眼風

写真:魚眼風 作例

魚眼レンズで撮影したような、タル形にゆがんだ写真に。ゆがむ強さを調整できます。※3

ラフモノクロ

写真:ラフモノクロ 作例

ざらついた印象の白黒写真に。コントラストの調整で、その印象も変えられます。

ソフトフォーカス

写真:ソフトフォーカス 作例

やわらかい感じの写真に。ぼかし具合の調整で、やわらかさの感じを変えられます。

トイカメラ風

写真:トイカメラ風 作例

トイカメラのような独特の色調の写真に。色調整で、色の感じを変えられます。

[ピクチャースタイル]思いのままに写真の色彩を楽しめる。

7種類の色彩効果からセレクト。

写真:ピクチャースタイル
ピクチャースタイル設定画面

ピクチャースタイルは、写真をイメージした色彩に仕上げることができます。カメラに搭載されている色彩は7種類。また、キヤノンのホームページから、[紅葉][エメラルド][トワイライト]など、ひと味違うピクチャースタイルもダウンロード可能。付属ソフトウエアを使えば、ダウンロードしたファイルをカメラに登録して撮影時に使うことができます。

きめ細かく色彩を調整。ピクチャースタイルオート

写真:ピクチャースタイル オート 作例

被写体やシーンに合わせて、適切な色彩調整を行うピクチャースタイル[オート]。EOSシーン解析システムで得られた情報を基に、きめ細かく色彩を調整します。とくに青空、緑、夕景など、色鮮やかな一枚に。[かんたん撮影ゾーン]では、すべてピクチャースタイル[オート]に設定されます。

  • 既存のピクチャースタイルを自動選択する機能ではありません。

アイコン:スタンダード スタンダード

写真:スタンダード 作例

鮮やかでくっきりとした仕上がりに。さまざまなシーンに対応できます。

アイコン:ポートレート ポートレート

写真:ポートレート 作例

女性やこどもの明るい肌の色を、やわらかく自然な印象で再現します。

アイコン:風景 風景

写真:風景 作例

空の青、木々の緑をより色鮮やかに再現します。

アイコン:ニュートラル ニュートラル

写真:ニュートラル 作例

パソコンで画像処理をすることを前提に、自然な色あいを重視し、メリハリを抑えています。

アイコン:忠実設定 忠実設定

写真:忠実設定 作例

標準的なデイライト光源下で撮影した写真が、測色的に被写体の色とほぼ同じに。

アイコン:モノクロ モノクロ

写真:モノクロ 作例

印象的なモノクロ写真に。白黒のほか、セピア/青/紫/緑などの色調も選べます。

アイコン:ユーザー設定1 アイコン:ユーザー設定2 アイコン:ユーザー設定3 ユーザー設定

オリジナルのピクチャースタイルを最大3件まで登録できます。

[付属ソフトウエア]写真の現像、編集、管理、閲覧が、パソコンでかんたん。

高機能アプリケーションを1枚に凝縮。

RAW画像の現像&編集
[Digital Photo Professional](Windows®/Mac)

撮った後のRAW画像を思いのままに、パソコンでかんたん編集。明るさやコントラスト、彩度、ピクチャースタイル、ホワイトバランスなど、画質をほとんど劣化させることなく編集できます。多彩な機能も搭載し、ノイズリダクションやオートライティングオプティマイザ機能での画像補正、レンズの収差補正、トリミングなどが可能です。また、RAW画像のままプリントすることもできます。

写真:DPP補正前|補正後

パソコンへの画像転送&カメラ設定
[EOS Utility](Windows®/Mac)

SDカードをカメラ内に挿入したまま、大量の画像データを一括して、スピーディーにパソコンに取り込めます。さらに、撮影した写真の作成者や著作権所有者名などの登録や、レンズの周辺光量補正データの追加が可能。カメラをパソコン画面からリモートコントロールし、精密なピント合わせや撮影も行えます。

写真や動画の管理&編集
[ImageBrowser EX](Windows®/Mac)

写真:ImageBrowser EX
ImageBrowser EX

画像の閲覧から編集、整理、分類、印刷が行えます。大量の画像を、撮影日や操作履歴などで分類可能。JPEG画像の色あいや明るさ、トリミング、360°のパノラマ合成をはじめ、動画へのテキストやエフェクトの追加など、作品づくりをサポートする編集作業が行えます。

  • 動画編集機能で編集した動画は、カメラでは再生できません。

その他の収録ソフト

[フォトブック指定]写真のグループ分けがかんたん。

フォトブックの注文やプリントが快適に。

写真:フォトブック指定画面
フォトブック指定画面

インターネットでのフォトブック注文やPIXUSなどでプリントするときに役立つフォトブック指定。画像を選んで、フォトブック用に指定(最大998枚)できます。[1枚ずつ指定/フォルダー指定/カード内の全画像指定]から選び、付属ソフトウエア[EOS Utility]を使ってパソコンに取り込むことで、指定した画像を専用のフォルダーにコピーできます。

このページのトップへ