一眼レフカメラ/ミラーレスカメラEOS Kiss X7小型・軽量ボディー

EOS Kiss X7 世界最小・最軽量※の一眼レフ、デビュー。 ※APS-Cサイズ相当の撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラにおいて。2015年2月1日現在(キヤノン調べ)。サイズ:約W116.8×H90.7×D69.4mm。質量:ブラック約370g/ホワイト約373g(本体のみ)。

世界最小・最軽量※1のデジタル一眼レフカメラ

EOS Kissの高画質・高性能が、手のひらサイズに。

EOS Kiss X7は、デジタル一眼レフカメラながらも、約370g(ブラック・本体のみ)※2の軽量設計。体積は、従来機※3と比べ、約25%の小型化を実現しています。カメラ内部の構造を大幅に見直し、シャッターユニットやCMOSパッケージ、メイン基板の小型化にも成功しました。もちろん動く被写体のシャッターチャンスに強い、光学ファインダーの一眼レフカメラの魅力はそのまま。小型化しても、操作性は快適。ボタンレイアウトとボディーデザインを見直すことで、ボタンを押しやすく、ホールド性も維持しています。

写真:EOS Kiss X7とEOS Kiss X6iのサイズ比較

[小型・軽量化のための主なメカニズム]

1 CMOSパッケージ

薄くて小さいLGA(Land Grid Array)パッケージを採用。リード(端子)分の高さと厚みを削減。

2 新開発シャッターユニット

新構造を採用することで、従来のシャッターユニットから大幅な小型化を実現。

3 メイン基板

本体の小型化に対応し、高密度実装による小型メイン基板、CMOSパッケージの小型化による小型CMOS基板を実現。

写真:背面実装の大きさ比較:EOS Kiss X7とOS Kiss X6i
EOS Kiss X7 特長紹介ページへ

小型化と快適な操作性&ホールド性を両立。

小型化しても操作性とホールド性を損なうことなく、使いやすいフォルムを追求しました。

写真:レリーズボタン

シャッターボタンを突出させ、押しやすい位置に配置。

写真:グリップ

グリップの突出量を抑えながら、快適なホールド性を実現。

写真:AEロック、AFフレーム

AEロックボタン、AFフレーム選択ボタンを縦に配置。

写真:SETボタン

クイック設定ボタンを設定ボタンに統合。操作しやすい十字キー。

写真:モードダイヤル

360°回転できるモードダイヤル。

写真:動画撮影モード

動画撮影モードを電源レバーに配置。

キヤノンの一眼レフカメラ初となる、ホワイトボディー。

写真:EOS Kiss X7(ホワイト)

ブラックに加えて、ホワイトカラーをラインアップ。高級感と軽快感を追求しました。さらに、ホワイトボディーにマッチする、ホワイトカラーのレンズもご用意。EF40mm F2.8 STM(ホワイト)に加えて、EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM(ホワイト)が登場しました。

[光学ファインダー]広くて、見やすい快適な視野。

ファインダー倍率約0.87倍、視野角約24.5°で快適性が向上。

ファインダーをのぞきながら撮るという撮影スタイルは、一眼レフカメラならでは。ここ! というシーンでシャッターボタンを押せば、その瞬間を写真にすることができます。とくに動きが予測できないこどもやペットなどの撮影は、光学ファインダーが有利です。EOS Kiss X7は、ファインダー倍率約0.87倍、視野角約24.5°の新しい光学ファインダーを採用。小型ボディーながらも、視野の広さと見やすさにこだわりました。

[高性能キットレンズ]EOS Kiss X7にベストマッチ。

EF40mm F2.8 STM(ホワイト)

写真:EF40mm F2.8 STM(ホワイト)

軽量・コンパクトなパンケーキレンズに、ホワイトカラーが登場。EOS Kiss X7のホワイトボディーにマッチする一本です。装着時も、わずか約503g(レンズとボディー本体のみ)のため、気軽に持ち運べます。ステッピングーモーター(STM)搭載により、オートフォーカスが静かでスムーズ。7枚羽根の円形絞りで、写真も動画も、美しいボケ味が楽しめます。

下記のキットに付属しています。

  • EOS Kiss X7(ホワイト)・ダブルレンズキット

EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM 36,000円(税別)

高画質を実現する高精度非球面レンズを採用した標準ズームレンズ。ライブビュー&動画撮影時の、静かでスムーズなオートフォーカスを実現するステッピングモーター(STM)を搭載しています。最大撮影倍率は0.36倍を達成。より被写体にクローズアップして撮影できます。

写真:EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM

下記のキットに付属しています。

  • EOS Kiss X7(ブラック)・
    EF-S18-55 IS STM レンズキット
  • EOS Kiss X7(ブラック)・
    ダブルズームキット
写真:EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM

下記のキットに付属しています。

  • EOS Kiss X7(ホワイト)・
    ダブルレンズキット 2
  • ホワイトカラーはレンズ単体での販売はございません。

おもな特長

レンズ駆動音を抑える静音設計。

新タイプの6群ズームや新設計のフォーカス機構、さらにはリードスクリュータイプのステッピングモーター(STM)を採用し、静かでスムーズなオートフォーカスを実現。動画撮影中の音声記録時も安心です。

ズーム全域で高画質&美しいボケを実現。

高精度非球面レンズを採用し、高解像・高コントラストな描写を実現。7枚羽根の円形絞りにより、美しいボケを楽しめます。さらに、レンズ配置とコーティングを最適化することで、逆光撮影時にレンズ内で発生する光の不要な反射を抑え、画質の低下を防ぎます。

さらにクローズアップできる、最大撮影倍率0.36倍。

最大撮影倍率の数値が1(等倍)に近づくほど、原寸大に近い大きさで被写体を撮影できます。EF-Sレンズの中で最大※1の撮影倍率で、被写体に迫った撮影が可能です。

広角から中望遠まで、一本でカバー。

スナップやポートレート、風景など、さまざまな被写体に対応。EOS Kiss X7に装着すると、29~88mm相当(35mm判換算)の幅広いズーム域が楽しめます。

高性能な手ブレ補正機構を搭載。

シャッター速度換算で3.5段分※2の手ブレ補正効果を発揮。通常撮影と流し撮りをレンズが判別し、適切な手ブレ補正モードに自動で切り替えます。

EF-S55-250mm F4-5.6 IS II 45,000円(税別)

写真:EF-S55-250mm F4-5.6 IS II

こどもの運動会や発表会、動物園など、遠くの被写体をアップで撮影したいときに活躍する望遠ズームレンズ。手ブレ補正効果は、シャッター速度換算で約4段分。夕暮れ時や夜景撮影、三脚を使用しない手持ち撮影時も安心です。EOS Kiss X7に装着すると、88~400mm相当(35mm判換算)で撮影できます。

下記のキットに付属しています。

  • EOS Kiss X7(ブラック)・ダブルズームキット

[レンズ内手ブレ補正機構(イメージスタビライザー)]気になる手ブレをしっかり補正。

高精度な手ブレ補正を実現。レンズ内手ブレ補正機構。

バッチリ撮れたと思ったら、写真がブレていた……。その原因の多くは"手ブレ"にあります。光量が足りないシーンでは、カメラが適切な量の光を取り込もうとするため、シャッターが開いている時間が長くなり、わずかな手ブレも写真に反映されてしまいます。キヤノンは、手ブレの影響を軽減するレンズ内手ブレ補正機構(イメージスタビライザー)を採用。夕暮れ時や室内での撮影をはじめ、手ブレしやすい望遠ズームでの手持ち撮影でも活躍します。

レンズ内手ブレ補正の強みはここ!

レンズ内手ブレ補正には、メリットがあります。それは、ファインダー内の映像の揺れ動きを止められること。つねにレンズ内で補正を行っているため、ファインダーをのぞいて見たときの被写体が安定し、構図決めやピント合わせが快適に行えます。さらに広角から望遠まで、レンズ一本一本の特性に合わせて最適な設計をしているので、高精度に補正することができます。

写真:レンズ内手ブレ補正
このページのトップへ