一眼レフカメラ/ミラーレスカメラEOS Kiss X7i高感度・高画質

バリアングル液晶&タッチオートフォーカス EOS Kiss X7i

暗いシーンでも高画質な一枚。[高ISO感度]

暗いシーンにさらに強く。クラスを超える常用ISO感度100~12800(拡張ISO25600)

写真:ISO12800 作例ISO12800で撮影

ISO感度を高く設定できるカメラなら、高感度でもノイズを抑えて美しい写真を撮ることができます。常用ISO感度100~12800(拡張ISO25600)を達成。明るい場所だけでなく光量の少ない夜や薄暗い室内でも、手ブレを防げるくらいの速いシャッター速度で撮影できるので、手持ち撮影の自由度も広がります。まさに時間や場所を選ばない、シャッターチャンスに、とっても強いカメラなのです。

  • 推奨露光指数。動画撮影時はISO100~6400(拡張ISO12800)

ISO100から使える。低感度でも撮れるから、より高精細な一枚に。

写真:ISO100 作例ISO100で撮影

低感度の魅力は何でしょうか。それは、より高精細に撮れるということです。高感度を追求すると、低感度を犠牲にしがちですが、EOS Kiss X7iは広い感度域にこだわっています。美しい風景など、絞りを絞って高精細に撮影するときは、ISO 100に設定してください。緻密で滑らかな写真が撮れます。

ISO感度の設定に迷ったら、ISOオートにおまかせ。

写真:上限設定画面

撮影シーンによって、ISOの設定は異なります。設定に迷ってしまったときに便利なISOオートを搭載。撮影時の光量に合わせて、カメラが自動的にISO感度を設定(ISO100~6400の間)。また[応用撮影ゾーン]では、ISOオートの上限が設定(ISO400~6400の間)できます。画質やグラデーションを優先したいときは、上限を低く設定。シャッター速度を優先したいときは、上限を高めに設定するなど、シーンに合わせて使い分けることができます。

  • 「ポートレート」モードはISO100固定。「ストロボ撮影時」はISO400固定となります。ただし、日中シンクロで露出オーバーになる場合は、最低ISO100。また、「クリエイティブオート」モード、「ポートレート」モード、「風景」モード、「クローズアップ」モード、「スポーツ」モード、「プログラムAE」モードで外部ストロボバウンス使用時は、明るさに応じてISO400~1600の自動設定になります。なお、上限設定値をISO400またはISO800に設定した場合は、ISO400から設定した上限設定になります。

高速で画像処理。[映像エンジンDIGIC 5]

高感度・高画質&多彩な高性能の秘密。

写真:映像エンジンDIGIC5

レンズを通してCMOSセンサーが受けた豊富な光の情報を、画像情報に変換する映像エンジン。EOS Kiss X7iは、先進のDIGIC 5を搭載。常用ISO感度100~12800(拡張ISO25600)や最高約5コマ/秒の高速連写をはじめ、マルチショットノイズ低減機能、HDR逆光補正などの高画質機能を実現。さらに、ハイブリッド CMOS AFなど数多くの機能にも貢献しています。

自然で滑らかなグラデーション。14bit信号処理。

写真:14bit・階調

上位機種と同じ信号処理能力を持つ14bit A/D変換(16384階調)を採用。階調性豊かな表現が可能です。

自社開発・自社生産。
[約1800万画素CMOSセンサー]

その一枚が、写真作品になる。撮るたびに、感動画質。

写真:約1800万画素CMOSセンサー

キレイに撮れるから、デジタル一眼レフカメラ。その思いにこたえるのは、やっぱりKissです。EOS Kiss X7iは、約1800万画素の大型CMOSセンサーを搭載。肌の質感、光の雰囲気、その場の空気感、微妙な色彩など、目で見た世界を感動画質で切り取ることができます。最高約5コマ/秒対応の高速読み出し、撮像面位相差AF(ハイブリッド CMOS AF)、省電力化などを実現しています。約1800万画素の高画質をより実感するなら、A3などの大判プリントをお試しください。

  • APS-Cサイズ、有効撮影画角はレンズの表記焦点距離の約1.6倍相当。

一眼レフならではの、背景をぼかした一枚もかんたん。

写真:背景ぼかし 作例

EOS Kiss X7iのような大型センサーは、高画質な写真を撮る上でとても重要な要素です。センサーサイズが大きいほど取り込める光の量、つまり情報量が多くなるからです。被写体の質感や空気感まで捉える緻密な描写力に加え、ノイズも大幅に抑えることができます。背景をぼかした写真も、大型センサーならではの表現です。

記録画質は、用途に合わせて選べる全10種類。

撮影してから画像編集が楽しめるRAWをはじめ、L判サイズのプリントやデジタルフォトフレームの再生に適したS2(約250万画素)、ウェブサイトへのアップ、メール添付用に適したS3(約35万画素)など、用途に合わせて全10種から記録画質を選ぶことができます。

10種類の記録画質

記録画質 記録画素数
(画素)
ファイルサイズ
(約・MB)
撮影可能枚数
(約・枚)
L ラージ ファイン 5184x3456(約1790万) 6.4 1140
L ラージ ノーマル 5184x3456(約1790万) 3.2 2240
M ミドル ファイン 3456x2304(約800万) 3.4 2150
M ミドル ノーマル 3456x2304(約800万) 1.7 4200
S1 スモール1 ファイン 2592x1728(約450万) 2.2 3350
S1 スモール1 ノーマル 2592x1728(約450万) 1.1 6360
S2 スモール2(ファイン) 1920x1280(約250万) 1.3 5570
S3 スモール3(ファイン) 720x480(約35万) 0.3 21560
RAW ロウ 5184x3456(約1790万) 24.5 290
RAW+L ロウ+ラージ ファイン 5184x3456(約1790万) 24.5+6.4 230

カメラ内部で、撮った写真を小さくリサイズ。

写真:カメラ内リサイズ設定画面

L(ラージ/ファイン)など、大きなサイズの記録画質で撮影したJPEG画像※1を、カメラ内部で縮小(リサイズ※2)可能。リサイズ処理を行った画像は、別画像として保存できます。

  • ※1 JPEGのS3とRAWで撮影した画像はリサイズできません。
  • ※2 アスペクト比の変更はできません。

リサイズ処理によるアスペクト比と画素数※1

記録画質 アスペクト比と画素数
3:2 4:3 16:9 1:1
ミドル 3456x2304
(約800万)
3072x2304
(約700万)
3456x1944
(約670万)
2304x2304
(約530万)
スモール1 2592x1728
(約450万)
2304x1728
(約400万)
2592x1456※2
(約380万)
1728x1728
(約300万)
スモール2 1920x1280
(約250万)
1696x1280※2
(約220万)
1920x1080
(約210万)
1280x1280
(約160万)
スモール3 720x480
(約35万)
640x480
(約31万)
720x400※2
(約29万)
480x480
(約23万)

高次元にノイズを軽減。[ノイズ低減機能]

さらなる効果を生み出す、2つのノイズ低減機能。

大型CMOSセンサーの高性能化や高ISO感度化により、EOS Kiss X7iのノイズ対策は、高い水準を達成しています。特に高感度撮影時のノイズ低減には、従来よりもノイズを減らし、かつ解像感も確保するマルチショットノイズ低減機能を搭載しています。

解像感を残したままノイズを減らす。マルチショットノイズ低減機能。

写真:マルチショットノイズ低減機能設定画面

高感度撮影時のノイズ対策として、マルチショットノイズ低減機能を搭載。解像感を残したままノイズを抑制し、美しい写真に仕上げることができます。一度シャッターボタンを押すだけで、4枚の画像を撮影しカメラが自動合成するだけでなく、自動で位置合わせを行うため、手持ち撮影も可能※1です。高感度撮影時のノイズ低減設定は、[しない/弱め/標準/強め※2/マルチショットノイズ低減※2]から選ぶことができます。

  • ※1 画面全体をズレなく合わせるためには三脚の使用をおすすめします。
  • ※2[強め]設定時は、連続撮影可能枚数が大幅に減少します。

長秒時露光撮影時のノイズ低減も可能。

露光時間1秒以上のすべての撮影においてノイズ低減を行う[する]、ノイズが検出された場合のみノイズ低減を行う[自動]から選択できます。

レンズ本来の高画質を活かす。[レンズ光学補正]

レンズの性能をさらに引き出す、2つのアプローチ。

従来のレンズ周辺光量補正に加え、レンズ色収差補正が設定できます。カメラには使用頻度が高い約25本分のEFレンズの補正用データが登録済み。付属ソフトウエア[EOS Utility]で登録レンズの確認や、未登録レンズの補正用データの登録ができます。

レンズ色収差補正

被写体の輪郭部分に現れることのある「色のにじみ」などを補正。EFレンズの持つ解像感の高い描写力を発揮することができます。

レンズ周辺光量補正

主に広角レンズを使用して、絞りを開放付近で撮影すると、画像の四隅が暗くなる場合があります。レンズの周辺画角において光量が不足することで起こるこの現象を、レンズの周辺光量補正機能で自動補正します。

周辺光量・初期登録レンズ

EF20mm F2.8 USM EF-S10-22mm F3.5-5.6 USM EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS
EF24mm F2.8 IS USM EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS EF24-105mm F4L IS USM
EF28mm F1.8 USM EF17-40mm F4L USM EF28-135mm F3.5-5.6 IS USM
EF28mm F2.8 IS USM EF-S17-55mm F2.8 IS USM EF-S55-250mm F4-5.6 IS II
EF35mm F2 EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM EF70-200mm F4L USM
EF35mm F2 IS USM EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II EF70-200mm F4L IS USM
EF40mm F2.8 STM EF-S18-55mm F3.5-5.6 III EF70-300mm F4-5.6 IS USM
EF50mm F1.4 USM EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM EF70-300mm F4-5.6L IS USM
EF50mm F1.8 II EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS
EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

RAWで記録した画像は、付属ソフトウエアで補正可能。

付属ソフトウエアの[Digital Photo Professional]なら、RAW画像のレンズ収差補正が可能。より高精度に行うことができます。

白トビを抑える。[高輝度側・階調優先機能※1※2

グレーからハイライトまでしっかりと描写。

写真:高輝度側・階調優先機能の比較 作例

日差しの強い場所で撮影をすると、ハイライト部分が白トビしてしまうことがあります。白トビすると、白い部分にデータが残らず、ディテールまで表現できません。高輝度側・階調優先機能は、ダイナミックレンジを高輝度側に拡大することで、白トビを抑制。グレーからハイライトまで豊かな階調で描写することができます。設定時は撮影機能の設定状態表示とファインダー内(ライブビュー撮影時は液晶モニター上)に、高輝度側・階調優先が設定中であることを示す[D+]が表示されます。

  • ※1 輝度側・階調優先機能を[する]にすると、オートライティングオプティマイザは自動的に[しない]になります。また、ISO感度の設定範囲は200~12800となります。
  • ※2 カスタム機能で設定できます。

明るさを自動補正。
[オートライティングオプティマイザ機能]

顔が暗く写っても自動的に補正。

逆光に強いのもEOS Kiss X7iの特長のひとつ。オートライティングオプティマイザ機能におまかせください。暗く写った写真は、好ましい明るさに、コントラストが低い写真はメリハリのある仕上がりに、カメラが自動で補正。さらにEOSシーン解析システムにより、高精度な補正効果を実現。顔が暗くなりがちな逆光シーンはもちろん、風景やスナップ写真に便利です。また日中シーンでは、青空が白トビしないよう適切な露出補正を実行。補正の強弱も調整できます。カメラのカスタム機能から[しない/弱め/標準/強め]の4段階から選んでください。

逆光で人物を撮影した場合(顔検知)

写真:逆光で人物を撮影した場合 作例

太陽などの光源が被写体の後ろにあると逆光になり、被写体が暗く写ることがあります。顔が暗く写ったときは顔を検知して、自然な明るさに補正します。

ストロボ光量不足(顔検知)の場合

写真:ストロボ光量不足(顔検知)の場合 作例

内蔵ストロボを発光しても、カメラと被写体との距離が離れ過ぎていると、光量が十分に届かず暗い写真に。暗く写ってしまった顔を検知して、明るく補正します。

AE露出アンダーの場合

写真:AE露出アンダーの場合 作例

構図の中に白い面積(雪景色や白い壁など)が多く、写真全体が暗く仕上がってしまったときは、好ましい明るさに補正します。

低コントラストの場合

写真:低コントラストの場合 作例

曇天や霧の多い風景の撮影時は、メリハリの弱い写真に仕上がることがあります。その場合は、明るい部分は少し明るく、暗い部分は少し暗く補正し、コントラストを調整します。

写真も動画も、快適・高画質で撮れる。
[高性能キットレンズ]

EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM 46,000円(税別)

写真:EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM

EF-Sレンズ初、手ブレ補正機構を搭載した、小型・軽量の超広角ズームレンズ。広大な風景をワイドに写すことも、遠近感を強調した表現も、高画質に楽しめます。静かでスムーズなオートフォーカスを実現する、ステッピングモーター(STM)を搭載。快適な動画撮影をサポートします。

下記のキットに付属しています。

  • EOS Kiss X7i・トリプルズームキット

[おもな特長]

ワイドに撮れる超広角ズームレンズ。

EOS Kiss X7iに装着しても、ワイド端は35mm判換算で16mm相当の広々な画角。被写体から距離をとれない屋内や、広大な風景の撮影などで活躍します。

ユニークな表現も思いのまま。

被写体に思い切り寄って撮影できる、最短撮影距離22cmを実現。主役を大きく、背景も広く写し込むといった、独特な表現が気軽に楽しめます。

軽量・コンパクトと高画質を両立。

日常や旅にも気軽に持ち運びできる軽量・コンパクトサイズ。また、色収差を高度に補正するUDレンズを採用するなど、ズーム全域で高画質を実現しています。

高性能な手ブレ補正機構を搭載。

補正効果は、シャッター速度換算で4.0段分を達成。三脚を使えない場合や屋内のような暗いシーンなど、手ブレしやすい場面でも活躍。また、通常撮影と流し撮りをレンズが判別し、適切な手ブレ補正モードに自動で切り替えます。

  • CIPA ガイドライン準拠/焦点距離18mm、35mm判換算29mm、EOS 7D使用時

EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM 50,000円(税別)

写真:EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM

写真も動画も、静かでスムーズなオートフォーカスを実現する、ステッピングモーター(STM)搭載の軽量・コンパクトな望遠ズームレンズ。被写体に近づけないシーンを快適・高画質に記録できます。ズーム全域で0.85mの最短撮影距離を活かして、クローズアップ撮影を楽しめるのも魅力です。

下記のキットに付属しています。

  • EOS Kiss X7i・ダブルズームキット
  • EOS Kiss X7i・トリプルズームキット

[おもな特長]

標準から望遠まで一本でカバー。

風景写真から、被写体に近づけないシーンまで、一本で撮影可能。EOS Kiss X7iに装着すると、88~400mm相当(35mm判換算)で撮影できます。

オートフォーカスが静かでスムーズ。

動画撮影中の静かでスムーズなオートフォーカスを実現する、リードスクリュータイプのステッピングモーター(STM)を採用。静止画撮影時においても高速&静音なオートフォーカスが可能です。

クローズアップ撮影が楽しめる最短撮影距離0.85m。

新タイプの6群ズームレンズを開発。従来機種のEF-S55-250mm F4-5.6 IS IIと比較して、最短撮影距離の短縮化に成功しました。ズーム全域で0.85mの最短撮影距離を実現。被写体により近づいて撮影することができます。

軽量・コンパクト設計。

375gと軽量なので、旅行などの際にも持ち運びがらくらく。望遠ズームレンズでありながら、コンパクトなボディーサイズも魅力です。

ズーム全域で高画質&美しいボケ味。

にじみなどの収差を効果的に補正するUDレンズを採用することで、ズーム全域で高画質を実現。7枚羽根の円形絞りにより、美しいボケ味も楽しめます。さらに、レンズ配置&コーティングを最適化することで、逆光撮影時にレンズ内で発生する光の不要な反射を抑え、画質の低下を防ぎます。

ズーム撮影中でも高精度な手ブレ補正。

手ブレが起こりやすい望遠撮影時も高精度に手ブレを抑えます。また、通常撮影と流し撮りをレンズが判別し、適切な手ブレ補正モードに自動で切り替えます。

EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM 36,000円(税別)

写真:EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM

静かでスムーズなオートフォーカスを実現する、ステッピングモーター(STM)を搭載した標準ズームレンズ。高精度非球面レンズを採用するなど、EFレンズならではの高画質も追求。最大撮影倍率は0.36倍を達成し、より被写体をクローズアップして撮れるようになりました。

下記のキットに付属しています。

  • EOS Kiss X7i・EF-S18-55 IS STM レンズキット
  • EOS Kiss X7i・ダブルズームキット
  • EOS Kiss X7i・トリプルズームキット

[おもな特長]

レンズ駆動音を抑える静音設計。

新タイプの6群ズームや新設計のフォーカス機構、さらにはステッピングモーター(STM)を採用し、静かでスムーズなオートフォーカスを実現。動画撮影中の音声記録時も安心です。

ズーム全域で高画質&美しいボケを実現。

高精度非球面レンズを採用し、高解像・高コントラストな描写を実現。7枚羽根の円形絞りにより、美しいボケを楽しめます。さらに、レンズ配置&コーティングを最適化することで、逆光撮影時にレンズ内で発生する光の不要な反射を抑え、画質の低下を防ぎます。

さらにクローズアップできる、最大撮影倍率0.36倍。

最大撮影倍率の数値が1(等倍)に近づくほど、原寸大に近い大きさで被写体を撮影できます。EF-Sレンズの中で最大の撮影倍率で、被写体に迫った撮影が可能です。

広角から中望遠まで、一本でカバー。

スナップやポートレート、風景撮影など、さまざまな被写体に対応。EOS Kiss X7iに装着すると、29~88mm相当(35mm判換算)の幅広いズーム域が楽しめます。

高性能な手ブレ補正機構を搭載。

通常撮影と流し撮りをレンズが判別し、適切な手ブレ補正モードに自動で切り替えます。

EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM 68,000円(税別)

写真:EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM

広角から中望遠まで、日常のほとんどのシーンの撮影に対応できる高倍率ズームレンズ。遠くのシャッターチャンスも、しっかりと引き寄せて撮影できます。静かでスムーズなオートフォーカスを実現する、ステッピングモーター(STM)を搭載しているため、動画撮影にも大活躍。非球面レンズやUDレンズの採用により、ズーム全域で高画質を実現しています。

下記のキットに付属しています。

EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STMの情報へ

高精度な手ブレ補正を実現。[レンズ内手ブレ補正機構](イメージスタビライザー)

キットレンズには、手ブレを抑える高性能な手ブレ補正機構を搭載。

シャッターチャンスを撮ったつもりが、ブレていた。そんな経験はありませんか。被写体は動いていないのに、なぜかブレる。それは手ブレが原因。夜や室内など光量が足りないシーンで撮影をしたときに、起こりやすい現象です。EOSKiss X7iのキットレンズには、レンズ内手ブレ補正機構(イメージスタビライザー)を搭載。手ブレしやすい室内や夕暮れ時、さらには望遠ズームでの手持ち撮影などに活躍します。

手ブレを補正するなら"レンズ"で。それがキヤノンの結論。

キヤノンは、レンズで手ブレを補正します。手ブレ防止と同時に、ファインダー像のブレも止めることができるからです。つまり撮影をしながら、手ブレ補正の効果を実感することができます。手ブレ補正[ON]と[OFF]のそれぞれの状態でファインダー内の像を比べれば一目瞭然。また、ファインダー像が揺れ動かないため、狙った場所にスムーズにピント合わせが行えます。さらにレンズ一本一本の特性に合わせて設計できるというメリットもあります。

図:レンズ内手ブレ補正
このページのトップへ