一眼レフカメラ/ミラーレスカメラEOS Kiss X9動画撮影もこれ一台

軽量・小型一眼レフ、デビュー。 NEW EOS Kiss X9

一眼レフならではの美しい動画撮影もかんたん

写真:動画撮影中の画面キャプチャ合成

EOS Kiss X9に搭載されている動画機能は、映画やテレビCMなど、プロの現場でも使われている「EOSムービー」。フルハイビジョン60p動画対応で、なめらかで美しい映像を記録できます。ピント合わせもタッチでらくらく。一眼レフならではの美しいボケ味が楽しめるほか、高感度、低ノイズ、70種類を超えるEFレンズが使えるのも、EOS Kiss X9の動画撮影ならではの魅力。バリアングル液晶を活かした自由な構図づくりも楽しめます。これからは、静止画も動画もこれ一台でバッチリ。

  • EF-Mレンズは装着できません。

速い動きもなめらかに記録できる[フルハイビジョン60p]

1秒間に約60枚分の画像を記録するフルハイビジョン60p動画に対応。30pモードと比べて約2倍のなめらかさで、子どもやペットなど、動きの速い被写体でも、残像感を抑えた美しい映像を記録できます。

写真:60pと30pの比較

被写体が動いても、ピントを合わせ続ける[動画サーボAF]

作例:AFが追従している様子

動画の撮影中に被写体が動いても、自動でピントを合わせ続けることができる機能です。しない(ワンショットAF)を選ぶことも可能です。

  • 動画撮影時には、レンズの作動音などが録音される場合があります。

動画撮影時のピントの合わせ方を3種類から選べる[AF方式]

ピントの合わせ方は、ライブビュー撮影時と同じ「顔+追尾優先AF/スムーズゾーンAF/ライブ1点AF」の3種類。被写体の動きに合わせて選択できます。ピント合わせも、デュアルピクセルCMOS AFにより、画面の好きなところにタッチするだけで、すばやくなめらかにフォーカスできます。「AF方式」の切り換えも、タッチ操作でかんたん。

白トビを抑えて、ディテールまで表現する[HDR動画]

明るい空と影になった建物、ライトアップと夜空など、明暗が混在する撮影で発生しやすいのが、白トビ。明るいところが白くなりすぎて、見えにくくなる現象です。「HDR動画」は、この白トビを軽減。見た目に近い明るさ(標準露出)の画像と、少し暗くした(アンダー露出)画像を交互に撮影し、合成して1フレームにすることで、より自然な明るさに仕上げます。

  • 動画撮影時に アイコン:SCN モードにすると「HDR動画撮影」となります。
  • 黒つぶれは補正されません。
図:HDRの仕組みイメージ

ゆっくり変化する被写体の姿を、早回しで再生できる[タイムラプス動画]

植物の成長や雲の動きなど、ゆっくりと変化していく被写体を、一定間隔で静止画撮影。それをつなげてフルハイビジョン動画として記録・再生することで、早回しのように時間を圧縮した表現ができる機能です。撮影中の液晶表示は「自動消灯」が可能。

  • タイムラプス動画撮影中、AFは動作しません。
  • 撮影間隔:1秒~99時間59分59秒、撮影回数:2~3600回
  • シャッター速度の下限は、NTSCの場合:1/30、PALの場合:1/25となります。
  • 記録形式はMOV/ALL-Iとなります。

動画にもエフェクトをプラスできる[動画クリエイティブフィルター]

ミニチュア模型が動いているような「ジオラマ風動画」、やわらかな「ファンタジー」など、動画に適した5つのフィルター効果を楽しめます。液晶画面で仕上がりを確認しながら撮影できるだけでなく、撮影後に効果をプラスすることも可能です。

ジオラマ風動画

ミニチュア風の動画に。再生速度を[5倍/10倍/20倍]から選択可能。

ファンタジー

夢の中にいるかのような、やわらかく幻想的な世界を表現。

オールドムービー

映像の揺れや傷、明滅効果で、古い映画のような趣をプラス。

メモリー

ふんわり色あせたトーンで、遠い昔の記憶のような雰囲気に。

ダイナミックモノクローム

黒と白の階調を際立たせ、力強く臨場感あふれる映像に。

被写体にぐっとズームできる[動画デジタルズーム]

フルハイビジョン画質での撮影中、画面の中心を約3~10倍に拡大可能。なめらかにズームして、遠くの被写体を大きく撮影できます。動画デジタルズーム中は手ブレしやすいので三脚の使用をおすすめします。

作例:動画デジタルズーム

動画再生やWi-Fiでの共有に便利なMP4フォーマット&IPB(軽量)

動画の記録形式は、多くの機器が再生に対応しているMP4フォーマットを採用。ファイル容量を抑えながら高画質な動画撮影ができます。圧縮方式には、スマホやタブレットでのスムーズな再生やSNSへのアップロードに便利なIPB(軽量)を採用。動画もWi-Fiで快適に共有できます。

記録画質は3種類からセレクト可能

フルハイビジョン画質(1920×1080画素)、ハイビジョン画質(1280×720画素)、SD(標準)画質(640×480画素)の3種類から、用途に合わせて選択可能。フルハイビジョン画質は59.94/50.00/29.97/25.00/23.98p、ハイビジョン画質は59.94/50.00/29.97/25.00p、SD画質は29.97/25.00pに対応しています。

動画記録サイズ カードごとの総記録時間(約) 映像ビットレート(約)
/ファイルサイズ(約)
4GB 16GM 64GB
1920×1080 59.94fps
50.00fps
IPB 8分 35分 2時間21分 60Mbps
431MB/分
29.97fps
25.00fps
23.98fps
IPB 17分 1時間10分 4時間41分 30Mbps
216MB/分
29.97fps
25.00fps
IPB
(軽量)
43分 2時間53分 11時間35分 12Mbps
87MB/分
1280×720 59.94fps
50.00fps
IPB 20分 1時間21分 5時間24分 26Mbps
184MB/分
29.97fps
25.00fps
IPB
(軽量)
2時間5分 8時間20分 33時間22分 4Mbps
30MB/分
640×480 29.97fps
25.00fps
IPB 57分 3時間50分 15時間20分 9Mbps
66MB/分
29.97fps
25.00fps
IPB
(軽量)
2時間43分 10時間53分 43時間32分 3Mbps
23MB/分
HDR動画撮影
[1920×1080]
29.97fps
25.00fps
IPB 17分 1時間10分 4時間41分 30Mbps
216MB/分
タイムラプス
動画
[1920×1080]
29.97fps
25.00fps
ALL-I 5分 23分 1時間34分 90Mbps
654MB/分

【応用】イメージ通りの明るさで撮影できる[マニュアル露出撮影]

シャッター速度と絞り数値、ISO感度を自在に組み合せて、こだわりの動画撮影が楽しめます。シャッター速度は高速側で1/4000秒、低速側で23.98/25.00p時に1/25秒、29.97p時に1/30秒、50.00p時に1/50秒、59.94p時に1/60秒以上で設定可能。ISO感度は「自動/手動」から選択でき、自動設定時はISO100~6400またはISO100~12800、手動設定時はISO100~12800の範囲で設定できます(ISO感度拡張によりISO25600まで設定可能)。

音も高品質[ステレオマイク]

写真:録音メニュー設定画面

ステレオマイク搭載で、画質だけでなく、音もハイクオリティーに記録できます。録音レベルは[オート/マニュアル]の切り換えが可能。マニュアル録音レベルは64段階から、再生音量の設定レベルは11段階から細かく調整できます。

風の音を抑えられる[ウィンドカット]

写真:ウィンドカット/アッテネーター

屋外で動画を撮影するとき、風の影響で「ボボボ」という音が記録されてしまうことがあります。ウィンドカットは、この音を小さく録音できる機能です。大きな音が入力されたときの音割れを防ぐアッテネーター機能も搭載。クオリティーの高い録音を実現します。

手軽にショートムービーが作れる[ビデオスナップ機能]

撮影した短い動画(シーン)をつなぎ合わせて1つのショートムービーを作れます。1シーンの撮影時間を約2/4/8秒から選択して、アイコン:ライブビュー/動画撮影ボタンを押して撮影していくだけ。設定した時間で自動的に撮影が終了します。「撮影をしない」を選択したときや、秒数を切り換えるなどの動作を行ったときに、それまで撮影した動画を新規のビデオスナップアルバムとして保存します。

図:ビデオスナップアルバムの概念図

動画の編集が、カメラ内でかんたんに

保存されたビデオスナップアルバム内のシーンの入れ換え・削除や、動画の前後部分を約1秒単位でカット(削除)するなど、パソコンを介さなくても、カメラだけでかんたんに動画の編集作業が行えます。編集した動画は、上書き保存・新規保存が選べます。

カメラをテレビにつないで動画を観賞

写真:カメラとテレビの接続イメージ

HDMIケーブル(別売)でハイビジョンテレビに接続すれば、大画面で動画を再生できます。運動会や旅行の思い出を、臨場感たっぷりに家族みんなで楽しめます。

より快適な動画撮影のために、おすすめしたいこと

EOSムービーの詳しい紹介はこちら EOS MOVIE SPECIAL SITE 別ウインドウで開きます。Flashプラグインが必要です。
このページのトップへ