一眼レフカメラ/ミラーレスカメラEOS Kiss X9iかんたん撮影

 イチガン画質をスマホでシェア。 EOS Kiss X9i

かんたんに撮影できるモードが充実

写真:モードダイヤル
モードダイヤル

EOS Kiss X9iには、すべてカメラにおまかせで撮影したり、シーンごとに適切な撮影ができたり、かんたんにキレイな写真を撮るためのモードがたくさん。もちろん一眼の高機能を活かした高度な応用撮影も可能です。

おまかせキレイモードが勢ぞろい[かんたん撮影ゾーン]

「かんたん撮影ゾーン」に入っているモードは、シャッター速度や絞り数値など、むずかしい設定はカメラにおまかせ。シャッターを押すだけで、かんたんに撮影が楽しめるモードばかりです。EOS Kiss X9iでは、新たに集合写真モードが加わりました。

アイコン:シーンインテリジェントオート シーンインテリジェントオート

写真:シーンインテリジェントオート 作例

シャッターを押すだけでキレイに撮れる"全自動"モード。カメラが色や明るさ、状況など、周囲の状況を的確に判断して、どんなシーンでも適切な画づくりを実行。たとえば被写体が人物であることを見分けると、人の顔をより自然な肌色に、風景なら青空や緑をより鮮やかに仕上げます。

アイコン:クリエイティブオート クリエイティブオート

ピントを合わせる範囲を設定できるほか、好きな雰囲気を選んで撮影可能。加える雰囲気の効果の強弱も選べます。

写真:クリエイティブオート 作例背景:ぼかす

写真:クリエイティブオート 作例背景:くっきり

アイコン:クリエイティブオートで選択できる雰囲気]

くっきり鮮やかに
写真:くっきり鮮やかに 作例

被写体をくっきり鮮やかに仕上げます。「雰囲気 標準」よりも印象的な写真にしたいときに。

ふんわりやわらかく
写真:ふんわりやわらかく 作例

被写体を強調させず、ふんわりやわらかな印象に仕上げます。人物やペット、花などを撮影するときに。

暖かくやさしく
写真:暖かくやさしく 作例

暖色系で暖かみのある、やさしい印象に仕上げます。人物やペットなどを暖かい雰囲気で撮影するときに。

しっとり深みのある
写真:しっとり深みのある 作例

全体的に明るさを少し抑えながら被写体を強調。しっとり深みのある雰囲気の写真に仕上げます。人物や植物などを存在感ある雰囲気で撮影するときに。

ほの暗くひっそりと
写真:ほの暗くひっそりと 作例

明るさを少し抑えた寒色系の仕上がりに。ほの暗くひっそりとした雰囲気を表現します。画面の影にある被写体を、静かで印象的な雰囲気で撮影したいときに。

雰囲気 標準

「かんたん撮影ゾーン」で標準設定されている仕上がりに。多くのシーンに活用できます。

明るく

写真を明るく仕上げます。

暗く

写真を暗く仕上げます。

モノクロ

白黒、セピア、青の3つのモノクロから選択できます。

アイコン:ポートレート ポートレート

写真:ポートレート 作例

背景を大きくぼかして撮れるので、撮りたい被写体の表情を際立たせて撮影できます。明るさの調節(露出補正)が可能。

アイコン:風景 風景

写真:風景 作例

近くから遠くまで写真全体にピントを合わせます。青空や緑はより鮮やかに。明るさの調節(露出補正)が可能です。

アイコン:クローズアップ クローズアップ

写真:クローズアップ 作例

植物や子どもの手足など、小さな被写体に近づいて、大きく写したいときに。美しく大きなボケ味が楽しめます。明るさの調節(露出補正)が可能。

アイコン:スポーツ スポーツ

写真:スポーツ 作例

動く被写体に自動でピントを合わせ続け、最高約6コマ/秒で連写できます。明るさの調節(露出補正)が可能。

アイコン:ストロボ発光禁止 ストロボ発光禁止モード

写真:ストロボ発光禁止 作例

子どもの寝顔を撮りたいときや、美術館・水族館のようにストロボ発光ができない場所での撮影に便利です。

アイコン:スペシャルシーンスペシャルシーン(SCN)

日常のさまざまなシーンをさらに細かく分類。それぞれに適したモードで撮影できます。集合写真モードが新たに加わり、シーンは全部で7種類。アイコン:HDR逆光補正 HDR逆光補正を除くモードで、明るさの調整(露出補整)が可能です。

アイコン:集合写真 集合写真
写真:集合写真 作例

失敗できない集合写真も、全員にピントが合い、ブレのない一枚をかんたんに撮影できます。

アイコン:キッズ キッズ
写真:キッズ 作例

被写体が動いてもピントを合わせ続け、速いシャッター速度で撮影できます。肌の色が健康的に仕上がるので、子どもの撮影に適しています。

アイコン:料理 料理※1
写真:料理 作例

明るく、色鮮やかに、料理をおいしそうに撮影できます。赤みを強めたいときは「暖色」側に、弱めたいときは「寒色」側に調整することも※2

  • ※1人物が写り込むと、肌色が適切にならない場合があります。
  • ※2ストロボ発光時は、「色あい」の設定が標準設定に切り換わります。
アイコン:キャンドルライト キャンドルライト
写真:キャンドルライト 作例

誕生日パーティーやハロウィン、クリスマスなどのイベントで大活躍。キャンドルが灯るシーンで起こりやすい明るさのばらつきを抑え、雰囲気のある一枚が残せます。

  • ライブビュー撮影時は、設定できません。
アイコン:夜景ポートレート 夜景ポートレート
写真:夜景ポートレート 作例

夜景を背にした人物撮影に便利。夜の街並みやイルミネーションなどの夜景を写しつつ、手前の人物もキレイに写せます。

  • 三脚の使用をおすすめします。
アイコン:手持ち夜景 手持ち夜景
写真:手持ち夜景 作例

手持ちでもブレずに夜景を撮影できます。一度シャッターボタンを押せば、手ブレしにくいシャッター速度で4枚連続で撮影して自動で合成。三脚なしでも夜景が明るくキレイに仕上がります。

  • 記録画質はJPEGとなります。RAW+JPEG(ラージ/ファイン)またはRAWが設定されている場合は、JPEG(ラージ/ファイン)で記録されます。
アイコン:HDR逆光補正 HDR逆光補正
写真:HDR逆光補正 作例

逆光シーンでの撮影に。明暗差の大きなシーンでも写真全体を適切な明るさに写せます。一度シャッターボタンを押すだけで、露出アンダー、標準、露出オーバーの3枚を自動で連続撮影して合成。白トビ・黒つぶれを抑えた写真に仕上げます。

  • 記録画質はJPEGとなります。RAW/JPEG(ラージ/ファイン)またはRAWが設定されている場合は、JPEG(ラージ/ファイン)で記録されます。

アイコン:クリエイティブフィルタークリエイティブフィルター

11種類のフィルターを使って、写真をより印象的に仕上げられる撮影モード。アイコン:クリエイティブフィルターモードでは、ファインダー撮影とライブビュー撮影の両方でフィルターを使用できます。アイコン:Avアイコン:Tvアイコン:Pアイコン:Mモードでは、ライブビュー撮影時に使用できます。ライブビュー撮影では、液晶画面で仕上がりを確認しながら撮影できます。フィルターは、撮影した画像にかけることも可能(HDRの4モードを除く)。再生画面のクイック設定から選択できます。フィルター処理をした画像は、別ファイルとして保存されます。

アイコン:ラフモノクロ ラフモノクロ
写真:ラフモノクロ 作例

ざらついた印象の白黒写真に。コントラストの調整で、メリハリの強さも変えられます。

アイコン:ソフトフォーカス ソフトフォーカス
写真:ソフトフォーカス 作例

やわらかい感じの写真に。ぼかし具合の調整で、やわらかさを変えられます。

アイコン:魚眼風 魚眼風
写真:魚眼風 作例

魚眼レンズで撮影したような、タル形にゆがんだ写真に。ゆがみの強さを調整できます※1

アイコン:水彩風 水彩風
写真:水彩風 作例

水彩画のような写真で、やわらかい感じの色彩に。色の濃度を変えることができます※2

アイコン:トイカメラ風 トイカメラ風
写真:トイカメラ風 作例

トイカメラのような独特な色調に。暖色系または寒色系に色を調整することもできます。

アイコン:ジオラマ風 ジオラマ風
写真:ジオラマ風 作例

ジオラマ(ミニチュア)風の写真に。くっきり見せたい部分が選べます。

油彩風
写真:油彩風 作例

被写体の立体感を強調し、油絵のような仕上がりに。効果の調整で、コントラストや彩度を変えられます※3※4

アイコン:HDR 絵画調標準 HDR 絵画調標準※5
写真:HDR 絵画調標準 作例

コントラストを抑えて、絵画のような仕上がりに。

アイコン:HDR 油彩調グラフィック調 HDR グラフィック調※5
写真:HDR グラフィック調 作例

鮮やかなグラフィックアートのような仕上がりに。

アイコン:HDR 油彩調 HDR 油彩風※5
写真:HDR 油彩風 作例

被写体の輪郭を強調し、油絵のように仕上げます。

アイコン:HDR ビンテージ調 HDR ビンテージ調※5
写真:HDR ビンテージ調 作例

被写体の輪郭を強調し、明るさを暗くすることで古い写真のように仕上げます。

慣れてきたらチャレンジ[応用撮影ゾーン]

せっかくのハイスペックな一眼レフ。カメラに慣れてきたら、設定の変更にもぜひチャレンジを。シャッター速度や絞り数値、ISO感度、ホワイトバランスなど、さまざまな設定を自由に組み合わせることで、自分の思ったとおりの写真を撮影することができます。

アイコン:絞り優先AE 絞り優先AE

写真:絞り優先AE 作例

光を取り込む量(絞り値)を変更することで、背景を大きくぼかしたり、遠くまでくっきり写したり、ピントの合う範囲を自在にコントロールできます。

アイコン:シャッター優先AE シャッター優先AE

写真:シャッター速度優先AE 作例

シャッター速度の設定が可能です。速度を速めて動きを止めたり、遅くして流動感を出したり、動きの速い被写体の写り方をコントロールできます。

アイコン:プログラムAE プログラムAE

写真:プログラムAE 作例

シャッターを半押しすると、カメラが自動でシャッター速度と絞り値を設定。適切な明るさで撮影できます。

アイコン:マニュアル露出 マニュアル露出

写真:マニュアル露出 作例

シャッター速度、絞り数値など、すべて自分で設定可能。自分好みの画づくりが楽しめます。

思いどおりの色彩に仕上げる[ピクチャースタイル]

写真:ピクチャースタイル設定画面

ピクチャースタイルを変えることで、写真の色彩を調整することができます。カメラに搭載されている色彩パターンは8種類。キヤノンのホームページからは「紅葉」「エメラルド」「トワイライト」など、ひと味違うピクチャースタイルもダウンロードできます。

  • ダウンロードしたファイルは、ソフトウエアを使うことでカメラに登録・使用できます。

アイコン:オート オート

写真:オート 作例

新EOSシーン解析システムで得られた情報を基に、被写体やシーンに合わせて、自動で適切な色彩調整を行います。特に青空、緑、夕景などが色鮮やかに仕上がります。「かんたん撮影ゾーン」では、アイコン:クリエイティブフィルター モードの「魚眼風」「HDR絵画調標準」のみ「オート」に、それ以外は 「スタンダード」に設定されます。

  • 既存のピクチャースタイルを自動選択する機能ではありません。

アイコン:スタンダード スタンダード

写真:スタンダード 作例

鮮やかでくっきりとした仕上がりに。さまざまなシーンに対応できます。

アイコン:ポートレート ポートレート

写真:ポートレート 作例

人物の肌の色を、やわらかく自然な印象で再現します。

アイコン:ディテール重視 ディテール重視

写真:ディテール重視 作例

EOS Kissでは初採用のピクチャースタイル。細部の表現力を重視、繊細な質感を描写できます。

アイコン:ニュートラル ニュートラル

写真:ニュートラル 作例

パソコンで画像処理することを前提に、自然な色合いを重視し、メリハリを抑えています。

アイコン:忠実設定 忠実設定

写真:忠実設定 作例

被写体の色を、誇張なく正確に再現できます。

  • 標準的なデイライト光源下で撮影した写真が、測色的に被写体の色とほぼ同じになるように調整されます。

アイコン:モノクロ モノクロ

写真:モノクロ 作例

印象的なモノクロ写真に。白黒のほか、セピア/青/紫/緑などの色調も選べます。

アイコン:風景 風景

写真:風景 作例

空の青、木々の緑をより色鮮やかに再現します。

アイコン:ユーザー設定1 アイコン:ユーザー設定2 アイコン:ユーザー設定3ユーザー設定

オリジナルのピクチャースタイルを最大3件まで登録できます。

見た目に近い“白”を再現する[ホワイトバランス(WB)]

目で見る"白"は、明るさや状況によってまったく違う"白"に見えます。WBは、光源によって生じる白の違いを調整し、より見た目に近い白を再現する機能です。白熱電球などの赤味を残したいときは「雰囲気優先(AWB)」、赤味を残したくないときは「ホワイト優先(AWB・W)」を選択可能。「かんたん撮影ゾーン」では、雰囲気優先(AWB)に自動設定。新EOSシーン解析システムが色合いを解析し、高精度に白を再現します。ホワイトバランスを応用すると、多彩な写真表現が楽しめます。

シーンに合わせて明るさを調整できる[露出補正]

写真:露出補正画面

通常、カメラが適正と判断する露出(写す明るさ)は「0」。そこから数値を1段階プラスに設定すると、カメラが1段階明るい状態を適正と判断して明るく撮れます。明るくさわやかに撮影するなら数値をプラスに、暗くしっとり撮るなら数値をマイナスに変更します。±5段まで補正できるので、極端な設定も可能です。

  • ファインダー内は±2段表示です。±2段を超える設定では、表示外に←→が表示されます。またライブビュー撮影時/動画撮影時、撮影画面表示を「やさしい」に設定しているときの露出補正は±3段です。

【応用】露出の違う写真を3枚連続で撮れる[AEB撮影]

たとえば「露出0」「−2段」「+2段」など、露出の異なる写真を3枚連続で撮影できる機能です。EOS Kiss X9iでは、シャッター速度で得られる標準露出を超えた場合、ISO感度変更による露出調整が可能になり、AEB撮影がしやすくなりました。

作例:AEB撮影

電源オフ時で、補正値を解除できる[露出補正の自動解除]

写真:露出補正の自動解除画面

暗い場所で露出を+に補正をしたまま、明るい場所で撮影して明るすぎてしまった、などのケースを防ぐために、電源をオフにした時点で露出補正の設定を解除する選択が可能になりました。

このページのトップへ