一眼レフカメラ/ミラーレスカメラEOS M10高速オートフォーカス

EOS M10

高速・ワイドエリアでピントを合わせる、オートフォーカス。

デジタル一眼レフカメラの多くに採用され、ピント合わせのスピードが速い「位相差AF」。コンパクトデジタルカメラの多くに採用され、ピント合わせの精度が高い「コントラストAF」。この2つのオートフォーカス(AF)方式を組み合せたのがハイブリッド CMOS AFです。EOS M10に搭載したハイブリッド CMOS AF IIは、シャッターチャンスを逃しません。

ワイドエリア

対応エリアが広がり、中央付近以外の被写体にもすばやくピントが合わせられる。

ハイブリッド CMOS AF II 可能範囲

シーンごとに使い分けできる2種類のAF方式。

1点AF

ライブ1点AF

ピントを合わせたい1点にタッチ。それだけでAFフレームが移動してすばやくピント合わせします。よりイメージどおりに被写体にピントを合わせることができます。

顔+追尾優先AF

顔認識+追尾優先AF

人物の顔を検知してピント合わせ。顔を検知した後は横顔になっても追尾します。液晶モニター上の被写体(顔以外でも)へのタッチで、その被写体にAFフレームを合わせ続けます。

被写体の状況から選べる2種類のAFモード。

ワンショットAF

ワンショットAF

風景や動きの小さい被写体などに。一度のピント合わせで、AFはロックされます。

サーボAF

サーボAF

動きのある被写体の撮影に役立つAFモードです。
シャッターボタンを半押ししている間、被写体にピントを合わせ続けます。また、シャッターボタンの半押しすると、ピント合わせがはじまると同時にAFフレームが固定されます。

  • STM非搭載のレンズを装着した場合、サーボAFに設定して連続撮影しても、2コマ目以降はピントが固定され連続撮影速度が遅くなります。

ドライブモード

一瞬を逃さない、最高約4.6コマ/秒※1の連続撮影。

高速連続撮影

動きのある被写体に効果的な連続撮影。1秒間に最高約4.6コマの撮影が可能※1です。JPEG(ラージ/ファイン)であれば、約1,000枚の連続撮影が可能です※2

  • ※1 AF固定(ワンショットAF/MF)時。
  • ※2 当社試験基準UHS-I対応16GBカードを使用し、当社試験基準(ISO200、ピクチャースタイル:スタンダード設定時)で測定。サーボAF設定時には約2.2コマ/秒以下の連続撮影となります。これらの数値は、条件により異なります。

連続撮影可能枚数の一覧

記録画質 連続撮影可能枚数(約・枚)
L ラージ ファイン 1000
L ラージ ノーマル 1000
M ミドル ファイン 1000
M ミドル ノーマル 1000
S1 スモール1 ファイン 1000
S1 スモール1 ノーマル 1000
S2 スモール2(ファイン) 1000
S3 スモール3(ファイン) 1000
RAW ロウ 7
RAW+L ロウ+ラージ ファイン 4
このページのトップへ