一眼レフカメラ/ミラーレスカメラEOS M10いろいろできる撮影モード

EOS M10

キレイに撮れる、かわいく撮れる、いろいろな撮影モード。

写真:自分撮り

自分撮りモード

美肌効果や明るさの調整ができるので、自分撮りがキレイにできます。

液晶をくるりと回転させて、「自分撮り」。

チルトモニター

液晶モニターを180°回転させて、モニターを見ながら簡単に撮影できます。

美肌効果や明るさの調整が簡単。

調整画面

「自分撮りモード」では、モニターを見ながら美肌効果や明るさの調整もできるので、思い通りの仕上がりに。

わかりやすい言葉で撮影を手助けする、クリエイティブアシスト。

クリエイティブアシスト※ 画像はイメージです。

わかりやすい言葉や簡単な操作でカメラが撮影をサポート。色の鮮やかさなら「すっきり~鮮やか」、背景のぼかし具合なら「ぼかす~くっきり」。画面を指でなぞり、変化を見ながら撮影できます。

項目 クリエイティブアシスト上の表記 M/Av/Tv/Pのパラメータ
背景 背景 ぼかす~くっきり 絞り
明るさ 明るさ 暗く~明るく 露出補正
コントラスト コントラスト 弱い~強い ピクチャースタイル(コントラスト)
鮮やかさ 鮮やかさ すっきり~鮮やか ピクチャースタイル(色の濃さ)
色あい 色あい 寒色~暖色 ホワイトバランス
モノクロ モノクロ OFF/白黒/セピア/青/紫/緑

自分好みに写真を加工できる、クリエイティブフィルター。

カメラ内でのかんたんな設定で、写真をより印象的にできるクリエイティブフィルター。7種類のフィルター効果で自分の感性でおしゃれな写真に仕上げられます。撮影後にフィルター処理をかけられるほか、仕上がりのイメージを確認※1しながらの撮影も行えます。また、フィルター効果を重ねることもできます。

油彩風※2

油彩風

油絵のようなタッチに。

水彩風※3

水彩風

水彩絵の具で描いたように。

トイカメラ風

トイカメラ風

トイカメラで撮影したような独特な色調に。

ラフモノクロ

ラフモノクロ

ざらついた印象の白黒写真に。

ソフトフォーカス

ソフトフォーカス

やわらかい雰囲気の写真に。

魚眼風※4

魚眼風

タル型にゆがんだ写真に。

ジオラマ風※5

ジオラマ風

ミニチュア模型のように。

カメラまかせで“かんたんキレイ”シーンインテリジェントオート。

EOSシーン解析システムを活用した、先進の「全自動」モード。被写体の状況をカメラが自動的に認識します。例えば人物なら、肌色をよりナチュラルに。自然や風景なら、青空や緑をより鮮やかに。シャッターを切るだけで、シーンごとに美しく仕上げます。

たとえばこんなシーンを自動判別してオートでキレイに仕上げます。

人物

顔に露出を合わせ、健康的でよりナチュラルな肌色を再現。

夕景

より鮮やかに、ドラマチックに、夕焼けの色を描写。

シーンや被写体に合わせて選べるかんたん撮影モード。

7種類の撮影モードの中から撮りたいシーンに合わせてモードを選択。それだけでシーンに合ったキレイな写真が撮れます。

料理料理

料理

料理を鮮やかな色合いでおいしそうに撮ることができます。赤みを強めたいときは[暖色]側に、弱めたいときは[寒色]側に調整できます※1。

  • ※1 ストロボ撮影時は、色あいの設定が標準設定に切り換わります。
  • 人物が写り込むと、肌色が適切な色あいにならない場合があります。

風景風景

風景

青空や緑を鮮やかに。近くから遠くまで、写真全体にピントを合わせます。

スポーツスポーツ

スポーツ

動きのある被写体の撮影に。最高約4.6コマ/秒の連続撮影が可能です。

  • AF固定(ワンショットAF/MF)時。

慣れてきたら応用撮影ゾーンでもっと本格的に。

シャッター速度や絞りなど、さまざまな設定を自分で好きに組み合せて、自由に画づくり。EOSならではの高度な撮影を楽しめます。

Mマニュアル露出

シャッター速度、絞り数値を自由に設定できます。

Av絞り優先AE

絞り数値を自分で設定。ピントの合う範囲をコントロールできるモード。

Tvシャッター優先AE

シャッター速度を自分で設定。被写体の動きの写り方をコントロールできます。

PプログラムAE

適切な明るさで写るように、カメラがシャッター速度と絞り数値を設定。

このページのトップへ