一眼レフカメラ/ミラーレスカメラEOS M100その他の機能

EOS M100

日常の光景を映画のような味わいにする、フルハイビジョン60P動画。

EOS M100は業務用映像制作カメラでも採用されているデュアルピクセルCMOS AFを搭載。なめらかなAF動作と高い追従性を両立しています。また、大型センサーによる美しいボケ味や、高感度・低ノイズ、多彩なEFレンズによる描写性能など、EOSならではの映像表現ができます。

美しいボケ味
大型センサーによる美しいボケ味
写真と同じように、ボケ味をいかした美しい画像を撮ることができます。
低ノイズ高感度撮影
低ノイズ高感度撮影
暗い室内でのシーンも、味わい深い表現に仕上げることができます。
EFレンズによる多彩な表現
EFレンズによる多彩な表現
超広角や望遠など、さまざまなEFレンズを活用することができます。
スピーディーなフォーカス
なめらかでスピーディーなフォーカス
タッチ操作とデュアルピクセルCMOS AFで、なめらかにフォーカスできます。

ボディー内手ブレ補正

ボディー内での手ブレ補正が可能なEOS M100。「コンビネーションIS」対応レンズなら、レンズ内光学手ブレ補正とボディー内電子手ブレ補正を組み合わせた、より効果の高い補正が可能。ブレがでやすいシーンでも快適な動画撮影が可能です。

図:コンビネーションIS
図:補正効果

タイムラプス動画

印象的な映像を手軽に制作できるSNSなどで流行のタイムラプス動画。シーンを選ぶだけの簡単な設定で、一定の間隔で撮影した静止画をつなげてフルHD動画として記録・再生することができます。長時間をかけて変化する被写体をコマ送りや微速度撮影したかのように時間を圧縮して表現することが可能です。また、プログラムシフトへの対応などマニュアルでの操作も充実。カスタム設定を使えば、撮影間隔と回数を自由に設定できます。

xxx

被写体を追い、ピントを合わせる動画サーボAF。

被写体を追い動画撮影中のピント合わせがより早くスムーズに。デュアルピクセルCMOS AFで進化した動画サーボAFにより一度捕捉した被写体に、高精度にピントを合わせ続けます。STM搭載のレンズと組み合せ、よりスムーズで快適な撮影が可能です。

動画サーボAF※ 画像は解説用イメージです。

写真を撮る直前を自動録画、プラスムービーオート。

シャッターボタンを押すたびに、静止画と一緒に約4秒前のシーンを動画で記録。撮影した動画は、自動で1日分をまとめたダイジェストムービーになります。

プラスムービーオート※ 画像はイメージです。

ミニチュアみたいな映像になる、ジオラマ風動画。

ジオラマ風動画※ 画像はイメージです。

ミニチュアの世界のような世界が撮影できるフィルター効果です。再生速度は、撮影時に[OFF/5倍/10倍/20倍]で設定でき、ミニチュア模型がトコトコ動くような映像にも。くっきり見せたい部分も選べます。

  • 音声は録音されません。

高音質で録音できるステレオマイク。

ステレオマイク

オートとマニュアル(64段階)の2種類の録音レベルを設定できるステレオマイクを内蔵しています。より静かに駆動するSTM搭載のレンズとの組み合せで、さらに高品位な録音が可能です。

  • リードスクリュータイプのSTM。

カメラ内で動画の再生・編集。

撮った動画の簡単な編集がカメラ内で行えます。パソコンに取り込む前の簡易的な編集に便利。編集した動画は、上書き保存・新規保存が選べます。

撮影時に役立つ機能

縦横の比率を選べるマルチアスペクト機能。

縦横の比率(アスペクト比)を変えると、写真の印象は大きく変わります。通常表示の[3:2]のほか、[4:3][16:9]、インスタグラムの投稿に適した[1:1]の4種類から選ぶことができます。

マルチアスペクト※ 画像はイメージです。

風景や建物などの撮影に役立つグリッド表示。

グリッド表示

水平を見たり、構図づくりに便利な機能です。液晶モニター上を格子線で分割するグリッドを表示できます。縦2本×横2本の格子線で仕切られた9分割と、縦5本×横3本で仕切られた24分割の2種類から選べます。

ピントをしっかり合わせられるマニュアルフォーカス。

マニュアルフォーカスは、手動で細かく調整しながらピントを合わせられる機能。風景などの動かない被写体を、三脚を使って撮る場合などにおすすめです。EOS M100では、約5~10倍に液晶モニターの表示を拡大できるので、ディテールまでしっかりピントを合わせることができます。

MF ピーキング

MF ピーキング

三脚を使った花や小物の撮影など、高精度なピント合わせが必要なときに手動でピントを合わせるマニュアルフォーカスが行えます。また、MFピーキング機能も搭載。ピントが合った被写体の輪郭部分を色付きの線(レッド、ブルー、イエローから選択可能)で強調。より精密なピント合わせが行えます。

再生時に役立つ機能

再生時のインデックス表示/拡大表示。

インデックス表示インデックス表示

再生時のインデックス表示は、6枚(3×2)、12枚(4×3)、42枚(7×6)、110枚(11×10)の表示が可能です。

JPEG画像は撮ったその場でトリミング。

画角やアスペクト比を変えたり、不要な部分を切り取ったりできるトリミング。EOS M100は撮影したJPEG画像のトリミングをカメラ内で行えます。約2420万画素の高画素を活かして、トリミングを前提にした撮影もOK※1。トリミング処理後の画像※2は、別画像として保存できます。

  • ※1 小さくトリミングしすぎると、プリント時に画質が劣化する場合があります。
  • ※2 トリミング処理後に保存した画像は、「再度トリミング」「クリエイティブフィルター処理」「リサイズ処理」はできません。

撮影画像は用途に応じてリサイズ可能。

パソコンを使わなくてもカメラ内で画像のサイズ縮小ができます。処理した画像は別ファイルとして保存されます。

画像にマーキングできるレーティング機能。

撮影した写真には、[OFF/★1個/★2個/★3個/★4個/★5個]のレーティング(お気に入り)マークを付けられます。マークを付加した画像は、画像送り(ジャンプ表示)とスライドショーで、★ごとに再生可能。付属のソフトウエアで画像を選ぶとき、マーク付の画像だけの表示もできます。

ピントのチェックに便利な液晶タッチ操作。

撮影した画像を再生する際に、スマートフォンの操作のように2本の指の開閉で拡大・縮小を行うことができます。

センサーダスト対策

ダスト問題を防ぐ、セルフクリーニングセンサーユニット。

超音波振動によってCMOSセンサー部最前面のローパスフィルターに付着するダストを振るい落とします。これによって、レンズ交換時などに入りこみやすいセンサーダストに、的確に対処します。

各部名称

正面

前面
  • 1. 電子ダイヤル
  • 2. シャッターボタン
  • 3. EF-Mレンズ取り付け指標
  • 4. ランプ(前面)
  • 5. レンズロックピン
  • 6. レンズロック解除ボタン
  • 7. レンズマウント
  • 8. 接点
  • 9. ストロボ

背面

背面
  • 1. モニター/タッチパネル
  • 2. メニューボタン
  • 3. Wi-Fiボタン
  • 4. 再生ボタン
  • 5. 露出補正/1画像消去/上ボタン
  • 6. AEロック/左ボタン
  • 7. クイック設定/設定ボタン
  • 8. ストロボ/右ボタン
  • 9. インフォメーション/下ボタン

上面

上面
  • 1. 撮像面マーク
  • 2. マイク
  • 3. モードスイッチ
  • 4. 電源ボタン
  • 5. 動画ボタン
  • 6. ランプ(背面)

左面/右面

左面
  • 1. ストラップ取り付け部
  • 2. スピーカー
  • 1. ストラップ取り付け部
  • 2. ストロボポップアップスイッチ
  • 3. 端子カバー
  • 4. デジタル端子
  • 5. HDMI™端子
  • 6. カード収納部ふた

底面

底面
  • 1. DCカプラー端子カバー
  • 2. バッテリー収納部ふた
  • 3. 三脚ねじ穴
  • 4. Nマーク