一眼レフカメラ/ミラーレスカメラEOS M3高画質

EOS M3 革新のEOS M

高解像・APS-C約2420万画素CMOSセンサー EOS M3 NEW

新開発・約2420万画素CMOSセンサー

約2420万画素CMOSセンサー

EOS M3は、自社開発・自社生産による有効画素数約2420万画素の大型CMOSセンサーを搭載。優れた解像力、滑らかな階調性に加え、自然なボケ味を実現。建物の微妙な質感や光のニュアンスなど、撮影するときに感じた雰囲気を美しく表現することができます。

  • 有効撮影画角はレンズの表記焦点距離の約1.6倍相当。

背景ボケがかんたんキレイ。

背景ボケがかんたんキレイ

背景がこんなにふわっとキレイにぼかせるのは、センサーサイズが大きいから。かんたんに美しいボケ味で写真の主役を際立たせることができます。クリエイティブアシストを使用すると、ぼかし具合の調整もスムーズです。

EOS M3の記録画質一覧

JPEG、RAW(14bit、キヤノン独自)

記録画質 記録画素数(画素)・アスペクト比は3:2 圧縮方式
L ラージ ファインL ラージ ノーマル 約2400万(6000x4000) JPEG
M ミドル ファインM ミドル ノーマル 約1240万(4320x2880)
S1 スモール1 ファインS1 スモール1 ノーマル 約550万(2880x1920)
S2 スモール2(ファイン) 約350万(2304x1536)
S3 スモール3(ファイン) 約35万(720x480)
RAW ロウ 約2400万(6000x4000) RAW(14bit、キヤノン独自)

撮影可能枚数の一覧

記録画質 ファイルサイズ
(約・MB)
撮影可能枚数
(約・枚)
L ラージ ファイン 9.0 1680
L ラージ ノーマル 5.8 2612
M ミドル ファイン 5.8 2612
M ミドル ノーマル 3.6 4152
S1 スモール1 ファイン 3.0 5061
S1 スモール1 ノーマル 2.0 7592
S2 スモール2(ファイン) 1.8 8377
S3 スモール3(ファイン) 0.3 48592
RAW ロウ 30.2 500
RAW ロウ + L ラージ ファイン RAWとJPEGの合計 385

優れた階調性を実現する14bit信号処理。

14bit信号処理

CMOSセンサーから送られるアナログ出力信号をデジタル信号に変更する際の処理に、14bit(16384階調)の信号処理を採用。より階調性に優れた撮影データを生成することができます。

映像エンジンDIGIC 6 EOS M3 NEW

多彩な機能を高速で処理する、先進の映像エンジン

映像エンジンDIGIC 6

約2420万画素のCMOSセンサーが捉えた高階調デジタル信号を、高速・高精度に処理するのが、先進の映像エンジンDIGIC 6。14bitの信号処理により、光の微妙な階調や色の違いを繊細に描写しつつ、高速で画像を生成することが可能です。約2420万画素という高画素でありながら「常用ISO感度100~12800」、「連続撮影 最高4.2コマ/秒」という高度な画像処理を実現しています。

暗いシーンもキレイ。常用ISO感度100~12800(拡張25600)

常用ISO感度100~12800(拡張25600)

大型CMOSセンサーとDIGIC 6の搭載により、ISO感度を高くしても、ノイズが少なく、すっきりキレイ。手ブレが心配な夜景や室内でも安心です。上限設定が可能なISOオート機能も搭載しています。

  • ISO感度は、すべて推奨露光指数です。
  • 動画撮影時のISO感度はISO100~6400となります。(フルHD時:ISO100~3200)

ISOオートならカメラがISO感度を自動設定。

ISO感度の設定を、カメラがオートで行う機能です。ISO100~6400の間で、シーンに合ったISO感度に自動で設定。さらにP/Tv/Av/M/C/動画モードではISO400~12800の間で、ISOオートの上限を設定できます。

さまざまなオートを支えるEOSシーン解析システム

EOSシーン解析システム

人の顔や被写体の色、明るさ、動き、コントラスト、距離などの情報をもとに撮影シーンを解析。「ピクチャースタイルオート」や「オートホワイトバランス」などを、より適切に制御します。

動画撮影:EOSならではの高画質&多彩な表現力

大型センサーによる美しいボケ味や、先進の映像エンジンDIGIC 6による低ノイズの高感度撮影、EFレンズの多彩な表現力を活かした描写など、フルHD動画を気軽に楽しめる、EOSの動画撮影機能です。高速かつ高精度なAF機能、ハイブリッド CMOS AF IIIによる滑らかなフォーカシングで被写体を追従し、本格的な動画撮影が行えます。また、チルト式モニターを活かして、より自由な構図で撮影できます。

MP4形式の動画記録に対応

再生互換性に優れるMP4形式の動画記録に対応。MP4はスマートフォンやSNSとの相性がよく、撮影した動画データを簡単に共有・アップロードが可能です。また、画質に優れた高い圧縮率をメリットとして、軽量なサイズで動画記録できる利点もあります。

高感度撮影時に、マルチショットノイズ低減

一度のシャッターで4枚の画像を撮影し、カメラが自動で合成。高感度撮影時でも解像感を残したままノイズ低減できる機能です。位置合わせも自動で行うので、手持ち撮影でも安心です。

長秒時露光撮影時のノイズ低減機能も。

ノイズの発生しやすい長秒露光撮影時のためのノイズ低減も可能です。設定すると、1秒以上、およびバルブの露光時においてノイズ低減を行います。

明るさなどを自動調整。オートライティングオプティマイザ

作例:オートライティングオプティマイザ

逆光で被写体が暗く写ってしまったときや、コントラストが低いときに、画像を自動補正。EOSシーン解析システムで、夕景や高彩度なシーンも自然な階調に。効果は、[標準/弱め/強め/しない]の4段階。

  • P/Tv/Av/M/C/動画モード以外では、[標準]に自動設定されます。
  • マニュアル露出時は自動OFFに設定可能です。

カメラ内で「レンズの周辺光量の落ち込み」と「色のにじみ」の2つのレンズ光学補正が可能。

広角レンズを使用し、絞り開放で撮影すると発生しやすい「レンズの周辺光量の落ち込み」。また、被写体の輪郭部分に現れることのある「色のにじみ」。これらの現象を補正し、EFレンズの高い描写力を最大限に引き出す、周辺光量補正機能と色収差補正機能を搭載しています。付属ソフトウエア[EOS Utility]を使えば、レンズの補正用データを最大40本分カメラに登録可能です。

レンズ光学補正・初期登録レンズ一覧
EF-S60mm F2.8 マクロ USM EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM EF17-40mm F4L USM
EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM EF20mm F2.8 USM EF24-70mm F2.8L II USM
EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM EF24mm F2.8 IS USM EF24-70mm F4L IS USM
EF-S17-55mm F2.8 IS USM EF28mm F1.8 USM EF24-105mm F4L IS USM
EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM EF28mm F2.8 IS USM EF28-135mm F3.5-5.6 IS USM
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS II EF35mm F2 IS USM EF70-200mm F2.8L USM
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM EF40mm F2.8 STM EF70-200mm F2.8L IS II USM
EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS EF50mm F1.4 USM EF70-200mm F4L USM
EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM EF50mm F1.8 II EF70-200mm F4L IS USM
EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS EF100mm F2.8Lマクロ IS USM EF70-300mm F4-5.6 IS USM
EF-S55-250mm F4-5.6 IS II EF16-35mm F2.8L II USM EF70-300mm F4-5.6L IS USM

センサーダスト対策

ダスト問題を防ぐ、セルフクリーニングセンサーユニット

超音波振動によってCMOSセンサー部最前面のローパスフィルターに付着するダストを振るい落とします。これによって、レンズ交換時などに入りこみやすいセンサーダストに、的確に対処します。

撮った瞬間を作品に仕上げる付属ソフトウエア。

同梱版

Digital Photo Professional 4
RAW画像を簡単に現像&編集できる高機能ソフトウエア、Digital Photo Professional 4。ホワイトバランスやピクチャースタイル、レンズ光学補正なども撮影後に調整することができます。
このページのトップへ