一眼レフカメラ/ミラーレスカメラEOS M5EOS MOVIE

EOS M5

EOS MOVIE

まるで映画のような味わい。ハイレベルな動画表現力

映画やCM撮影などにも使用されるEOS。EOS M5は業務用映像制作カメラでも採用されているデュアルピクセルCMOS AFを搭載。なめらかなAF動作と高い追従性を両立しています。また、大型センサーによる美しいボケ味や、高感度・低ノイズ、多彩なEFレンズによる描写性能など、EOSならではの映像表現が特徴。外付けステレオマイクを使えば、簡単にプロのような作品に。

ボディー内5軸手ブレ補正

DIGIC 7の搭載により、ボディー内で5軸手ブレ補正が可能に。手ブレ補正機構(IS)非対応レンズを装着していても高精度な手ブレ補正が行えます。また「コンビネーションIS」対応レンズなら、レンズ内光学手ブレ補正とボディー内電子手ブレ補正を組み合わせた、より効果の高い補正が可能。不安定な体制や歩き撮りなど、ブレがでやすいシーンでも快適な動画撮影が可能です。

レンズごとの補正効果

タイムラプス動画

印象的な映像を手軽に制作できるタイムラプス動画をEOS Mシリーズ初搭載。シーンを選ぶだけの簡単な設定で、一定の間隔で撮影した静止画をつなげてフルHD動画として記録・再生することができます。長時間をかけて変化する被写体をコマ送りや微速度撮影したかのように時間を圧縮して表現することが可能です。また、プログラムシフトへの対応などマニュアルでの操作も充実。カスタム設定を使えば、撮影間隔と回数を自由に設定できます。

ムービー

フルHD60Pの動画撮影機能

大型センサーのボケ味を活かした映像など、より滑らかで美しい動画撮影を可能にするフルハイビジョン60P動画を実現。

被写体を追い、ピントを合わせる動画サーボAF

被写体を追い動画撮影中のピント合わせがより早くスムーズに。デュアルピクセルCMOS AFで進化した動画サーボAFにより一度捕捉した被写体に、高精度にピントを合わせ続けます。STM搭載のレンズと組み合せ、よりスムーズで快適な撮影が可能。

サーボAF※画像は解説用イメージです。

ステレオマイク

ステレオマイク

オートとマニュアル(64段階)の2種類の録音レベルを設定できるステレオマイクを内蔵しています。よりスムーズに駆動するSTM搭載のレンズとの組み合せで、さらに高品位な録音が可能です。

  • リードスクリュータイプのSTM。

露出制御は2種類のモードに設定可能。

用途に応じて選べる2種類の露出制御モード。「動画自動露出モード」はむずかしい設定なしで気軽に使いたい場合におすすめです。自動でシャッター速度や、絞り、ISO感度がオートで設定されます。また、もっと表現にこだわる場合は、さまざまな項目を任意で設定できる「動画マニュアル露出モード」。シャッター速度は高速側で1/4000秒、低速側で24/25/30fps時に1/30秒、50/60fps時に1/60秒以上で設定可能。ISO感度は[自動/手動]から選べ、それぞれISO100~6400(手動設定時はISO感度拡張によりISO12800)の範囲で設定できます。

SNSにもアップロードしやすい、MP4記録。

再生互換性に優れるMP4フォーマットに対応しています。SNSや動画サイトへのアップロードも簡単に行えます。

MP4形式設定時

動画記録サイズ カードごとの総記録時間 映像ビットレート
/ファイルサイズ
4GB 8GB 16GM 32GB 64GB
[1920×1080] 59.94fps
50.00fps
IPB 14分7秒 28分15秒 59分30秒 1時間59分 3時間58分 35Mbps
257MB/分
29.97fps
25.00fps
23.98fps
IPB 21分31秒 43分2秒 1時間26分5秒 2時間54分10秒 5時間58分20秒 24Mbps
176MB/分
[1280×720] 59.94fps
50.00fps
IPB 32分6秒 1時間4分3秒 2時間8分27秒 4時間6分54秒 8時間33分 16Mbps
118MB/分
[640×480] 29.97fps
25.00fps
IPB 2時間35分55秒 5時間11分17秒 10時間22分35秒 20時間45分10秒 41時間30分20秒 3Mbps
22MB/分
このページのトップへ