AFカスタム設定ガイド

  • Introduction
  • About
  • Case1
  • Case2
  • Case3
  • Case4
  • Case5
  • Case6

— AFカスタム設定ガイド機能[プリセット] — [Case2]障害物が入るときや、被写体がAFフレームから外れやすいとき

動きが速くAFフレームから外れやすいときや、
被写体の手前を障害物が横切るような場面で効果的です。

AFフレームから外れやすくても被写体に合わせ続けられる

写真:[Case2]パラメーターの初期設定

撮影する被写体(スポーツ選手など)の動きが速くAFフレームから外れやすいときや、被写体の手前を障害物が横切るような場面で効果的なのが[Case2]の設定です。被写体がAFフレームから外れると、背景にピントが合ってしまったり(ピント抜け)、手前に入った障害物にピントが合ってしまうことがあります。そのような場合に[Case2]の設定にすると、狙っている被写体にできるだけピントを合わせ続けようとします。被写体がAFフレームから外れる時間が長いときは(水泳のバタフライなど、一定間隔で被写体が隠れる競技)、パラメーターの[被写体追従特性]を[粘る:-2]に設定すると効果的なことがあります。

作例:[Case2]

陸上競技を[Case2]の設定で撮影。先頭の選手に合わせたAFフレーム上に、たびたび手前の選手の腕が重なりますが、その影響を受けることなく先頭の選手にピントを合わせ続けることができます。

作例:[Case2]使用前

被写体の動きが速くて、AFフレームから外れてしまい、背景にピントが合ってしまったケース(写真)。このような場合に[Case2]に設定すると、被写体にピントを合わせ続けやすくなります。

  • Introduction
  • About
  • Case1
  • Case2
  • Case3
  • Case4
  • Case5
  • Case6

PAGE TOP