AFカスタム設定ガイド

  • Introduction
  • About
  • Case1
  • Case2
  • Case3
  • Case4
  • Case5
  • Case6

— AFカスタム設定ガイド機能[プリセット] — [Case3]急に現れた被写体に素早くピントを合わせたいとき

AFフレームに捉えた被写体に対して、素早くピントを合わせたい。こんなときに効果的なのが[Case3]の設定です。

AFフレームに入ってきた被写体に素早くピントが合わせられる

写真:[Case3]パラメーターの初期設定

[Case3]では、[被写体追従特性]のパラメーターが[俊敏:+1]に設定されており、AFフレーム上に現れた被写体に対して、より素早いピント合わせが可能となります。この設定は、待機しているところにいきなり現れる被写体(例えば、アルペンスキーの滑降競技で、斜面の稜線上に飛び出してくる選手)の撮影に効果的です。また、AIサーボAF使用での連続撮影中に、被写体を次々と変えて撮影していきたいとき(例えば、自転車のロードレースのスタートシーンで、目的の選手を次々と変えて、それぞれの選手にピントを合わせて連続して撮りたいときなど)にも効果を発揮します。[Case3]に設定している場合、[Case2]とは反対に、AFフレームから狙った被写体が外れたときにピント抜けをしやすくなりますので、上記のような特定の目的での使用をおすすめします。

目的の選手を次々と変えて連続的に撮影する

1. 中央の選手にピントを合わせて集団全体を撮影

作例:Case3-1

2. 先頭の選手にピント合わせ

作例:Case3-2

3. 右端の選手にピント合わせ

作例:Case3-3

4. 左端の選手にピント合わせ

作例:Case3-4

自転車のロードレースで、集団となって走行してくるシーン。先頭の選手にピントを合わせて撮影する以外に、AFを継続させたまま集団内の個々の選手の表情を捉えたい場面もあります。この場合[Case3]に設定することで各選手に次々とピント合わせを行いながら連続撮影することができます。

  • Introduction
  • About
  • Case1
  • Case2
  • Case3
  • Case4
  • Case5
  • Case6

PAGE TOP