loading

四季がFIVEを呼んでいる。

EOS 5D Mark IVが描く、日本の四季。米美知子氏が撮り下ろした季節の作品を撮影に対する思いとともにご紹介します。

  • 春
  • NEW 07.20 夏
  • 秋
  • 冬

米 美知子

わたしが描く秋の写真で自然の音まで感じてほしい。

 「わたし、絵が描けないから、カメラが表現の道具になったんです。自然が好きだから、それを表現したい、残したいという思いがすごくあります」。
 写真家・米美知子はそう話しながら、2000メートル級の山を、さっそうと駆け上がって行く。EOS 5D Mark IVと数本のEFレンズ、そして重い三脚を担ぎながら。
 眼下ではめまぐるしく雲が動き、山で色づき始めた紅葉は、ときおり登山者を楽しませてくれる。八合目を過ぎたあたりで、突然、カメラバッグを下ろした。
最初の撮影ポイントを見つけたのだ。

 「歩きながら気になるところを見つけたら、すぐに写真の構図のイメージはできます。立ち止まり、ファインダーを覗いてみて、それがより明確になっていく。そして最終的な構図を決めていきます」。ピントの位置や主役の場所、奥行きをどこまで入れるか。それらはカメラを使って考えるという。
 米美知子は、ポイントを見つけてからの撮影判断に迷いがないため、決定的瞬間を逃すことも少ない。風景は、太陽の角度、雲の動き、風などによって、その姿や色を大きく変えてしまうことがある。迷いは、チャンスを逃すことになるのだ。実際、この日は雲の動きが激しく、目の前が真っ白になったかと思えば、彼方の稜線まで見渡せる瞬間もあった。
 日本の風景の魅力とはいったい何か。率直に聞いてみた。
「やっぱり四季があること。それぞれの季節には潤いがあって、奥が深い。国土は狭いのに、大味じゃない濃密で落ち着きのある自然がたくさんある。それが日本の風景の魅力じゃないですかね」。さらに「色がこんなにも混じり合う国って、少ないと思います。木の種類も日本はすごく多い。そして花もあるし、滝も川もある。周りは海で囲まれているから海も撮れるし。被写体は本当に豊富ですよね」。一生かかっても、撮りたいところは撮りきれないと嘆く姿に、日本の風景に対する深い愛を感じた。
 極端に彩度を上げたり、コントラストを強調しないのは米美知子の作品の特徴でもある。見たままの自然を描きたいという理由からに他ならない。「ネイチャーフォトを撮っているんだから、自然でなきゃおかしいと思います。雨が降っているなら雨を表現したい。写真は真実だから、あるがままの自然をいかに自分が描きたいような構図にするか。そのためにレンズを換えたり、立ち位置を変えたり、アングルを変えたり、自分がやってあげるんです。相手は動いてくれませんからね」。
 では、米美知子にとって秋とはどんな季節なのだろう。

 「葉が落ちる前に、最後の力を振り絞って色づこうとする、葉っぱたちの一生懸命さがすごくいいですよね。そこが秋の魅力ではないでしょうか。わたしは秋の始まりも好きですが、晩秋はもっと好き。やがて冬が来るっていう予感があるから。あと、落ち葉を踏む音も好き。サクサクっていう。そう、わたし、写真で音を表現したいってすごく思っているんです。写真は平面な表現でしょう?臨場感や質感、風の感じとか、わたしが描く秋の写真から、音も感じて欲しい。だから、実際にわたしが自然の中で感じてるものを、ちゃんと写真に入れるっていう意識はすごくありますね」。風景写真を、そういう思いで撮っているからこそ、撮影地ではなく、写真を撮ったときの思いや、撮ろうと思った理由を聞いて欲しいのだという。それは、風景写真に、どこまでもまっすぐで一途な米美知子の切なる思いでもある。

 「風景撮影は宝探し」も、米美知子の言葉。「わたしの“宝探し”は家を出る前から始まっているんです。どこに行こうかなって場所を探して、とにかく行ってみる。車を降りて歩き始める。どんな景色が私を待っているんだろう。ドキドキ感、期待感はたまらないですね。そんな好奇心を持って歩いているときは本当に楽しい」。嬉々として語るその目は、少女のように輝いていた。
“宝物”は、ただ漠然と前を向いて歩いても見つからない。キョロキョロしながら探していくうちに、うまく出逢えたり、ふと振り返ったときに、すごくいいものを見つけたりするのだという。
 「“わたしを撮って!”っていうものが、森の中には必ずいるんです」。

米 美知子

独学で写真をはじめ、アマチュア時代には全国規模コンテストで数々の賞を受賞。
日本の素晴らしい自然と色彩美を独創的な視点で表現。中でも表情豊かな森に魅せられ、
北海道から西表島まで日本の森を撮り歩く。
「夢のある表情豊かな作品」をテーマに精力的に撮り続けている。

米 美知子・監修 FIVEピクチャースタイル[FIVE Autumn]EOS 5D Mark IV 専用

写真家・米美知子氏が仕上げた、紅葉の作品を最終イメージとしたピクチャースタイルを作成しました。米美知子氏監修のもと、各種パラメーターを細かく調整。ピクチャースタイル「風景」をベースに、赤と黄をより自然の色味に。派手すぎない、しっとりと落ち着いた仕上がりになるよう調整。赤に溶け込みがちな黄も独立して見えるよう意識されています。また青空などの青の濃度がはっきり出るよう、わずかに青の彩度を上げています。一つ一つの色が独立して見えるため、適用する作品によって、より立体感(奥行き)のある仕上がりが期待できます。日本の秋の色彩を奥深く表現するピクチャースタイル[FIVE Autumn]を、ぜひお楽しみください。

ダウンロードと使い方はこちら

使い方はこちら

※ 適用する作品によって、仕上がり結果は異なります。ご自身のさまざまな作品でお試しください。

PAGE TOP