EOS 6D Mark II Special site

特長紹介

世界最軽量※・小型ボディー

約765g(バッテリー、カード含む)/約685g(本体のみ)を達成。新開発CMOSセンサーや映像エンジンDIGIC 7、バリアングル&タッチパネル液晶など、数々の進化を遂げながらもフットワークを活かした撮影が楽しめるボディーサイズを実現しています。

※可動式液晶モニター、35mm フルサイズ相当の撮像素子を搭載した、デジタル一眼レフカメラにおいて。
2017年6月28日現在(キヤノン調べ)。

35mmフルサイズ約2620万画素CMOSセンサー

新たに自社開発・自社生産。約2620万画素で、被写体のディテールまで鮮鋭に描写。最新のセンサー技術を導入することで、高画素化しながらも豊かな階調表現や低ノイズを達成しています。

フルサイズの魅力はこちらフルサイズの魅力はこちら

バリアングル&タッチパネル液晶モニター

前方向約180°、後ろ方向約90°、水平方向約175°に可動するバリアングル液晶をEOSのフルサイズとして初採用。タッチパネルと相まって、一眼レフカメラをより自由度高く、直感的に楽しめます。

オールクロス45点AFセンサー※1

全測距点でF5.6光束対応のクロス(縦/横)測距が可能。中央にはF2.8とF5.6のデュアルクロス測距※2を配置。上下18点を除いた最大27点の開放値F8対応や、測距エリア選択モードの搭載も実現しました。

  1. ※1 使用レンズにより、測距点数、デュアルクロス測距点数、クロス測距点数が変動します。
  2. ※2 AFグループ属性:Aグループレンズ使用時。対応レンズについてはこちらでご確認ください。

防塵・防滴性能※

電池室などへのシーリング部材採用に加え、部品間の隙間を極力小さくするよう部品を高精度化することで、砂塵や水滴などに強い耐久性を達成しています。

シーリング部材 部品の高精度化による防塵・防滴箇所シーリング部材 部品の高精度化による防塵・防滴箇所

※ 電池室やカードスロットカバー開閉部などにシーリング部材を組み込んでいます。また、ダイヤル回転軸などシーリング部材を組み込んでいない場所では部品間の隙間を極力小さくするよう部品を高精度化しました。これにより、不用意に降りかかる砂塵や水滴などが、カメラ内部に侵入することを抑制しています。 防塵・防滴性能を発揮させるため、電池室やカードスロットカバー、端子カバーなどの開閉部をしっかり閉じてください。 カメラは防塵・防滴に配慮した構造になっていますが、砂塵や水滴などの侵入を完全に防ぐことはできません。

デュアルピクセルCMOS AF

ファインダー撮影に迫るAF性能を、ライブビュー撮影で実現。撮像画面内の約80%(縦)×80%(横)の広範囲において、すべてのEFレンズで高速かつスムーズなAFが可能。動画撮影時にも威力を発揮、動く被写体にもなめらかにピントを合わせて記録できます。追従特性やAF速度をカスタマイズすることも可能です。

※ マニュアルフォーカスレンズ、EFシネマレンズを除きます。

映像エンジンDIGIC 7

EOSのフルサイズで初めて採用。最高約6.5コマ/秒の連続撮影や常用ISO感度最高40000、AFの追従性向上など、多彩な進化に大きく貢献しています。

※ 推奨露光指数です。

最高約6.5コマ/秒の連続撮影

新開発CMOSセンサーの高速信号読み出しと、映像エンジンDIGIC 7の新たな信号処理回路の採用により実現。高速・高精度AF、AIサーボAF IIと連携して、スポーツや野生動物、鉄道といった動く被写体の決定的瞬間を切りとります。また、ライブビュー撮影時も同様に最高約6.5コマ/秒の連写性能で撮影することができます。

多彩な撮影モード

ダイヤルを合わせて撮影するだけで、幅広いシーンを意図通りに表現可能。新EOSシーン解析システムにより、カメラが自動で高精度な画づくりを実現。また、被写体の躍動感を簡単に表現できる流し撮りモード※1も新設しました。

■ 7560画素RGB+IR測光センサー
IR画素(近赤外光検知)を備えた7560画素RGB+IR測光センサーを搭載。たとえば、夕景のシーンは色鮮やかで雰囲気のある一枚に、屋外の緑はより鮮明な印象に仕上げることが可能です。また、AFの精度向上も実現しています。
■ ビジュアルガイド※2
液晶モニターに表示される画面デザインが、直感的にわかりやすいビジュアルガイドを採用しました。各撮影モードの効果を写真を使って表示します。効果や仕上がりをイメージしながら撮影可能です。
  1. ※1 ライブビュー撮影時のみ対応しています。対応レンズはEF24-105mm F4L IS II USMのみとなります(ファームウエアVersion 2.0.0以降から対応)。
  2. ※2 「機能ガイド」と「撮影モードガイド」にのみ対応しています。

先進の動画機能

なめらかに美しく記録できるフルハイビジョン60pをはじめ、EOS初となる4Kタイムラプス動画※1を搭載。さらに、高度な動画サーボAFや、カメラのブレを検出してボディー内で効果的に補正する動画電子IS※2など数々の先進機能も採用しました。よりハイクオリティーな映像表現を追求することができます。

  1. ※1 「4Kタイムラプス動画」をカメラで再生したときは、「フルHD動画」と同じ 解像度で表示されます。また、「4Kタイムラプス動画」をカメラで通常再生したときや、1/1スロー再生したときは、「間引き再生」となります。
  2. ※2 一部のレンズは、動画電子IS機能に対応していません。

充実のネットワーク機能

一度ペアリングしたスマホとの常時接続を実現するBluetooth※1に対応。スマホを操作するだけでWi-Fi機能へ切り換わり※2、スマホからカメラの操作が快適に行えます。専用のアプリケーション「Camera Connect」を活用することで、写真や動画の閲覧・保存やリモートライブビュー撮影、NFC搭載のAndroid™端末とのスムーズな接続など、便利な機能が楽しめます。

■ GPS内蔵
写真に位置情報を付加。位置消失の低減と優れた測位精度を実現しています。ロガー機能を搭載しているため、移動の軌跡を辿ることが可能。測位モードを切り換えることもできます。
  1. ※1 Bluetooth=Bluetooth low energy technologyに対応。表記においてはBluetoothと記載しています。
  2. ※2 事前にペアリングしていることが前提です。なお、iOS端末では端末側の操作が必要な場合があります。カメラが他の機器とWi-FiまたはBluetooth接続中は、ワイヤレスリモートコントローラー BR-E1による操作はできません。Bluetooth機能の動作条件は、接続機器が右記を満たすものです。Androidの場合:Android5.0以上で、かつ Bluetooth 4.0以上を搭載。iOSの場合:Bluetooth 4.0以上を搭載(iPhone 4s以降/iPad 3rd以降/iPod touch 5th以降)。ただし、左記の動作条件を満たす機器であっても、機種によっては、Bluetooth接続ができないものがあります。Bluetooth接続ができない場合でも、機器とWi-Fi接続による画像の転送、リモート操作は可能です。カメラと携帯端末のWi-FiやNFC、Bluetoothでの接続には、キヤノン専用アプリケーション「Camera Connect」のインストールが必要となります。「App Store」、「Google Play」より無料でダウンロードが可能です。