その一瞬に応える“7”。写真家たちの使いこなし術。 私の7流。 EOS 7D MarkII カスタマイズ 動物写真家 福田 豊文 TOYOFUMI FUKUDA

Chapter1 「広すぎず、狭すぎない。“領域拡大”が絶妙なAFを可能にする」

動く動物の撮影では、もっぱら領域拡大(上下左右)AFを使います。特に猫や犬の場合は、私にとってこのAFが最適だと思っています。その理由をお話しします。
まず動物を撮るときは、被写体の目にピントを合わせるようにしています。スポット1点AFや1点AFでも良さそうですが、相手が動いているのでピント抜けすることがあるんです。反対にゾーンAFやラージゾーンAFを使うと、鼻の長い動物だと特に鼻の先端にピントが合ってしまうことがある。そこで領域拡大AFの出番というわけです。それも上下左右が有効です。広すぎず、狭すぎない絶妙な領域でAFをしてくれるため、かなりの確率でピントが合うんですよ。EOS−1D Xと比べても、EOS 7D Mark IIのAF精度に不満は感じませんね。このカメラが登場するまで、APS−Cは使っていませんでしたが、プロが使える性能に満足しています。
AFカスタム設定は、動物の動き方に合わせて、Case1・4・5から、その都度切り換えます。この作品はCase1です。横移動なので汎用性の高い設定です。基本性能が高いので、私には細かな設定は必要ありません。

EF70-200mm F2.8L IS II USM、1/250sec、F7.1、ISO1000

写真を拡大する

Case1は汎用性の高い設定のため、横移動する被写体の追従に向いている。

【領域拡大(上下左右)】ちょうどいい範囲で動物の動きを捕捉してくれるAF。

Case1~6の詳細はこちら

Chapter2 シャッター優先AEで瞬間の動きを表現したい。

撮影モードは、シャッター優先AEがほとんどです。やはり動物の動きをコントロールしたいという思いが強いので、絞りは成り行きで問題ありません。左上の作品はストロボ使用のためシャッター速度が遅いほうですが、下の作品のような日中の屋外では、かなりの高速シャッターで撮影します。
被写体ブレもなく、しっかりと瞬間の動きを止めたいですね。
光量が足りないときは、ISO感度で調整します。このカメラの高感度性能はすごくいいですよ。日中から、けっこう高感度で撮ることもあります。ISO感度の変更は頻繁に行うので、SETボタンに「ISO感度設定」を割り当てています。こうしておけば、セットボタンを親指で押しながら、メイン電子ダイヤルを人差し指でまわすことでISO感度が変更できるわけです。変更のたびに、ファインダーから目を離す必要がありません。

シャッター速度1/2000秒で捉えた一枚。柴犬が激走するシーンをしっかりと止めたかった。

SETボタン

Chapter3 縦位置撮影のためにバッテリーグリップは必須。

私が使うカメラ機材の中で、今もっとも出番が多いのがEOS 7D Mark IIです。焦点距離が1・6倍になるというメリットはとても魅力です。使うときはバッテリーグリップを装着します。動物の顔のアップなど縦位置で撮ることが多いので、私の撮影には欠かせません。バッテリーも2個装填できるので、交換も少なくてすみます。
少し話はそれますが、このカメラのシャッター音がとても気に入っています。機械的じゃないというんでしょうか。耳に心地良い。これもこのカメラの出番が多い理由かもしれませんね。

バッテリーグリップは必須。
長時間撮影にも活躍する。

福田 豊文の主なカメラ設定

・撮影モード:
シャッター優先AE
・ドライブモード:
高速連続撮影
・AF方式:
AIサーボAF(領域拡大[上下左右])
・AFカスタム設定:
Case1
・測光モード:
評価測光○WB:オート
・ピクチャースタイル:
スタンダード
・高輝度側・階調優先:
する
・ノイズ低減機能:
強め
・使用カード:
CF 32GB

福田 豊文TOYOFUMI FUKUDA

野生生物から動物園、犬や猫のペットまで、
様々な動物たちの撮影に精力的に取り組んでいる。
UFP写真事務所代表。公益社団法人 日本写真家協会会員。

希望小売価格 ¥300,000[ケース・フード付き、税別] EF70-200mm F2.8L IS II USM 「室内で動物を撮るときは、ほとんどがこのレンズです。解像力は言うまでもありませんが、もっとも気に入っているのは動物との“距離感”。猫や犬の顔をアップで撮るにしても、程よくて好きですね。 福田 豊文」 詳細を見る
Professional Photographer's Gallery 福田 豊文 TOYOFUMI FUKUDA

[被写体追従特性][速度変化に対する追従性][測距点乗り移り特性]という3つのパラメーターの設定を組み合わせた、6種類のプリセットを選択可能。シーンに応じて簡単に設定を使い分けることができます。

汎用性の高い基本的な設定

パラメーターの初期設定

被写体追従特性
[0]
速度変化に対する追従性
[0]
距離点乗り移り特性
[0]

障害物が入るときや、被写体が
AFフレームから外れやすいとき

パラメーターの初期設定

被写体追従特性
[粘る:-1]
速度変化に対する追従性
[0]
距離点乗り移り特性
[0]

急に現れた被写体に素早くピントを
合わせたいとき

パラメーターの初期設定

被写体追従特性
[俊敏:+1]
速度変化に対する追従性
[+1]
距離点乗り移り特性
[0]

被写体が急加速/急減速するとき

パラメーターの初期設定

被写体追従特性
[0]
速度変化に対する追従性
[+1]
距離点乗り移り特性
[0]

被写体の上下左右の動きが
大きいとき(1点AF時無効)

パラメーターの初期設定

被写体追従特性
[0]
速度変化に対する追従性
[0]
距離点乗り移り特性
[+1]

被写体の速度変化と上下左右の動きが
大きいとき(1点AF時無効)

パラメーターの初期設定

被写体追従特性
[0]
速度変化に対する追従性
[+1]
距離点乗り移り特性
[+1]

※スポット1点AF(任意選択)と1点AF(任意選択)時は「測距点乗り移り特性」が無効になります。

EF70-200mm F2.8L IS II USM、1/250sec、F7.1、ISO1000