その一瞬に応える“7”。写真家たちの使いこなし術。 私の7流。 EOS 7D MarkII カスタマイズ スポーツ写真家 水谷 たかひと TAKAHITO MIZUTANI

Chapter1 「自分の石をカメラに伝え、コンマ1秒のチャンスをモノにする」

深雪の斜面をアグレッシブに滑り降りてくる、岡部哲也選手を捉えた一枚です。斜面のトップは稜線になっているため、いつ姿が現れるのか正確にはわかりません。事前にその近辺にピントを合わせ、ファインダーの中でヘルメットが見えた瞬間からシャッターを切り始めます。
AFは中央1点。どんな競技でもEOS 7D Mark IIでは、このAFです。たとえ日の丸構図になっても、もっとも精度が高い測距点を使うようにしています。この作品の場合、AFカスタマイズはCase3。「被写体追従特性」は+2です(初期設定から+1)。この設定をするだけで、僕自身かなり追従性の違いを感じることができました。
ちなみにモータースポーツのように、被写体があらかじめ来ることがわかっている場合は、Case1でAFカスタマイズも初期設置のまま。基本性能が高いので、AFの敏感度を上げる必要はありません。
このカメラは約2020万画素と高画素なので、画像は非常に高精細です。一方で、今まで写らなかったものまで写ってしまう。たとえばピンのズレがわずかでもあると、画像に反映されることがあります。そこで、レンズのピント調整が必要になってくるわけです。AFマイクロアジャストメントという機能が搭載されているので、ぜひ使ってみてください。ズームレンズはワイド端とテレ端、両方調整してほしいですね。僕にとってピント精度は非常に重要なので、定期的にシビアな調整を行っています。

EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、1/2500sec、F5.0、ISO200

写真を拡大する

競技によってAFカスタマイズを変更。アルペンスキーのように視覚の外から急に被写体が現れる場合などに威力を発揮する。測距点は精度の高い中央1点。

Case1~6の詳細はこちら

ピント精度は重要。
レンズのピント調整は不可欠。

Chapter2 カメラ任せでは撮れない。自分だけの作品に。

カメラの性能が高いとはいえ、なんでも機械任せにはしません。自分がどう撮りたいのか。その意思を、正確にカメラに伝えます。被写体を止めたいのか。躍動感を出したいのか。光と影はどう表現したいのか。グレー部分の残し方にも気を使いますよ。この作品のようにね。人間の反射神経では対応できない瞬時のピント合わせだけ、カメラに頼ります。
雪景色などフレーム内に白い面積が多い場合、普通に撮ると写真全体がアンダーになりがちです。それをカメラ任せではなく、自分の意思で調整するということです。
ただ僕の場合、明暗をはっきりさせたいので、極端な話、白トビ・黒ツブレは気にしません。撮りたいイメージをカメラに伝え、コンマ1秒ちょっとの中にあるチャンスをモノにしていく。それが僕の撮り方なんです。

Chapter3 難しいカメラではない。素直でポテンシャルが高い。

初代の7Dからかなり性能が上がって、難しいカメラのように思われがちですが、実はそうではありません。素直でいいカメラですよ。ポテンシャルがとても高いので、それこそ箱から出して、そのままの設定ですぐにいい写真を撮ってくれるんじゃないですかね。
自分の写真を自己主張していきたい人にもお薦めしたいですね。動きモノにはもちろん、静的な被写体にも使える。オールマイティーな一眼レフだと思います。
ちなみにCFカードは、信頼性の高いものを使ってほしい。僕は256GBで読み込み速度が最速のカードを使っています。このカメラの性能をフルに発揮させることができますから。

水谷 たかひとの主なカメラ設定

・撮影モード:
マニュアル露出
・ドライブモード:
高速連続撮影
・AF方式:
AIサーボAF(中央1点)
・AFカスタム設定:
Case3
・測光モード:
評価 測光
・WB:
オート
・ピクチャースタイル:
スタンダード
・高輝度側・階調優先:
状況により判断
・ノイズ低減機能:
しない
・使用カード:
CF 256GB

水谷 たかひとTAKAHITO MIZUTANI

モータースポーツ、ウインタースポーツ、サッカー、ラグビーなどを中心に撮影。
AJPS(日本スポーツプレス協会)理事、AIPS(国際スポーツプレス協会)会員。

希望小売価格 ¥300,000[ケース・フード付き、税別] EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM EOS 7D Mark IIとの相性は抜群。一本で望遠から超望遠(640mm)をカバーできる都合のいいレンズです。解像感も凄い。単焦点の画質に見慣れている僕も満足できます。大きさ、重さ、どれをとってもすばらしい。 水谷 たかひと」 詳細を見る
Professional Photographer's Gallery 水谷 たかひと TAKAHITO MIZUTANI

[被写体追従特性][速度変化に対する追従性][測距点乗り移り特性]という3つのパラメーターの設定を組み合わせた、6種類のプリセットを選択可能。シーンに応じて簡単に設定を使い分けることができます。

汎用性の高い基本的な設定

パラメーターの初期設定

被写体追従特性
[0]
速度変化に対する追従性
[0]
距離点乗り移り特性
[0]

障害物が入るときや、被写体が
AFフレームから外れやすいとき

パラメーターの初期設定

被写体追従特性
[粘る:-1]
速度変化に対する追従性
[0]
距離点乗り移り特性
[0]

急に現れた被写体に素早くピントを
合わせたいとき

パラメーターの初期設定

被写体追従特性
[俊敏:+1]
速度変化に対する追従性
[+1]
距離点乗り移り特性
[0]

被写体が急加速/急減速するとき

パラメーターの初期設定

被写体追従特性
[0]
速度変化に対する追従性
[+1]
距離点乗り移り特性
[0]

被写体の上下左右の動きが
大きいとき(1点AF時無効)

パラメーターの初期設定

被写体追従特性
[0]
速度変化に対する追従性
[0]
距離点乗り移り特性
[+1]

被写体の速度変化と上下左右の動きが
大きいとき(1点AF時無効)

パラメーターの初期設定

被写体追従特性
[0]
速度変化に対する追従性
[+1]
距離点乗り移り特性
[+1]

※スポット1点AF(任意選択)と1点AF(任意選択)時は「測距点乗り移り特性」が無効になります。

EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、1/2500sec、F5.0、ISO200