画期的なAF設定の操作性

[AFタブ]AFに関するメニュー機能は独立したタブ内にーさまざまなAF関連の項目をまとめた「AF タブ」ー

[AFタブ]AFに関するメニュー機能は独立したタブ内にーさまざまなAF関連の項目をまとめた「AF タブ」ー

EOS 7D Mark IIでは、これまで「カスタム機能(C.Fn)」などに収められていたAFに関するさまざまな設定項目を、「AFタブ」にまとめています。
これにより、AF関連の諸設定へのアクセスがスムーズになっています。特に[AF1]タブに収められた、「AFカスタム設定ガイド機能」は、AIサーボAFの特性を簡単に設定することができる機能で、EOS 7D Mark IIの優れたAF性能を活かすためにキーとなる機能です。
被写体の動きの特徴や、撮影シーンの状況に合わせて、[Case1]~[Case6]の6つのプリセットから選択するだけで、効果的なAIサーボAFの特性へと設定することが可能。さらにパラメーターを個別に調整することもできます。(「AFカスタム設定ガイド機能」の詳細については、こちらで紹介します。)
また[AF2]~[AF5]タブには、「レリーズタイミングの設定」や「任意設定可能なAFフレーム数の設定」など、さまざまな設定項目がありますので、撮影スタイルに合わせてきめ細かな設定が可能です。

[AF1]タブには「AFカスタム設定ガイド機能」を搭載

EOS 7D Mark IIのAIサーボAFを駆使して動体撮影を行っていくときに、キーとなるのが「AF1」タブです。ここに収められた[AFカスタム設定ガイド機能]で撮影シーンに合った項目を選ぶことで、効果的なAIサーボAFの特性に設定することが可能です。

[AF2]~[AF5]のタブではAFに関するさまざまな設定が可能

AF2 AIサーボAF AIサーボAF+連続撮影時のレリーズタイミングに関する設定を搭載

AF2 AIサーボAF AIサーボAF+連続撮影時のレリーズタイミングに関する設定を搭載

[AIサーボAF1コマ目レリーズ]と[サーボAF連続撮影中のレリーズ]は、シャッターが切れるタイミングをピントを優先にするか、レリーズを優先にするかが設定できます。

AF3 ワンショットAF ワンショットAF時のフォーカシングやレリーズタイミングなどに関する設定

AF3 ワンショットAF ワンショットAF時のフォーカシングやレリーズタイミングなどに関する設定

[レンズの電子式手動フォーカス][AF補助光の投光]では、使用するレンズやAF補助光の機能を設定でき、[ワンショットAF時のレリーズ]ではAF作動特性とレリーズタイミングを設定できます。

AF4 主にAF測距点の選択に関する設定項目を搭載

AF4 主にAF測距点の選択に関する設定項目を搭載

[任意選択可能なAFフレーム][測距エリア選択モードの限定][測距エリア選択モードの切換][縦位置/横位置のAFフレーム設定]等の項目があり、[AF測定不能時のレンズ作動]も[AF4]タブにあります。

AF5 主にAFフレーム等の表示に関する設定項目を搭載

AF5 主にAFフレーム等の表示に関する設定項目を搭載

[測距時のAFフレーム表示][ファインダー情報の照明]
[ファインダー内のAF作動表示]。そのほかに、AFフレームの選択を端で止めるか/反対側に循環させるかの[AFフレームの任意選択時の循環]と、ピントが合う位置を微調整できる[AFマイクロアジャストメント]が収められています。

  • 前の項目を見る
  • 次の項目を見る

AF GUIDE MENU