AFの活用と新しいファインダー

AF-ON/*ボタンへの機能割り当て [AIサーボAF特性][AF動作]等を追加  -撮影中に瞬時にモードを切り換えての撮影が可能-

1 AF ON/AELボタンの[AF・測光開始]の詳細設定に[AIサーボ特性]など4設定が割り当て可能

AF-ONボタン

操作ボタン
カスタマイズの AF-ONボタン/AEロックボタン ボタン[AF・測光開始]時

INFO.ボタンを押す

詳細設定

詳細設定で
[AF開始位置]
[AIサーボAF特性]
[AF動作]
[測距エリア選択モード]
の4設定が可能

C.Fn3の[操作ボタンカスタマイズ]で、〈AF-ON〉〈AEロックボタン〉ボタンに[AF・測光開始]を選択した状態で〈INFO.〉ボタンを押すと詳細設定に移行します。この画面で4つの設定が選べます。

これにより隣接した2ボタンでAFや連続撮影に関するモードが瞬時に切り換え可能

AF-ON

AF ONボタン:AF ONボタン

AEロックボタン:AEロックボタン

例)ボタンとボタンでAIサーボAF特性(Case)を切り換える

AF ONボタン〉〈AEロックボタン〉ボタンへの機能割り当てを利用すると、左右に並んだ2つのボタンで使用機能を瞬時に変えての撮影が可能になります。例えば、よく使用する2つのAIサーボAF特性(Case)をそれぞれに割り当てておくと、被写体の動きや障害物の入り方に応じて最適なAIサーボAF特性へと切り換えて連続的に撮ることも可能になります。

AF ONボタン には[Case1]を
割り当て

AEロックボタン には[Case1]を
割り当て

  • AIサーボAF特性 Case 1 汎用性の高い基本的な設定
  • AIサーボAF特性 Case 2 障害物が入るときや、被写体がAFフレームから外れやすいとき

通常はAF ONボタンボタン(Case1)で撮影し障害物が多い場合にボタン(Case2)で撮影

2 AF-ON/*ボタンに[ワンショット⇄AIサーボ]が割り当て可能に

AF-ONボタン

操作ボタンカスタマイズでボタンに[ワンショット⇄AIサーボ]を割り当てる

[操作ボタンカスタマイズ]で〈AF ONボタン〉〈AEロックボタン〉ボタンに割り当て可能な設定に、[ワンショット⇄AIサーボ]があります。この設定ではボタンを押している間AFモードが切り換わります。

ファインダーを覗いたままでも押しやすい
AF ONボタン/AEロックボタンボタンでワンショットとAIサーボの切り換えが可能

[ワンショット⇄AIサーボ]は、〈AF ONボタン 〉〈AEロックボタン〉ボタンへの割り当てが効果的です。すばやい撮影が必要なときにもAFモードを瞬時に切り換えて撮影することが可能です。

カスタム機能C.Fn3[操作ボタンカスタマイズ]による機能の割り当てで、撮影状況に柔軟に対応することができます。例えばボディ背面に並んだ〈AF ONボタン 〉〈AEロックボタン〉ボタンへの割り当てできるAF関連機能を利用すると、カメラの構えを変えずに、被写体や状況に対応した適切な機能へと瞬時に切り換えて撮影できます。
AF ONボタン〉〈AEロックボタン〉ボタンへの[AF・測光開始]を割り当てた状態で、そこから詳細設定を行うことで[AF開始位置] [AIサーボAF特性(Case)][AF動作][測距エリア選択モード]の4設定をさらに細かく割り当てできます。これらの設定を利用して、「〈AF ONボタン〉ボタンでCase1⇄〈AEロックボタン〉ボタンでCase2」あるいは「〈AF ONボタン〉ボタンでAIサーボAF⇄〈AEロックボタン〉ボタンでワンショット」と瞬時に切り換えれば被写体の動き、特性に合わせた撮影が可能となります。
AF ONボタン〉〈AEロックボタン〉ボタンへ は[ワンショット⇄AIサーボ]も割り当て可能です。好みや撮影シーンに合わせてカスタマイズを行ってください。

  • 前の項目を見る
  • 次の項目を見る

AF GUIDE MENU