AFカスタム設定ガイド機能

シーンに合わせてCase1~6を選ぶだけで効果的な設定にー3つのパラメーターを組み合わせた「プリセット」ー 

Case1 汎用性の高い基本的な設定

「AFカスタム設定ガイド機能」は、AIサーボAFの特性を決定する機能です。そのため、AFモードを[AIサーボAF]に設定したときに有効となります。

「AFカスタム設定ガイド機能」は、AIサーボAFの特性を決定する機能です。そのため、AFモードを[AIサーボAF]に設定したときに有効となります。

Case1~6には撮影シーンごとに効果的なパラメーターの組み合せをプリセット

  • Case1 汎用性の高い基本的な設定

    Case1

    汎用性の高い基本的な設定

  • Case2 障害物が入るときや、被写体がAFフレームから外れやすいとき

    Case2

    障害物が入るときや、被写体がAFフレームから外れやすいとき

  • Case3 急に現れた被写体に素早くピントを合わせたいとき

    Case3

    急に現れた被写体に素早くピントを合わせたいとき

  • Case4 被写体が急加速/急減速するとき

    Case4

    被写体が急加速/急減速するとき

  • Case5 被写体の上下左右の動きが大きいとき(1点AF時無効)※

    Case5

    被写体の上下左右の動きが大きいとき
    (1点AF時無効)※

  • Case6 被写体の速度変化と上下左右の動きが大きいとき(1点AF時無効)※

    Case6

    被写体の速度変化と上下左右の動きが大きいとき
    (1点AF時無効)※

[Case1]~[Case6]には、特定の被写体の「動き」や撮影シーンに効果的なパラメーターの組み合せがセットされています。
アイコンや項目の名称を参考に選ぶだけで、シーンに適したAIサーボAFの特性に設定することができます。

EOS 7D Mark IIの[AF1]タブには、スポーツ種目をイメージした6種類のアイコンが表示されます。これが「AFカスタム設定ガイド機能」のプリセット項目です。撮影しようとしている種目や動きの特徴に合わせて[Case1]から[Case6]の中から選択することでシーンに適したAIサーボAF特性の設定が簡単に行えます。
用意されている6つのプリセットは、[被写体追従特性][速度変化に対する追従性][測距点乗り移り特性]という3つのパラメーターの設定を組み合わせたものです。これらのパラメーターを撮影状況や、被写体の動きに合わせて1つ1つを設定していくことは煩雑で、適切な設定が決まるまでに手間がかかりますが、プリセットの中から選択することで簡易に効果的な設定を行うことが可能です。
※スポット1点AF(任意選択)と1点AF(任意選択)時は「測距点乗り移り特性」が無効になります。

設定のヒント

各ケースを表示した状態でINFO. ボタンを押すとAF設定の特性や撮影シーン例を確認することができる

Case1 汎用性の高い基本的な設定

INFO.ボタンを押す

Case1 多くの撮影シーンと被写体に対応できる汎用性の高い設定です

[Case1]~[Case6]についてもう少し詳しい内容を知りたいときには、それぞれのケースを表示した状態て〈INFO.〉ボタンを押すと、より詳細な設定内容と、撮影シーンの例が表示されます。どのケースを選ぶべきか迷ったときは、参照してください。

  • 前の項目を見る
  • 次の項目を見る

AF GUIDE MENU