AFカスタム設定ガイド機能

Case4 被写体が急加速/急減速するとき

急加速/急減速する被写体にピントを合わせ続けられる

Case4 被写体が急加速/急減速するとき

パラメーターの初期設定 被写体追従特性[0] 速度変化に対する追従性[+1] 測距点乗り移り特性[0]

急にスピードを緩め方向転換。また急にスピードを上げて走る選手を連続して捕捉

急にスピードを緩め方向転換。また急にスピードを上げて走る選手を連続して捕捉

モトクロスのコーナーリングシーン。高速で走ってきたバイクがコーナー手前で急減速し、ターンしている様子を[Case4]で的確に捉えました。

モトクロスのコーナーリングシーン。高速で走ってきたバイクがコーナー手前で急減速し、ターンしている様子を[Case4]で的確に捉えました。

スポーツ撮影、モータースポーツ撮影では、素早い動きに対応しなければならないケースが多くなります。ただ、この場合の「素早い動き」とは、単にスピードが速いこととは限りません。止まっている状態から急に動き出す、反対に動いている状態から急に減速したりストップする「静から動」「動から静」という急激な変化が、様々な場面で現れます。こうした速度変化の大きな被写体の撮影で有効なのが[Case4]です。[速度変化に対する追従性]のパラメーターが[+1]に設定されていて、急なストップや急激な加速に対しても、その速度変化にしっかり追従してピントを合わせるように、AIサーボAFが働きます。サッカーやラグビー、バスケットボールのように「ダッシュしてストップ。方向を変えてまたダッシュ」という動きの多い競技や、モータースポーツのコーナーリング(急減速/急加速)といった撮影で効果的な設定です。

※説明のため、測距点を青色で表現しています。

  • 前の項目を見る
  • 次の項目を見る

AF GUIDE MENU