AFカスタム設定ガイド機能

Case6 被写体の速度変化と上下左右の動きが大きいとき(1点AF時無効)

上下左右の動きと速度変化の大きい被写体にピントを合わせる

Case6 被写体の速度変化と上下左右の動きが大きいとき(1点AF時無効)

パラメーターの初期設定 被写体追従特性[0] 速度変化に対する追従性[+1] 測距点乗り移り特性[+1]

急激に動き、かつ上下左右へ大きく動く被写体を捕捉してピント合わせできるカメラの方向に向かって進んできたカヤックが、高低差のある場所で激しい動きとともに落ちていくシーン。[Case6]は大きな動きと急激な速度変化を示す被写体に効果的な設定です。

急激に動き、かつ上下左右へ大きく動く被写体を捕捉してピント合わせできる
カメラの方向に向かって進んできたカヤックが、高低差のある場所で激しい動きとともに落ちていくシーン。[Case6]は大きな動きと急激な速度変化を示す被写体に効果的な設定です。

[ Case6]は、[Case4](急激な速度変化への対応)と[Case5](上下左右への大きな動きへの対応)の2つを組み合わせた特性を持つ設定です。パラメーターも[速度変化に対する追従性]と[測距点乗り移り特性]がそれぞれ[+1]となっています。「急にストップしたり動き出したり」して、かつ「上下左右への動きが大きな」被写体に対して効果的な設定です([Case5]と同様に[65点自動選択AF]と[ゾーンAF][領域拡大AF]のときに働きます)。新体操などで、静止している状態から大きくジャンプするようなシーン。また、大きな動きからピタリと止まるようなシーンの撮影で有効な設定です。

[ Case6]は、[Case4](急激な速度変化への対応)と[Case5](上下左右への大きな動きへの対応)の2つを組み合わせた特性を持つ設定です。パラメーターも[速度変化に対する追従性]と[測距点乗り移り特性]がそれぞれ[+1]となっています。「急にストップしたり動き出したり」して、かつ「上下左右への動きが大きな」被写体に対して効果的な設定です([Case5]と同様に[65点自動選択AF]と[ゾーンAF][領域拡大AF]のときに働きます)。新体操などで、静止している状態から大きくジャンプするようなシーン。また、大きな動きからピタリと止まるようなシーンの撮影で有効な設定です。

※説明のため、測距点を青色で表現しています。

  • 前の項目を見る
  • 次の項目を見る

AF GUIDE MENU