Canon EOS 80D

一眼レフカメラの様々な表現機能

表現機能
Creative

Wi-Fi機能や多彩な表現機能で、写真を存分に楽しむ。

EOS 80Dの多彩な表現機能・撮影機能は「写真」を楽しむ機能が満載。
Wi-Fi / NFC接続による簡単ワイヤレス接続で、本格一眼レフクオリティの写真や動画を気軽にシェア可能です。
さらに多彩な撮影モードを使ってひと味違う作品づくりや、タイマー撮影機能で視点を変えた表現など、写真を思う存分に楽しんでいただけます。

撮る時も、撮った後も。Wi-Fi/NFC機能で広がる可能性

Wi-Fiで、スマートフォンやSNSにつながる。

写真や動画を、撮ったその場で共有できるWi-Fi機能。スマートフォンやプリンター、テレビ、カメラなどへ、ワイヤレスで写真を送信できます。
キヤノンのWebサービス「CANON iMAGE GATEWAY」を経由して、FacebookやTwitterなどのSNSや、YouTubeへのアップロードも簡単です。

接続はデバイスに近づけるだけ。NFC対応

EOS 80Dと、スマートフォン用アプリ「Camera Connect」がインストールされているAndroid(TM)端末を近づけるだけで、Wi-Fi接続が完了。アプリが自動で起動するため、スムーズに接続できます。

画像の閲覧やカメラの遠隔操作もできる Camera Connect

スマートフォン用アプリ「Camera Connect」をインストール(無料)しておけば、EOS 80Dで撮影した写真や動画を、撮ったその場でスマートフォンに転送できます(※)。カメラの遠隔操作も可能で、スマートフォンに映し出されたライブビュー画面を確認しながら、絞りやシャッター速度、ISO感度の設定変更もできます。

※スマートフォンに保存できる画像のファイル形式はJPEG画像、RAW画像、動画(MP4)のみ。RAW画像は、サムネイル用JPEGを転送しています。

Camera Connect画面1
Camera Connect画面2
WiFi活用で広がる楽しみ方

多彩な表現機能で、ひと味違った作品づくりに。

多重露出撮影

撮影画像をカメラ内で合成し、ひと味違う作品に仕上げられる多重露出撮影。
重ねあわせる画像の枚数は、2〜9枚から選ぶことができます。多重露出方式は[加算][加算平均]の2種類から選択できます。

写真1
花とモデルの2枚の写真を[加算]方式で重ねあわせて撮影。重ねあわせる写真の組み合わせで、さまざまな楽しみ方ができる。
写真2
夕日の逆光を浴びた、撮影が難しいシーンも、HDR機能を使えば、風景も黒つぶれせず、夕日の鮮やかさを活かした撮影が可能になる。

HDR(ハイダイナミックレンジ)機能

激しい明暗差や逆光など、白トビや黒つぶれを抑えたいシーンで効果的です。
露出アンダー/標準/露出オーバーの3枚の画像を撮影して合成し、よりダイナミックレンジ(表現できる明暗の幅)の広い画像が生成できます。

写真をもっと楽しく。バラエティ豊かなクリエイティブフィルター

7種のフィルター効果で、印象的な写真に仕上げる機能。ライブビュー映像上で実際の効果を確認可能。撮影後のフィルター処理も行えます。

写真3
[クリエイティブフィルター] トイカメラ風
写真4
[クリエイティブフィルター] ジオラマ風
写真5
[クリエイティブフィルター] ラフモノクロ

被写体の姿を違う視点で。2つのタイマー撮影機能

インターバルタイマー撮影

指定した間隔(1秒〜99時間59分59秒)と回数(1回〜99回、無制限)で、撮影を実行。長い時間をかけてゆっくり変化する被写体の様子を、定点観測したいときに便利です。撮った画像をつなげれば、タイムラプス動画のようなムービーづくりも楽しめます。

バルブタイマー撮影

1秒〜99時間59分59秒から露光時間の設定が可能。星空の軌跡撮影、車のライトの流れを撮影するときに便利です。バルブ撮影中にシャッターボタンを指で押している必要がないため、タイマーコントローラーが無くても、カメラブレを低減できます。

ページTOPへ戻る