Canon EOS 80D

表現を意のままにする一眼レフの画質

高画質
High quality

約2420万画素のCMOSセンサーとDIGIC 6による高画質。

撮影者の心に触れた瞬間を、鮮明に一枚の写真として仕上げるために、約2420万画素のAPS-CサイズのCMOSセンサーを搭載。
被写体の細部まで克明に描写したい風景撮影はもちろん、室内のポートレート撮影まで、その場の光や空気感を高い解像力で描写します。
さらに、映像エンジンDIGIC 6が約2420万画素という膨大な光の情報を高速で画像に変換することで、高画質と最高約7コマ/秒の高速連写を両立させています。

※有効撮影画角はレンズの表記焦点距離の約1.6倍相当。

高画質・高精細イメージ
写真1
ポートレート。日が入る室内の柔らかな雰囲気を残したまま、モデルの髪を繊細に写す、優れた解像感を感じられます。

高画質・高精細約2420万画素CMOSセンサー

約2420万画素CMOSセンサー

高画質を新しい領域へ。約2420万画素CMOSセンサー。

目の前に広がる光景をより繊細に、美しく描写するために。
EOS 80Dは、一眼レフカメラならではの高画質・高精細を実現するため、約2420万画素のCMOSセンサーを搭載。膨大な情報量を持つ大型センサーは、カメラが捉えた被写体の質感の違いや微妙に異なる色の階調、光のニュアンスまで精緻に描写します。

CMOSセンサーの性能を引き出す映像エンジンDIGIC 6

DIGIC 6

高画質・高性能を生み出す、映像エンジンDIGIC 6。

EOS 80Dに搭載されたDIGIC 6が、約2420万画素という膨大な光の情報を高速で画像に変換。高画質、フルハイビジョン60p動画、最高約7コマ/秒の高速連続撮影などの先進機能を支えます。

撮影の幅を広げる、常用ISO感度100〜16000(※)(拡張25600)

撮りたいシーンや表現の狙いに応じて、広範囲で選べる常用ISO感度100~16000。夜の街角や、薄暗い室内など、光量の少ないシーンでもノイズを抑えた高画質で撮影できます。
ISO感度を高く設定できるほど、暗いシーンでもシャッター速度を速くできるので、通常なら手ブレを気にする場面でも、安心してシャッターを切ることができます。
また、感度拡張により、H:ISO25600の設定も行えます。

※推奨露光指数。動画撮影時はISO100〜12800(拡張ISO25600)

映像エンジン性能イメージ
写真2
光量の少ない夜景撮影。ノイズを抑え、細やかな光源の鮮やかさを写し撮る。黒つぶれもなく、夜の空の雲もしっかりと描く。
EFレンズ・イメージ

先鋭な描写力に応えるEFレンズ・シリーズ

EOSの鮮鋭な描写力に応える、EFレンズ・シリーズ

さらに高精細な描写力へ。進化するEOSに応えるためにEFレンズは、フレアやゴーストを防ぐ新コーティング技術や、各収差を補正する光学技術を開発。
デジタル一眼レフにふさわしい高画質を実現しています。

EOS 80Dの高画質を支える測光センサー

夕景や緑を美しく、フリッカーレス撮影(※)にも対応する、
7560画素RGB+IR測光センサー。

夕景や屋外の緑を高精度に検知するIR画素(近赤外光検知)を備えた測光センサーを新たに搭載。また、蛍光灯などの人工光源下で連続撮影した場合に起こる露出のばらつき対策に、光源のちらつきの周期を検知し、光量ピーク付近で撮影するフリッカーレス撮影が有効です。

※100Hzと120Hzのフリッカーにおいて有効です。[する]設定時はレリーズタイムラグがわずかに長くなるほか、連写速度が低下する可能性があります。ライブビュー撮影時、動画撮影時には機能しません。

総合的な画質向上を実現した、新EOSシーン解析システム。

人の顔、色、明るさ、動き、コントラスト、距離などの情報をもとに、カメラがシーンを自動的に解析する新EOSシーン解析システム。人物の肌色検知(色検知AF)による適切なAE制御や、オートライティングオプティマイザ制御などが行えます。

写真3
左:フリッカーレス撮影OFF 右:フリッカーレス撮影ON
フリッカーレス撮影では、連続撮影時の露出とホワイトバランスが自動調整される。
ページTOPへ戻る