臨場感まで描写する表現力。

臨場感まで描写する表現力。

臨場感まで描写する表現力。

APS-Cサイズ CMOSセンサー

一眼レフならではの大型APS-CサイズCMOSセンサーを搭載。約2420万画素の高画素で、被写体のディテールや微妙な色彩、さらには、その場の臨場感や空気感まで描写できます。また、背景を大きくぼかせるのも大型センサーのメリット。大判プリントや大型テレビなどでの鑑賞で、その表現力を実感できます。手にしたその日から、ワンランク上の写真画質をお楽しみください。

*有効撮影画角はレンズの表記焦点距離の約1.6倍相当。

APS-Cサイズ CMOSセンサー

高画質をさらなる高みへ。

高画質をさらなる高みへ。

カメラの頭脳ともいえる映像エンジンが、ついにDIGIC 7へ。DIGIC 6に比べ、画像を処理する性能が飛躍的にアップしているため、大型センサーが捉えた高画素情報を、より精緻な画像へと変換。これまで以上に、細部のディテール、豊かな階調を実現します。また、最高常用ISO感度25600や最高約6コマ/秒の高速連写、60pのフルハイビジョン動画撮影など、カメラの高性能化にも大きく貢献しています。

詳しくはこちら 詳しくはこちら

動く被写体に一瞬でオートフォーカス。

動く被写体に一瞬でオートフォーカス。

中級機と同じ高性能AFセンサー。

一眼レフの醍醐味のひとつファインダー撮影。光学ファインダーから見えるリアルタイムの光景を“瞬時”に写真にできます。その“瞬時”こそ、オートフォーカス性能の高さ。EOS 9000Dはエントリー機でありながら、EOSの中級機に搭載されているオールクロス45点AFを搭載。ファインダー内で広範囲かつ高密度に配列された測距点が、動く被写体や小さな被写体も逃さず正確にキャッチ。全測距点でF5.6光束対応のクロス(縦/ 横)測距が可能です。使用頻度の高い中央測距点には、高いピント精度を実現するF2.8とF5.6のデュアルクロス測距*2を配置。また最大27点の開放値F8に対応しています。さらに低輝度限界性能はEV-3(中央1点、ワンショットAF時)。暗い場面でも高精度にピントを合わせることができます。

*1 最大45点でクロス測距が可能。EF-S18-55mm F4-5.6 IS STM使用時はクロス測距点は15点になります。 装着するレンズやアスペクト比の設定により、測距点数、クロス測距点数、デュアルクロス測距点数が変動します。

*2 AFグループ属性:Aグループレンズ使用時。 EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM、EF-S18-55mm F4-5.6 IS STM、EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM使用時には機能しません。 対応レンズについては商品情報サイトをご確認ください

中級機と同じ高性能AFセンサー。

詳しくはこちら 詳しくはこちら

決定的シーンをベストショットに。

決定的シーンをベストショットに。

決定的シーンをベストショットに。

ファインダー撮影で、約2420万画素の高画素(RAW/JPEGラージ)のまま、1秒間に最高約6コマという高速連続撮影を実現。動く被写体にピントを合わせ続けるAIサーボAF IIとの連携により、鉄道や飛行機、野鳥、スポーツなど連続的な動きをする被写体をベストショットで切りとります。

詳しくはこちら 詳しくはこちら

決定的シーンをベストショットに。

 

ライブビュー撮影で、世界最速オートフォーカス。

ライブビュー撮影で、世界最速オートフォーカス。

 

ライブビュー撮影で、世界最速オートフォーカス。

ライブビュー撮影で、まるでファインダー撮影のように、瞬時にピントが合う。それがデュアルピクセル CMOS AF。EOSのエントリー一眼レフに初めて採用した世界最速のオートフォーカスです。動画撮影時にも、高精度かつ高速にオートフォーカスが可能。動く被写体にもあっという間にピントを合わせます。

ライブビュー撮影で、世界最速オートフォーカス。

※0.03秒。APS-Cサイズ相当の撮像素子を搭載したレンズ交換式デジタルカメラの撮像面位相差AFにおいて。2017年2月14日現在(キヤノン調べ)CIPAガイドラインに準拠して測定したAF時間の結果から算出(撮影条件や使用レンズにより異なる)。内部測定方法。[測定条件]測距輝度:EV12(常温・ISO100)、撮影モード:M、EF-S18-55mm F4-5.6 IS STM使用、焦点距離55mm位置、シャッターボタン操作によるライブビューAF撮影時、AF方式:ライブ1点AF(中央)、AF動作:ワンショットAF時

詳しくはこちら 詳しくはこちら

暗いシーンでもクリアに描写。

暗いシーンでもクリアに描写。

暗いシーンでもクリアに描写。

暗いシーンでもクリアに描写。

夜景や室内で、ブレずに高画質な写真にするには、高いISO感度で撮れることが条件。ISO感度の設定値を高くできるほど、暗いシーンに強いカメラということです。EOS 9000Dは、DIGIC 7の搭載により最高常用ISO感度25600を達成。これまであきらめていた時間や場所での撮影を可能にします。
*推奨露光指数

詳しくはこちら 詳しくはこちら

Bluetooth®

Bluetooth®

Bluetooth®

Bluetooth®

EOS 9000Dは、スマホとの接続もより簡単に。Wi-FiやNFCのほか、新たにBluetoothに対応。一度ペアリングを行えば、次からは面倒な設定なしで、つねにカメラとの接続を実現。撮影した画像をすぐにスマホと共有できます。

詳しくはこちら 詳しくはこちら

レンズを交換して、多彩な表現に挑戦。

レンズを交換して、多彩な表現に挑戦。

レンズを交換して、多彩な表現に挑戦。

背景をぼかす。被写体に迫る。被写体を引き寄せる。

単焦点レンズやマクロレンズ、望遠レンズ……。レンズを変えて、さまざまな表現が楽しめるのも、一眼レフカメラの大きな魅力です。EOS 9000Dに装着できるEFレンズは70種類以上。多彩なラインアップから、撮りたいシーンや表現に合わせてレンズを選ぶことができます。

詳しくはこちら 詳しくはこちら

レンズを交換して、多彩な表現に挑戦。