Canonが教える写真のコト カメラ初心者教室

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
menu

初心者向け!
一眼レフカメラとミラーレスカメラって何が違うの?

左側:一眼レフカメラ 右側:ミラーレスカメラ

一眼を買おうとカメラ売り場に行ってみると、一眼レフカメラとミラーレスカメラが並んでいます。価格も大きさも違うけど、性能の違いがよく分からない…… できれば「これ!」と決めてしまう前に、その違いについてきちんと知っておきたいですよね。

もしかしたら、一眼レフを初めて使う人や、売り場で初めて「ミラーレス」という言葉を聞いた、という人もいるかもしれません。そもそも「一眼レフ」がカメラのことを指すのは分かっていても、その意味は詳しく知らないのではないでしょうか。機種を比較してみたけど、難しい用語ばかりでいまいちピンと来ないという人のために分かりやすく解説します

「一眼レフ」と「ミラーレス」は何が違う?

それでは一眼レフとミラーレスでは何が違うのでしょうか。

サイズの違い

まず二つのサイズを見比べると、大きさがだいぶ違いますよね。
よりコンパクトなのはミラーレスカメラ。軽快に持ち歩けるのはミラーレスカメラの最大のメリットです。

一方、一眼レフもただ大きいだけではありません。
手になじみやすい大きいグリップや広々と配置されたボタンによって、より快適に撮影に集中できるような作りになっています。
モデルによっては雨などにも強かったりと、大きい分だけより安心して使えるモデルが多いのが一眼レフです。

ミラーの有無とファインダーの違い

一眼レフはカメラの中にある鏡(ミラー)に、レンズが捉えた景色を反射させ、ファインダーを通してその景色を見ます。リアルタイムに景色を見ながら撮影できるためシャッターチャンスを逃すことが少ないです。
一方のミラーレスカメラの場合、ミラーがない代わりに、レンズが捉えた景色を映像に変換し、電子ビューファインダーや液晶モニターに映します。そのためファインダーに映し出される映像には、若干のタイムラグが生じます。
一眼レフのほうが瞬間に強いと言われるのは、このような違いがあるためです。

画質とイメージセンサーの違い

一眼レフカメラもミラーレスカメラも、一般的にスマートフォンよりも大きいセンサーを搭載しています。
そのため、どちらもボケ感のある写真やキラキラした夜景写真など、「一眼画質」のハイクオリティな写真を撮ることができます。
一眼レフとミラーレスの違いは以下の点があげられます。

一眼レフカメラ:「APS-Cサイズ」「フルサイズ」と呼ばれる、大型センサーモデルが主流です。
ミラーレスカメラ:小型センサーから大型のセンサーまで、メーカーによって幅広いモデルが存在します。

※小型センサーモデルの場合は、一眼レフカメラのほうが画質面では一枚上手。
※キヤノンのミラーレスカメラはいずれも「APS-Cサイズセンサー」で、一眼レフカメラと同じサイズの大型センサーを搭載しています。

交換レンズのラインアップの違い

どちらも様々な特徴を持ったレンズが出ていますが、ラインアップは一眼レフのほうがバリエーション豊富です。一方のミラーレスの場合は、一眼レフのものと比較してコンパクトに設計されています。

機能性を取るか、コンパクトさを取るか……その方向性の違いがカメラの構造にも表れていますね。以下ではそれぞれの性能について、もう少し詳しく見ていきましょう。

ミラーレス=小型で快適!軽量ボディで一眼画質を楽しむならミラーレス

ミラーレスカメラには、一眼レフに搭載される「ミラー」、「光学ファインダー」がついていません。そのため、非常にコンパクトで軽量なモデルが多いタイプになります。動く被写体を撮るときは、光学ファインダーではなく液晶で見ることになります。そのため、若干のタイムラグが生まれ、決定的瞬間を残す性能は一眼レフカメラに軍配が上がります。

また、常に液晶モニター越しに撮影を行いますので、一眼レフと比べると電池の消耗もやや早いものが多いです。

ただ、やはりその小型・軽量なボディは大きな魅力。
日常的にカバンに忍ばせて、撮りたいと思った瞬間にすぐ取り出して撮影できるのは、ミラーレスならではの楽しさです。

交換レンズも、一眼レフと比較して格段に小さい設計なので、カメラとレンズ数本をカバンに入れても、コンパクトに収まるのはうれしいところです。

ちなみに「一眼レフのようにファインダーをのぞいて撮りたい!」という方のために、小型の液晶モニターをのぞく「電子ビューファインダー」というものが用意されているモデルもあります。

一眼レフ=大きいけど本格的!動く被写体を撮るなら一眼レフ

先ほど説明した通り、一眼レフには「ミラー」があります。これによって、一眼レフカメラはレンズが捉えた被写体をミラーに反射させ、それを肉眼で見ることができます。(光学ファインダーといいます。)
目で見たままに、「今だ!」と思った瞬間にシャッターを切ることができるので、シャッターチャンスに強いのです。
ペットや子ども、スポーツなど、動くものを撮る場合は、一般的には一眼レフカメラのほうが得意です。

ミラーや光学ファインダーの構造を含むため、カメラ自体のサイズは大きめになります。ただその分、しっかり握れるグリップのおかげで人の手になじみやすく、撮影に集中しやすい大きさであることもポイントです。持ち運びは少し大変ですが、一度カメラを構えて撮影を始めれば、一眼レフのほうがより撮影しやすいとも言えます。

また、液晶モニターを使用しなくても撮影できる一眼レフカメラは、ミラーレスと比べてバッテリーの持ちが良いです。一日中撮影をしたり旅行に持っていく場合などは、一眼レフのほうが一度の充電でたくさん撮影をすることができます。

どちらが自分に合っているかを考えてみましょう

以上が、ミラーレスカメラと一眼レフカメラの主な違いです。最後に、それぞれどのような人に向いているのかをまとめてみました。

ミラーレスカメラが向いている人

  • ・スマートフォンよりもクオリティの高い写真が撮りたい
  • ・日々カメラを持ち歩いて、気軽にスナップしたい
  • ・動くものの撮影よりもサイズを重視したい。

一眼レフカメラに向いている人

  • ・子どもの運動会やスポーツ、鉄道など、動く被写体を撮りたい
  • ・サイズよりも機能性を重視したい
  • ・バッテリーの減りを気にせず使いたい

どちらもハイクオリティな写真を残すことができますので、ご自身の撮影スタイルを思い浮かべて、どちらがいいか、ぜひ手に取って考えてみてください!

  • 記事をツイートツイート
  • 記事をシェア記事をシェア
  • 記事を送る記事を送る