レンズ収差低減

従来の撮影常識

浅い被写界深度でぼかしたい、また、高速シャッターが使いたいようなシーンでも、合焦部の解像度低下を避けるために開放からわずかに絞ることが撮影の常識でした。作画意図を反映したテクニックではなく、画質を求めるための妥協の経験則です。表現と画質に折り合いをつけ、求めるイメージに近い写真を撮る。経験豊富な写真家であるほど常識と考える撮影テクニックです。

ページトップへ

デジタルレンズオプティマイザを前提とした撮影法

絞り開放は避ける。この経験則はデジタルレンズオプティマイザがあれば不要です。写真の光学特性を最適化するデジタルレンズオプティマイザを使えば、絞り開放からでも収差を抑えた鮮鋭感の高い仕上がりが得られます。瞬間を捉える高速シャッターも、ぼけを表現する浅い被写界深度も、躊躇することなく意図した絞り値で撮影可能。また、絞りが開けられるということは、ISO感度を下げてより高画質が得られるというメリットも生まれます。

絞り開放でのデジタルレンズオプティマイザの効果

F2.8で撮影/デジタルレンズオプティマイザを適用

ページトップへ

次のページへ