回折現象低減

従来の撮影常識

パンフォーカスを意識した深い被写界深度は、写真表現のひとつの手法です。しかしながら、回折現象による画質の甘さを避けるために小絞りが使えないというジレンマもありました。画質を求めるなら絞り過ぎない、これも従来の撮影では常識といえます。

ページトップへ

デジタルレンズオプティマイザを前提とした撮影法

絞り込んだ写真の鮮鋭感を高めるのは、デジタルレンズオプティマイザの得意とするところ。回折現象を気にせず、あらゆるシーンにおいて安心して絞り込めます。開放から最小まで絞り全域が使える自由度と表現力の広がりは、デジタルレンズオプティマイザの恩恵といえるでしょう。また、鮮鋭感が高いとされる中間絞りの画質も少なからず収差や回折現象の影響を受けているため、デジタルレンズオプティマイザで更なる鮮鋭感向上が期待できます。

小絞りでのデジタルレンズオプティマイザの効果

F22で撮影/デジタルレンズオプティマイザを適用

ページトップへ

次のページへ