絞りの自由度の向上

従来の撮影常識

スローやハイスピードシャッターを選択するシーンは、フィールドにおいてよくある状況です。しかしこのような場面でも、常に絞りの値には注意が必要でした。絞りを開け過ぎると収差が目立ち、絞り過ぎると回折現象が生じる。これを念頭に、イメージを反映し鮮鋭感が保てる絞りを探ることもテクニックのひとつです。表現を妥協して画質を取るか、画質に目を瞑ってでも表現を求めるか。被写体と対峙している瞬間すらも、ハイレベルなフォトグラファーは、画質と表現のバランスを探る必要がありました。

絞り値ほぼ全域で解像度低下の要因が減少し、どの絞り値で撮影した写真でも鮮鋭感が高まる

ページトップへ

デジタルレンズオプティマイザを前提とした撮影法

絞り全域で鮮鋭感が高まるデジタルレンズオプティマイザを前提にすれば、絞り開放での収差も小絞りによる回折現象も過剰に心配することはありません。絞りに左右されずにシャッター速度を選ぶことができます。スローシャッターのためにNDフィルターを装着したり、高速シャッターのためにISO感度を上げるなどの手間も減り、撮影のレスポンスも向上。絞りに縛られないということは、シャッター速度だけでなく撮影スタイルの自由度も広がるということに他なりません。

スローシャッターにおけるデジタルレンズオプティマイザの効果

絞り込んでシャッター速度2秒で撮影/デジタルレンズオプティマイザを適用

ページトップへ

デジタルレンズオプティマイザ 作例のページへ