デジタルレンズオプティマイザは、Digital Photo Professionalに搭載されている機能の
ひとつで、対応カメラと対応レンズで撮影されたRAW画像(S-RAW画像、M-RAW画像、
JPEG画像、TIFF画像は非対応)に対して補正することができます。

※EOS-1D X Mark II はデジタルレンズオプティマイザ機能をカメラ内に搭載しています。


STEP 1 準備:Digital Photo Professionalで編集画面に入る

手順1

補正する写真を選択する

❶ 補正したい写真をDigital Photo Professionalで表示したら、
❷ サムネールをダブルクリックするか、「セレクト編集画面」ボタンをクリックしてRAW現像の準備に入ります。

手順2

シャープネスやアンシャープマスクを「0」に設定

デジタルレンズオプティマイザの効果を適切に把握するために、
❶ ツールパレットの「RAW」タブをクリック
❷ 「シャープネス」(または、「アンシャープマスク」)の強さを「0」にします。同様に、「RGB」タブの「シャープネス」も「0」にしておきましょう。

ページトップへ

STEP 2 レンズデータをダウンロード:デジタルレンズオプティマイザ機能を表示

手順1

「Lens」タブをクリックする

❶ ツールパレットの「Lens」タブをクリック して、デジタルレンズオプティマイザ機能を表示します。
❷ 画面が表示されたら「更新」ボタンをクリックします。ボタンの上に「レンズデータ:あり」の表示があるときにはこの作業は必要ありません。

手順2

レンズデータをダウンロード

「レンズデータの追加と削除」画面が表示されたら、
❶ 撮影した写真のレンズ名をチェックして、
❷ 「開始」ボタンをクリックします。太字で表示されているレンズが、該当のレンズです。

ページトップへ

STEP 3 調整:デジタルレンズオプティマイザ効果を適用する

手順1

「調整」ボタンをクリック

❶ 「レンズデータ:あり」の表示が出たら、
❷ 「調整」ボタンをクリックしてデジタルレンズオプティマイザ画面を表示します。

手順2

デジタルレンズオプティマイザ効果を調整する

❶ 「適用量」をチェックすると、デジタルレンズオプティマイザ効果が適用されます。
❷ 効果の強さはスライダーで調整でき、右に動かすほど解像感が高まり、収差の補正が強まります。

<Point>撮影距離について

EFレンズで距離情報が無いレンズで撮影した写真では、「撮影距離」に「!」が表示されます。この場合、撮影距離をユーザーが入力することで最適な補正が施せます。
またEFレンズの場合、距離情報を持っているレンズでも入力が可能で、必要に応じてより最適な補正に追い込むことができます。EF-Mレンズは全て距離情報対応なので、距離情報の入力は行えません。

ページトップへ

STEP 4 保存:デジタルレンズオプティマイザ効果を確定する

手順1

「保存」ボタンをクリック

調整が終わったら「保存」ボタンをクリックしてデジタルレンズオプティマイザ効果を確定します。

手順2

デジタルレンズオプティマイザが適用される

写真にデジタルレンズオプティマイザ効果が適用され、解像感や収差が補正されました。「適用量」部分には、デジタルレンズオプティマイザの効果の強さが表示されています。

ページトップへ

対応レンズ一覧のページへ