This is my life

家族には一眼レフ! By EOS Kiss

"ママには"一眼レフ!

冬を家族でもっと楽しむために~後編・おうち編~

冬を家族でもっと楽しむために ~後編・おうち編~のタイトル画像

家族みんなで過ごす機会が増える冬。おうちの中でもみんなで楽しめる遊びとは…?(イラスト・ももいろななえ)

寒~い冬!おうちの中で、どう過ごそう?

冬を家族でもっと楽しむために ~後編・おうち編~の画像1

冬はおうち遊びが増える季節。
家で工作をしたり、室内遊びをしたり…いろいろ工夫される家庭もあるのではないでしょうか。

そんな時におすすめなのが、「身近にあるものを使って遊ぶ」ということ。

特に冬に使う機会が多い、マスクや手袋、手芸をするご家庭なら毛糸などは活用のチャンス!

外に出る時なかなか防寒具を身につけたがらない…という子どもも、楽しく遊んだ思い出があれば進んで身につけてくれるようになるかもしれません。

毎日のちょっとした出来事を思い出に残したい!

日々成長する子どもたち。いつの間にこんなに大きくなっていたっけ?と気づくことも。
おうちで遊んだ何気ない毎日も、キレイな写真に残すと、あとから見返して発見があるかもしれません。
こんな風に遊んだね!と家族で思い出話をするのも楽しいですね。

でも室内撮影は、外での撮影と比べて暗くなってしまったり、動きまわる子どもにピントが合わなかったり…。
そんな時は白いカーテンをひいてやさしく自然光を取り入れて撮影することがおすすめ。

冬を家族でもっと楽しむために ~後編・おうち編~の画像2

使うカメラは一眼レフカメラが断然おすすめ!
暗くなりがちな室内の撮影でも、光をたっぷり取り込んで明るい写真になるだけでなく、子どもの肌の質感なども比べてみると違いが一目瞭然。
印刷した時も細部まで画像がはっきりしているのが特徴的です。

「子どもの手やほっぺのアップを一眼レフカメラで撮影すると、肌のすべすべな質感や柔らかさが伝わってきて、もっと早く、子どもが小さい頃から一眼レフカメラを使っていればよかった!と思いました」とちょっぴり後悔しているママも。

冬を家族でもっと楽しむために ~後編・おうち編~の画像3

また一眼レフカメラなら、簡単操作で印象的な写真が撮れるのも魅力的。

色合いやピントの調節など、それまで撮っていた写真と全く違って驚いた!というママたちの声も。

特にピント調節などは、カメラの知識や写真の加工技術がないと難しいのでは…と思っていませんか?
一眼レフカメラなら細かい設定をする必要なく、背景や子ども以外のピントをぼかしてまるでプロのような写真を撮ることも可能なんです!

冬を家族でもっと楽しむために ~後編・おうち編~の画像4

子どもがお家でママやパパに見せてくれる表情は、他の場所では見ることができない特別な表情。
またママやパパがカメラを向けた時には、子どもも一番リラックスしたありのままの姿を見せてくれるはずです。

だからこそお家で過ごす何気ない日も写真に残してみてはいかがでしょうか。

次回は「冬のイベントをもっともっと楽しもう!」をお送りします。
お家で過ごす日が続いたら、ご紹介した遊び方をぜひ試してみてくださいね。

 

このページのトップに戻る