This is my life

家族には一眼レフ! By EOS Kiss

子供の成長記録

私にカメラがくれたもの。 子育てにカメラがあるといい、3つの理由

思いどおりにいかない子育てに、イライラしていませんか? そんなときこそカメラの出番。子供の成長記録を残せるだけでなく、カメラがあることで、子供との距離や自分自身の気持ちに変化が生じるんだとか。ママフォトグラファーの3人に、“子育てにカメラがあるといい理由”を聞きました。

01.一番しあわせな“いま”を残していける。

和久光代さんが語るカメラのよさとは、
「瞬間瞬間を切り取ることで、一番しあわせな“いま”を残していけるところ」だそう。

和久 光代(わく・みつよ)さん

雑誌、広告などで活動。
ファッションからポートレートまで空気感のある写真が得意。1歳の男の子の母。

子供と一緒のご主人の写真を撮ることが好きだという和久さん。写真に残ることで"パパ"としての成長もわかるのだそう。
 
「最初は触るのも恐る恐るだったのが、 いまではすっかり板についています」(笑)。

普段ならイライラしてしまうようなイタズラも、カメラがあればシャッターチャンス。少し冷静な自分になれると言います。

「いいよ、もっとやっていいよ、って」(笑)。

元気なハイハイだって、一眼レフならブレずにキレイ。
 
生まれた瞬間の“いま”、2カ月のときの"いま"、1歳半の“いま”。 いつだって「“いま”が一番いい」と言う和久さん。 「カメラがあると、かわいくて楽しくてしあわせな“いま”を残していけるんです」。

02.子供の時間を大切にしてあげられる。

丸橋ユキさんは、「カメラがあると、子供との時間が楽しくなる」と言います。

丸橋 ユキ(まるばし・ゆき)さん

子供、自然などを幅広く撮影。
カメラ、写真関係では企画・編集も手がける。9歳の男の子の母。

いつもなら「はやくはやく」と急かしてしまうようなシーンでも、 焦りながらもカメラを向けると、「おもしろいことをはじめたな」と思えるのだそう。
 
日頃から、"子供が何かを見つけた"ことを大切にしようと心がける丸橋さん。 カメラのいいところは、「写真を撮っている間だけでも、子供の時間を大切にできるところ」だと言います。

ある日、付箋がたくさん貼られた辞書を見て、「ああ、いま学校で頑張ってるんだな」と思わずパシャリ。
子供の頑張りを、ありのままに残します。

全速力の「ただいま~」もしっかりキャッチ。
一眼レフならではの躍動感に、子供の成長を感じるそう。
 
「反抗期になって、そっぽ向かれたら、後ろ姿を撮ろうかな」。 そう言って、丸橋さんは笑います。

03.写真に写った子供の表情が、ママとしての自信になる。

誰もが“お母さん初心者”。
馬場敬子さんは、子育ては「これでいいのかなの連続」だったと言います。

馬場 敬子(ばば・けいこ)さん

書籍、雑誌のほか、広告、レストランなどの料理、静物、人物の 撮影を手がける。
10歳と6歳の男の子の母。

迷いながらもファインダーを覗くと、そこには満面の笑みを浮かべる子供が。

「こんな顔をしてくれているんだったら、わたしはお母さんとして大丈夫」。
馬場さんは写真を撮ることで、自分を肯定できるようになったと言います。

写真を撮られることについてお子さんも、
「自分のことを見ていてくれていてうれしい」と感じてくれているそう。
 
子供が自分にしか見せない表情って絶対あると思うので、
それをこれからも撮っていきたいですね」。

ママたちが使っていたカメラは、「EOS Kiss」
カメラ初心者のママにも おすすめの一眼レフです。

シャッターボタンを押すだけで背景がぼかせる上、肌の色を自動で認識するのでピント合わせがラクラク。
さらにスマホのようにタッチ操作ができて、操作もかんたんです。
 
しかし、実力はやはり一眼レフ。
スマホでは撮れない子供の素早い動きや、ほんの一瞬の表情をキレイに切り取ります。

あなたも「EOS Kiss」で大切な時間を残してみてください。

3人が登場するスペシャルムービー!私にカメラがくれたもの。

3人のママフォトグラファーの、本音がたっぷり詰まったインタビュー映像はこちら。
子育ての楽しさや自信を思い出させてくれるムービーです。

和久 光代さん

丸橋 ユキさん

馬場 敬子さん

 

このページのトップに戻る