ま・い・に・ち EOS Kiss X9i なら、“あこがれ写真” がかんたんに。

ま・い・に・ち

ま・い・に・ち EOS Kiss X9i なら、“あこがれ写真” がかんたんに。

動きを止める・流す

動きを止める・流す

シャッタースピードを変えて、かっこいい写真に挑戦しよう。

シャッタースピードを変えて、かっこいい写真に挑戦しよう。

子どもたちはいつだって、元気いっぱい。
もちろん部屋の中だってかまわず、ジャンプしたり、踊ったり。
思わず、こら~っと叱りたくもなるけど、ちょっと待って。
ここは、ママの腕の見せどころ。
ISO感度とシャッタースピードを変えるだけで、思いもよらない瞬間を捉えることができます。
これこそ、目で見ているのとは違う、一瞬を捉えるという写真でしかできない表現です。
大事なことは、動きを自分でコントロールする、ということ。

動きをコントロールするポイント

  • ①シャッタースピードを変えられるモードは「Tv」モード。
    シャッタースピードを速くするほど、被写体の動きをピタッと止められます。
  • ②シャッタースピードを速くすると暗くなってしまう場合には、
    ISO感度を上げると、全体の明るさが保てますよ。

    EOS Kiss X9iなら、
    暗すぎる可能性がある時に
    ヒントを表示。事前に失敗を
    防ぐことができます。

  • ③動きを止めたほうがかっこいい写真と、流してもかっこいい写真があります。
    いろいろなシャッタースピードで瞬間を連写してみましょう。

逆光を撮る

逆光を撮る

逆光を味方につけて、雰囲気のある写真を撮ろう。

逆光を味方につけて、雰囲気のある写真を撮ろう。

「あ、逆光だから、ここはやめよう!」
写真を撮ろうとしている時に、よくでてくる会話ではないでしょうか?
自然光の入る明るい窓際まで行ったはいいものの、なぜかいつもそこで嫌われてしまう逆光。
本当はこの逆光こそが、やわらかくてキレイな光なのに!
逆光を味方につけることができれば、もうこわいものなしですね。

逆光を上手に利用するポイント

  • ①「露出補正」をプラスにするほど明るく撮れます。
    ライブビュー撮影で液晶モニターを見ながら、
    顔がキレイに写る明るさに調節しましょう。
  • ②外が晴れている時は明るすぎてしまうことも。
    レースのカーテンなどで、やわらかくデフューズさせるとキレイな光になります。
    曇りぐらいがちょうどいい場合もあります。

逆光で撮った、その他の写真

逆光で撮った、その他の写真

コラム

コラム

自然な表情を撮りたい

元気に動きまわってフレームに収まってくれない子どもたち。
子どもの写真ならではの悩みはつきません。自然な表情を撮るのはなかなか至難の技なのです。
こんな時は何かに集中させておいてから、声をかけてみましょう。
自然にカメラやカメラに近いところを見てくれます。
好きなことをしている彼らはとても楽しそう。
兄弟がいる場合は上のお兄ちゃん、お姉ちゃんに手伝ってもらうのもいいですね。

回里 純子(かいさと・じゅんこ)

東京生まれ。跡見学園短大国文科卒業。在学中から音楽写真を撮り始める。
広告制作の写真事務所に4年間在籍。アシスタントを経て、以後フリーランス。
子どもの撮影を得意として、雑誌や広告の撮影で活躍。
現在は女性誌、広告カタログ、書籍などで活動中。
ジャンルもファッション、インテリア、フードなど幅広い。
2010年より子どもたちとタカラモノを撮るプロジェクト、タカラモノプロジェクト主宰。
http://www.takaramono123.com
著書に写真集 「I LOVE」 がある。

この記事を読んだ人は、このページも読んでいます

このページのトップに戻る