loading

ママの写真がグレードアップ!EOS Kiss X9iを選ぶべき9つの理由

1お気に入りは、
すぐスマホに

詳しく見る

Bluetooth®

EOS Kiss X9iで撮影します。

スマホ専用アプリ 「Camera Connect」

撮った写真は、スマホで
すぐに閲覧・保存できます。

スマホ専用アプリ 「Camera Connect」

だから、シェアもかんたん。

家族や友人とシェア!

家族や友人とシェア!

もう一度見る

スマホアプリ「Camera Connect」(無料)を使えば、Kissで撮った写真をスマホにかんたんに転送できます。またBluetooth※1で一度スマホとペアリングすれば、次からいちいち接続を行う必要がなく、カメラの電源を入れるだけでスマホと接続された状態に※2。これからは、一眼の写真をもっと気軽にシェアできます。

  • ※1 Bluetooth low energy technology® (準拠規格ver4.1)のこと。低電力での通信が可能。
  • ※2 ペアリング済みカメラとスマートフォンが一定距離内にあり、カメラ側の電源がONになっている必要があります。
  • スマホでの画像の閲覧・保存は、Wi-Fiを経由して利用できる機能。BluetoothからWi-Fiに自動で切り換えて接続します。

閉じる

2撮りたい瞬間を
キレイに撮れる

詳しく見る

子どもは動きが速くてうまく撮れない、というママにニュース。ファインダー撮影時のピント合わせ性能がさらに進化。被写体を捉えるための測距点が最大45点に増え、ファインダー内のより広い範囲で高速&正確にピントを合わせます。子どもがふいに見せてくれる最高の一瞬を、しっかり捉えられます。

測距点(□)が隅まであるので、
画面端の子どもの顔にピントを合わせられる!

測距点(□)が隅までないので、
子どもの顔にピントを合わせられない!

  • EOS Kiss X9i (オールクロス45点測距※)
  • EOS Kiss X8i (オールクロス19点測距※)
  • 最大45点でクロス測距が可能。EF-S18-55mm F4-5.6 IS STM使用時はクロス測距点は15点になります。装着するレンズやアスペクト比の設定により、測距点数、クロス測距点数、デュアルクロス測距点数が変動します。デュアルクロス測距はAFグループ属性:Aグループレンズ使用時のみ可能。対応レンズについては、こちらをご確認ください。

閉じる

3触れるだけで楽々
ベストショット

詳しく見る

液晶モニターを見ながら撮影できる「ライブビュー撮影」でも、瞬間ピント合わせが可能に。画面の触れたところ※1に一瞬でピントが合わせられるほか、そのままシャッターを切ることも。シャッターボタンでもシャッターを切ることができ、そのときのピント合わせのスピードは世界最速※2を達成。

[ 液晶モニターの角度を変えれば、どんなアングルの撮影も快適 ]

[ 液晶モニターの角度を変えれば、どんなアングルの撮影も快適 ]

人越しの ハイアングルも 子供目線の ローアングルも

  • ※1 画面内の80%(縦)×80%(横)の範囲。
  • ※2 0.03秒。APS-Cサイズ相当の撮像素子を搭載したレンズ交換式デジタルカメラの撮像面位相差AFにおいて。2017年2月14日現在(キヤノン調べ)。CIPAガイドラインに準拠して測定したAF時間の結果から算出(撮影条件や使用レンズにより異なる)。内部測定方法。[測定条件]測距輝度:EV12(常温・ISO100)、撮影モード:M、EF-S18-55mm F4-5.6 IS STM使用、焦点距離55mm位置、シャッターボタン操作によるライブビューAF撮影時、AF方式:ライブ1点AF(中央)、AF動作:ワンショットAF時

閉じる

4細部まで美しい
約2420万画素

詳しく見る

EOS Kissの描写力がさらに進化。多くの光を受け取れる大型CMOSセンサーと、最新頭脳「DIGIC 7」の連携により、膨大な情報を高速で高画質な画像に変換できるように。肌の質感やニュアンス、色の微妙なグラデーションまで繊細に再現できます。

  • APS-Cサイズ。有効撮影画角は、レンズの表記焦点距離の約1.6倍に相当。

約2420万画素CMOSセンサー × DIGIC 7

作例

閉じる

5暗い場所でも、
さらに美しく
クリアに

詳しく見る

夜景や室内などの暗い場所では、手ブレが起きやすくなります。そんなときはISO感度。数字を大きく設定するほど、手ブレを防いで明るく撮れます。EOS Kiss X9iはISO感度を25600まで設定可能。高感度時に発生しやすいノイズも「DIGIC 7」が強力に抑制。暗いシーンでも、ストロボを使わず、明るくクリアに撮影できます。

  • 推奨露光指数。動画撮影時は12800。
拡大しても キレイ!

もう一度拡大する

閉じる

6シャッターボタンを
押すだけで撮れる

詳しく見る

かんたん撮影ゾーンには、シャッターボタンを押すだけでキレイな写真が撮れるモードがたくさん。子どもにピントを合わせ続ける「キッズモード」や、青空や緑を鮮やかに仕上げる「風景モード」のほか、新たに「集合写真モード」が仲間入り。手前の人から奥の人までピントが合い、ブレのない集合写真をかんたんに撮影できます。

撮影モードを選んで、シャッターボタンを押すだけで撮影できます。

  • ダイアログ:シーンインテリジェントオート かんたん撮影ゾーン
  • ダイアログ:集合写真(SCN内) かんたん撮影ゾーン
  • ダイアログ:クリエイティブオート かんたん撮影ゾーン
  • シーンインテリジェントオート
  • 集合写真(SCN内)
  • クリエイティブオート
右側のボタンから撮影モードをお選びください
上側のボタンから撮影モードをお選びください
  • 設定画面:シーンインテリジェントオート
  • 作例:シーンインテリジェントオート
  • 設定画面:集合写真(SCN内)
  • 作例:集合写真(SCN内)
  • 設定画面:クリエイティブオート
  • 作例:クリエイティブオート
カシャ!

閉じる

7説明画面が
わかりやすい

詳しく見る

説明画面のデザインがわかりやすく進化。写真やイラストを使ったグラフィカルな解説で、初心者でも直感的に機能を理解できます。カメラのメカニズムや専門用語を知らなくても、こだわりの撮影が思いのまま。応用モードへのチャレンジをサポートします。

[ 背景のぼけ方をコントロール ]

[ 背景のぼけ方をコントロール ]

画面のビジュアルに沿って数字(絞り値)を選ぶだけで、ぼかし具合を調整できます。

  • 絞り:F1.8(背景がふんわり)
  • 絞り:F8.0(背景がくっきり)

閉じる

8動画も映画
レベルの美しさ

詳しく見る

一眼ならではのボケ味と高画質が、動画でも楽しめます。フルハイビジョン60p動画対応で、1秒間に60枚分の画像を記録できるので、子どもやペットなど、動きの速い被写体でも、残像感を抑えた美しい映像を記録できます。そのなめらかさ、EOS Kiss X8iの約2倍。ピント位置も、画面タッチでスムーズに変更できます。

60p EOS Kiss X9i とってもなめらか!

30p EOS Kiss X8i

美しい動画をサポートする安心の機能

◯ 動画撮影時の手ブレを強力に補正

歩きながらや後ずさりながらなど、不安定な体勢での撮影時も手ブレを強力に補正(5軸手ブレ補正)※1。高画質な映像表現をサポートします。

◯ 白トビを抑えるHDR動画※2

見た目に近い明るさの画像と、暗くした画像を2枚撮影して合成することで、より自然な仕上がりに。

その他の機能

○ ピントが被写体に追従する「動画サーボAF」
○ 早回しのような表現ができる「タイムラプス動画」
○ 5種類の効果が楽しめる「動画クリエイティブフィルター」

  • ※1 初期値は「しない」に設定されています。条件によっては動作しません。詳しくはこちらをご覧ください。
  • ※2 「SCN」モードを選ぶことで設定できます。黒つぶれは補正されません。

閉じる

9決定的瞬間を
より確実に

詳しく見る

運動会のゴールシーンなど、ベストショットを確実に捉えたいときには連写が安心です。EOS Kiss X9iは、高画質はそのままに、連写スピードが最高約6コマ/秒にアップ。決定的瞬間を捉えるチャンスがさらにアップしました。

閉じる

この記事を読んだ人は、このページも読んでいます

このページのトップに戻る