新レンズ登場

Lens

広がる表現力

EOS M3の強力なアドバンテージ、それは半世紀以上の歳月をかけて磨き続けてきた、
膨大な資産であるEF レンズを装着できること。
レンズ交換で広がる写真の世界を、心ゆくまで体験できるだろう。

EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM NEW 2016年6月下旬発売予定

  • スーパーマクロモード
  • LEDライト:ON
  • スナップやポートレートにも最適
  • スーパーマクロモード

EF-Mレンズに待望のマクロレンズが誕生。最大撮影倍率1倍のマクロ撮影ができる通常撮影モードに加え、最大撮影倍率1.2倍までのマクロ撮影ができるスーパーマクロモードを搭載。
無限遠までの通常領域と、最大撮影倍率1.2倍までのマクロ領域のAF撮影を世界で初めて実現※1しています。 さらに、世界初※2のレンズ先端部にLEDライトを内蔵。被写体の正面から光を照射するため、影を出さずに細部を明るく撮影できます。また、「角度ブレ」と「シフトブレ」を同時に補正する、キヤノン独自のハイブリッドISで、手持ちでも手ブレをしっかり防ぎます。世界最軽量※3約130g・全長45.5mmのこの1本で、軽快にマクロ撮影が楽しめます。

  • ※1 レンズ交換式カメラ(一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ)用オートフォーカス交換レンズとして。 2016年5月11日時点。キヤノン調べ。
  • ※2 レンズ交換式カメラ(一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ)用交換レンズとして。 2016年5月11日時点。キヤノン調べ。
  • ※3 レンズ交換式カメラ(一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ)用マクロレンズにおいて。 2016年5月11日時点。キヤノン調べ。

クリエイティブマクロキット登場!
詳しくはこちら

EF-Mレンズ、そしてEFレンズも

EF-Mレンズ

EFレンズ

  • EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM

    沈胴式のズーム機構を採用し、携帯性に優れたサイズでありながら、コントラストが高く、シャープな解像度を実現。ステッピングモーター(STM)と新フォーカス機構の採用により、動画撮影時のAFも静かでスムーズ。高速。高精度なAFが可能です。

  • EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM

    風景をワイドに、狭い屋内撮影など、表現の幅が広がる超広角ズーム。非球面レンズとUDレンズを採用し、ズーム全域高画質。手ブレ補正機構(IS)も搭載し、手持ち撮影も快適です。

  • EF-M22mm F 2 STM

    スナップ撮影などに適した薄型パンケーキレンズ。開放F2と明るいので光量の少ない夕暮れや室内でも活躍。被写体に15cmまで近づいて撮れるので、大胆なアップの写真も楽しめます。

  • EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM

    EOS M3に装着すると、35mm換算で最大約320mm相当の望遠撮影が可能。約260gと軽量で、手ブレ補正機構(IS)を搭載し、手持ちの望遠撮影に威力を発揮します。

  • EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM

    非球面レンズにより広角から標準域まで高画質に撮影できます。しかも、動画撮影時の手ブレを補正するダイナミックISを搭載しているので、歩きながらの動画撮影に有効です。

  • EF- S 60 mm F2.8 マクロ USM

    軽量・コンパクトなマクロレンズ。中望遠レンズとして、風景やポートレートなど幅広い被写体にも対応。AF精度の高いEOS M3との相性も良好です。

  • EF35mm F2 IS USM

    EOS M3に装着すると35mm換算で約56mm相当の標準レンズに。非球面レンズの採用により、光学系全体の収差を最適に補正。多彩な被写体やシーンで、高画質を楽しめます。

  • EF 8-15 mm F 4 L フィッシュアイ USM

    本格的な魚眼効果(EOS M3などのAPS-Cサイズでは対角線魚眼)を実現したフィッシュアイズームレンズ。通常の広角レンズでは得られないデフォルメ効果が魅力。