This is my life

AF Auto focus AF Auto focus

早く的確に被写体を捉える、新世代AF。
キヤノン独自のAF技術「デュアルピクセルCMOS AF」を搭載。
CMOSセンサー上のすべての有効画素が撮像素子としてだけではなく、位相差センサーとして機能することで、撮影条件に左右されず、高速で迷わないフォーカスを実現。
また優れた追従性を維持したまま高速連続撮影が可能。

ポイント ポイント

高速・高精度・追従性 約2420万の画素すべてが位相差AFセンサーとして機能する、デュアルピクセルCMOS AF 高速・高精度・追従性 約2420万の画素すべてが位相差AFセンサーとして機能する、デュアルピクセルCMOS AF

AF追従 最高約7コマ/秒 AF/AE固定 最高約9コマ/秒 AF追従 最高約7コマ/秒 AF/AE固定 最高約9コマ/秒

EOS M5では、連続撮影性能も大きく向上。デュアルピクセルCMOS AFと組み合わせて、高い追従性を維持したまま最高約7コマ/秒の連続撮影性能を実現しています。AF/AE固定の場合は最高約9コマ/秒の高速連続撮影が可能です。

高速・高精度の位相差AFで被写体を追従。 高速・高精度の位相差AFで被写体を追従。

範囲内をスムーズに動くAFフレームが、前後左右に動く被写体に追従。一度捉えた被写体にピントを合わせ続けます。

点ではなく面で被写体を捕捉。 点ではなく面で被写体を捕捉。

[顔+追尾優先AF]自動で検知した人物の顔やタッチした被写体にピントを合わせます。 [顔+追尾優先AF]自動で検知した人物の顔やタッチした被写体にピントを合わせます。

[スムーズゾーンAF]滑らかに移動する広めのAFフレーム。指定範囲内でピントを合わせます。 [スムーズゾーンAF]滑らかに移動する広めのAFフレーム。指定範囲内でピントを合わせます。

[1点AF]2サイズから選べるAFフレームで、よりピンポイントにフォーカスを合わせます。※AFフレーム「小」選択時は、サーボAF、コンティニュアスAFの設定はできません。 [1点AF]2サイズから選べるAFフレームで、よりピンポイントにフォーカスを合わせます。※AFフレーム「小」選択時は、サーボAF、コンティニュアスAFの設定はできません。

デュアルピクセルCMOS AF デュアルピクセルCMOS AF

デュアルピクセルCMOS AFは、キヤノン独自の半導体技術により生まれたAF方式です。
CMOSセンサー上のすべての有効画素が撮像素子としてだけでなく位相差センサーとして機能することで、撮影条件に左右されない高速合焦が可能です。

約2420万画素すべてが位相差センサーとしても機能 撮像用とは別に、位相差AF用画素を配置 約2420万画素すべてが位相差センサーとしても機能 撮像用とは別に、位相差AF用画素を配置

高速なオートフォーカスを実現するデュアルピクセルCMOS AFの仕組み

約2420万個の各画素は2つのフォトダイオードで構成され、それぞれが独立して光を取り込むことが可能です。AF時にはそれぞれのフォトダイオードの信号を検出し、位相差AFとして使用できます。撮像時には合わせて一つの画素として画像信号を出力します。AFフレーム内の信号の差(ズレ量)から合焦に必要なレンズ駆動量を算出します。従来のコントラストAFと違い、瞬時にピントを合わせることが可能です。 約2420万個の各画素は2つのフォトダイオードで構成され、それぞれが独立して光を取り込むことが可能です。AF時にはそれぞれのフォトダイオードの信号を検出し、位相差AFとして使用できます。撮像時には合わせて一つの画素として画像信号を出力します。AFフレーム内の信号の差(ズレ量)から合焦に必要なレンズ駆動量を算出します。従来のコントラストAFと違い、瞬時にピントを合わせることが可能です。

デュアルピクセルCMOS AFの開設を動画で見る デュアルピクセルCMOS AFの開設を動画で見る

デュアルピクセルCMOS AFのレンズ駆動イメージ

約2420万個の各画素は2つのフォトダイオードで構成され、それぞれが独立して光を取り込むことが可能です。AF時にはそれぞれのフォトダイオードの信号を検出し、位相差AFとして使用できます。撮像時には合わせて一つの画素として画像信号を出力します。AFフレーム内の信号の差(ズレ量)から合焦に必要なレンズ駆動量を算出します。従来のコントラストAFと違い、瞬時にピントを合わせることが可能です。 約2420万個の各画素は2つのフォトダイオードで構成され、それぞれが独立して光を取り込むことが可能です。AF時にはそれぞれのフォトダイオードの信号を検出し、位相差AFとして使用できます。撮像時には合わせて一つの画素として画像信号を出力します。AFフレーム内の信号の差(ズレ量)から合焦に必要なレンズ駆動量を算出します。従来のコントラストAFと違い、瞬時にピントを合わせることが可能です。

高精度に被写体を検知。最新の映像エンジンDIGIC 7 高精度に被写体を検知。最新の映像エンジンDIGIC 7

被写体の検出性能と追尾性能。
そのふたつを大幅に向上させるのが映像エンジンDIGIC 7です。
これまで検出が難しかった低彩度や背景と同系色の被写体も高精度に検知可能。
複数の人物が交差するスポーツシーンでも、狙った被写体を捉え続けます。

前後方向の追従性能を向上。新AFアルゴリズム 前後方向の追従性能を向上。新AFアルゴリズム

EOSのAIサーボAFのノウハウを活かしてAFアルゴリズムを新設計。縦横二次元の動きだけでなく、前後(奥行き方向)の動きにも対応したAF追従を行い、一度捉えた被写体のピント抜けを防ぎます。