CANON EOS M5 SPECIAL SITE CANON EOS M5 SPECIAL SITE

デザイン Design デザイン Design

「EOS」の哲学を体現する本格的なフォルムを。
持ちやすさや操作性を活かす形状、上質なフォルムなど、キヤノンがこれまでに築き上げてきたカメラづくりのノウハウを結集しました。

EOSの哲学とMシリーズの思想を継承するフォルム。 EOSの哲学とMシリーズの思想を継承するフォルム。

キヤノンがこれまでに培ってきたノウハウを凝縮したデザインを。
疲れにくくホールド感の高い造形、豊富なダイヤル、光軸レイアウトの配置など、操作感を追求。
高いグリップ感とソフトな触感の樹脂素材を全面に配するなど細部に至るまでこだわりました。
その上で持ち運びに便利な小型・軽量サイズを実現しています。

ホールド感を追求したグリップ ホールド感を追求したグリップ

小型ボディーでも高いホールド感を実現する流体グリップ:撮影者が安定してカメラを構え撮影に集中できるよう、EOS M5は撮影時のホールド感を追求。しっかりと握れる流体グリップを採用したことで、ボディは小型ながらも手にした時には一眼レフカメラを感じさせる安定感を実現しています。マウントアダプターを使用したEFレンズの装着も想定し、レンズ横にはスペースを広く確保しています。 前面から背面まで帯状に配置したクッション素材:グリップ部だけでなく、左手側や側面、背面に至るまで手が触れる場所には全体にわたってソフトな触感の樹脂素材を配置。 小型ボディーでも高いホールド感を実現する流体グリップ:撮影者が安定してカメラを構え撮影に集中できるよう、EOS M5は撮影時のホールド感を追求。しっかりと握れる流体グリップを採用したことで、ボディは小型ながらも手にした時には一眼レフカメラを感じさせる安定感を実現しています。マウントアダプターを使用したEFレンズの装着も想定し、レンズ横にはスペースを広く確保しています。 前面から背面まで帯状に配置したクッション素材:グリップ部だけでなく、左手側や側面、背面に至るまで手が触れる場所には全体にわたってソフトな触感の樹脂素材を配置。

操作性を高めるデザイン 操作性を高めるデザイン

「光軸レイアウト」へのこだわり:液晶モニター、アクセサリーシュー、EVF、三脚穴は全て光軸を中心に配置。視線とのズレを無くし、違和感のない撮影が可能です。 EOSシリーズを継承した「スプーンカット」:人差し指がシャッターボタンにフィットする滑らかな流線形状。カメラを構えたままでも疲れにくいデザインです。 光を遮断し撮影に集中できるアイカップ:やわらかいゴム素材のアイカップを搭載することで目とEVFが密着しやすく。光が入り込むことで見えにくくなったり、撮影に集中しづらくなることを防ぎます。 指の感覚だけで操れる立体的なダイヤル配置:3つのダイヤルそれぞれの高さ・角度を変え、立体的に配置しています。ファインダーをのぞきながらでも、指の感覚だけで快適な操作が可能です。 「光軸レイアウト」へのこだわり:液晶モニター、アクセサリーシュー、EVF、三脚穴は全て光軸を中心に配置。視線とのズレを無くし、違和感のない撮影が可能です。 EOSシリーズを継承した「スプーンカット」:人差し指がシャッターボタンにフィットする滑らかな流線形状。カメラを構えたままでも疲れにくいデザインです。 光を遮断し撮影に集中できるアイカップ:やわらかいゴム素材のアイカップを搭載することで目とEVFが密着しやすく。光が入り込むことで見えにくくなったり、撮影に集中しづらくなることを防ぎます。 指の感覚だけで操れる立体的なダイヤル配置:3つのダイヤルそれぞれの高さ・角度を変え、立体的に配置しています。ファインダーをのぞきながらでも、指の感覚だけで快適な操作が可能です。