CANON EOS M5 SPECIAL SITE CANON EOS M5 SPECIAL SITE

いままでの操作性に、満足しているか?

Canon EOS M5 Canon EOS M5

  • EVFは見やすいか?
  • 撮影に集中できるダイヤル配置か?
  • 設定可能な項目が豊富か?
  • 液晶画面が見やすいか?

EOS M5で解決 1 EOS M5で解決 1

直感 EVF-電子ビューファインダー内蔵 直感 EVF-電子ビューファインダー内蔵

EOS M5が内蔵するEVF(電子ビューファインダー)は、約236万ドットの有機ELパネルを採用。
精細・多彩な表示によって、まるであなたの体の一部のように、直感的で体感的な操作を可能にします。ファインダーをのぞいて撮影することでより撮影に集中できるうえ、精密な構図設計、直射日光下での視認性の向上など、多くのメリットがあります。

新機能「タッチ&ドラッグAF」搭載 新機能「タッチ&ドラッグAF」搭載

ファインダーをのぞいたまま、液晶をなぞることでファインダー内のAF枠を移動できる新機能。
複数な人物がいるシーンでの撮影や動画撮影でのフォーカス送りにも活用できます。
また、1点AF、スムーズゾーンAF、顔+追尾優先モードなど、各AF方式に対応しているため、
撮影意図に合わせて、フォーカス対象を自在に変更でき、自分のスタイルに合わせたカスタマイズが可能です。

こだわりのEVF表示 こだわりのEVF表示

細かな状況を確認できるフル表示や、撮影情報を省いた縮小表示など、好みやシーンに合わせた表示が可能。縦位置に構えると自動的に縦型のレイアウトに変更されます。

※画像は解説用イメージです。

EOS M5で解決 2 EOS M5で解決 2

自在 豊富な操作ダイヤル 自在 豊富な操作ダイヤル

ファインダーをのぞいたまま撮影者が自在に設定変更ができるよう、カメラ上部に豊富な操作系を搭載しています。
シャッターボタンの周囲に「露出補正ダイヤル」「メイン電子ダイヤル」「サブ電子ダイヤル」の3つのダイヤルを配置。
さらにサブ電子ダイヤルの中心には、ダイヤルで変更できる項目を自由に切り替えられる「ダイヤルファンクションボタン」を設置したことで、
スピーディーな項目の切り替えが可能になりました。

「EOS」に通じる本格性と、EOS M5ならではの新しさが融合した新しい操作性 「EOS」に通じる本格性と、EOS M5ならではの新しさが融合した新しい操作性

モードダイヤル:比較的操作頻度の少ないモードダイヤルは左側に配置し、誤操作を防ぐためにロックボタンを搭載 コントローラーホイール:画像再生も快適に操作可能 豊富な操作ダイヤル メイン電子ダイヤル:レリーズのまわりに配置AvやTvなど、モードに応じて操作可能 露出補正ダイヤル:露出補正用には別ダイヤルを用意 DIAL FUNC.:ボタン押下で、サブ電子ダイヤルの割り当てをスピーディーに変更可能 サブ電子ダイヤル:ISO感度など変更可能 モードダイヤル:比較的操作頻度の少ないモードダイヤルは左側に配置し、誤操作を防ぐためにロックボタンを搭載 コントローラーホイール:画像再生も快適に操作可能 豊富な操作ダイヤル メイン電子ダイヤル:レリーズのまわりに配置AvやTvなど、モードに応じて操作可能 露出補正ダイヤル:露出補正用には別ダイヤルを用意 DIAL FUNC.:ボタン押下で、サブ電子ダイヤルの割り当てをスピーディーに変更可能 サブ電子ダイヤル:ISO感度など変更可能

ダイヤルファンクションボタンで設定項目を選択し、サブ電子ダイヤルで設定を変更。EOS M5で新しく採用された操作性が、直感的で快適な操作性を実現します。 ダイヤルファンクションボタンで設定項目を選択し、サブ電子ダイヤルで設定を変更。EOS M5で新しく採用された操作性が、直感的で快適な操作性を実現します。

ダイヤルファンクションボタン[設定項目選択]:ボタンを押すと縦方向に移動して設定項目を選択可能* サブ電子ダイヤル[設定変更]:ボタンを離してサブ電子ダイヤルを動かすと、横方向に移動して選択した項目に対する設定値を変更可能 ダイヤルファンクションボタン[設定項目選択]:ボタンを押すと縦方向に移動して設定項目を選択可能* サブ電子ダイヤル[設定変更]:ボタンを離してサブ電子ダイヤルを動かすと、横方向に移動して選択した項目に対する設定値を変更可能