加藤 誠夫

1965年、神奈川県生まれ。東京写真専門学校(現東京ビジュアルアーツ)卒業後、フリーのスポーツ写真家として活動を始める。テニスグランドスラム大会をはじめ、国内外のスポーツ競技を撮影。1994年よりJリーグ・オフィシャルカメラマンとして活動、同時期からバスケットボールの迫力に魅せられ撮影を開始。以来20年にわたり、サッカー・バスケットボールなど、多種目の撮影活動を継続中。最近スポーツ以外で東京周辺の風景撮影を始める。AJPS(日本スポーツプレス協会)、AIPS(国際スポーツプレス協会)会員。

加藤 誠夫
加藤 誠夫