宮本 卓

1957年、和歌山県生まれ。1984年に独立し、フリーのゴルフカメラマンになる。1987年より海外に活動の拠点を移し、マスターズ、全米オープン、全英オープン、全米プロといったメージャートーナメントを中心に取材を行い、その数は100試合以上に及ぶ。単にゴルフのゲームを追うだけではなく、光と影を巧みに利用し、その奥に潜む人間の心理を表現している。また、世界中のゴルフ場やリゾートの撮影にも力を入れており、その絵画にも見える独特の写真には多くのファンを持つ。全米ゴルフ記者協会会員、世界ゴルフ殿堂選考委員。

宮本 卓
宮本 卓